子供と楽しむキャンプ遊び30選!遊び道具やアクティビティ、手作りおもちゃを一挙紹介

子供と楽しむキャンプ遊び30選!遊び道具やアクティビティ、手作りおもちゃを一挙紹介

最終更新日 2021-09-01 by smarby編集部

子供とキャンプに行きたいけれど、現地で何をしたらいいか悩んでしまうという人もいるのではないでしょうか。そこで、キャンプ場で子供と楽しめる、おすすめの遊び道具やアクティビティをご紹介!

大人も一緒に楽しめるようなゲームBBQを盛り上げる一工夫、自然を使った遊びなど全30種!アウトドアだけではなく、公園でもできるものもあるので、子供との過ごし方の参考にしてください。

キャンプ場での遊びの前に、注意したいこと

キャンプ場のテント

キャンプ場で楽しく遊ぶ前に、子供も親も注意しておくべきことがいくつかあります。まずは以下を確認してみましょう。

危険な遊びはしない、親は子供から目を離さない

いつも以上に子供の動きには目を光らせましょう!初めての場所、そして携帯もつながらない場所で子供を見失ったりしたら……。

当日になると子供もテンションがあがってしまっているので、注意・約束事も耳をスルーしがちです。決まりごとなどについては事前によく言い聞かせておきましょう。

また、川や海などの水遊びの際は、事前に親が下見をして安全確認をしておく必要があります。危険な場所には行かないようしっかり指示を出し、行動をともにするようにしてください。

火を扱う機会も多いですから、やけどや火の管理・始末にも注意が必要です。

周りの人への配慮を忘れない

楽しいからといって大声を出したり、遅い時間(朝早い時間も)まで騒いだりすることがないように注意しましょう。

またボールやフリスビーなどを使った遊びをする場合は、必ず周りに人がいないか確認を!また子供はところかまわず走りがちです。事前に他人のキャンプサイトを横切らないことを子供と約束しておきましょう。

キャンプで子供が喜ぶ遊び【道具編】

まずはキャンプにもってこいの「遊び道具」をご紹介します。子供の年齢に見合った道具、正しい使い方で遊ぶようにしましょう。

1.スラックライン

スラックラインとはベルト状のラインを利用して行う綱渡りスポーツです。バランス感覚が求められ、体感も非常に鍛えられます。日頃運動不足のパパ・ママにもおすすめです(怪我しないようにほどほどに)。

木にラインを巻き付けて設置するため、キャンプには最適といえます。

気に入りました。
早速、設置して使用しましたが、子どもも気に入り、親も夢中になってやっています。

出典:楽天みんなのレビュー

▼スラックラインの設置方法や遊び方を解説▼

2.フリスビーやブーメラン

広いスペースがないとなかなか難しい&危険なフリスビー。広い空間、遮るものがないキャンプ場なら、思う存分楽しむことが出来ます。ぜひ持参したい!

とってもかわいいです。
厚手でしっかりしています。
キャンプやフェスはもちろんちびたちと日常でも遊べそうです!
キャンプでのとっさの鍋敷きにも良さそう!

出典:楽天みんなのレビュー

▼あたっても痛くない子供に優しいフリスビーも網羅!▼
【おすすめのフリスビー10選】素材別にご紹介!子供から大人まで楽しめる

▼身近にあるもので作っちゃおう!ハンドメイドブーメラン▼
牛乳パックのブーメランの作り方(子どもの遊びポータルサイト ミックスじゅーちゅ )

3.モルック

モルックとはフィンランドの伝統的なゲームです。1~12までの番号を振った木の棒(スキットル)を立て、モルックと呼ばれる木の棒で倒すゲームです。

倒れたスキットルの番号を得点とし、1番早く50点ピッタリにしたチームが勝ちになります。

力があまり必要ではないため、小さな子供からシニア層まで楽しめますよ!

テレビでやっていて楽しそうなので買ってみましたが、子供たちの算数の勉強にもなるし、楽しいし、最高でした。コロナ禍の中屋外で遊べるレクレーションとしては最適ではないでしょうか

出典:楽天みんなのレビュー

4.玉入れ

玉入れのイメージ

運動会でもおなじみの玉入れを、アウトドアで楽しむためのセットも販売されています。

直径27~35mmのポールがあればどこにでも設置できて玉入れができます。高さが自由に設定できるのでどの年代も楽しめますよ。

セット内容はバスケットとボールのみなので、設置するためのポールは別途必要になります。

5.バドミントン

バドミントンもキャンプでは人気の遊び。紹介しているバドミントンのようにネット付きのものだと、より勝負熱が高まって盛り上がりそうです。

ネットがあるだけで、バトミントンが盛り上がります
組み立ても簡単で購入してよかったです

出典:楽天みんなのレビュー

6.水鉄砲

大自然の中でやる水鉄砲は気持ちいいに違いありません。どうせなら普段の住環境ではチャレンジできないような大型水鉄砲や本格派の水鉄砲をチョイスしては?

カラーが可愛く1000mlタンク。
もう一点2000mlのタイプ方と一緒に購入しましたがこちらは小ぶりで低学年の子が使いやすそうです。

出典:楽天みんなのレビュー

▼水鉄砲バリエはこちらの記事でもチェック!▼
おすすめの水遊びのおもちゃをご紹介!子供が大喜びの人気アイテムは?

7.シャボン玉

シャボン玉を見るとパンチしたり、掴んでみたり、どこまでも追いかけたりしたくなるのが子供の性(サガ)です。キャンプの際には、いつも以上にそのパワーを発揮してもらいましょう。大量製造できるシャボン玉も特別感があって◎。

※キャンプ場でのシャボン玉の使用についてはご自身の判断でお願いします(テントや車・人にかからないような場所でするなど、周りの人への配慮が必要です)。

大人も楽しんでますよ。
(一部略)
一吹きで沢山のシャボン玉が飛びたっていきます。
マンションのベランダで遊んだときは苦情を心配するほどでした。
(一部略)このシャボン液も本当に良くできていて他社製品に比較して多少の風があっても楽しめます。

出典:楽天みんなのレビュー

8.ボール・ビーチボール

ボール遊び、しかもこーんな大きなサイズのボールなら、遊び方も無限大。玉転がし風に遊んだり、普通にパスして落とさないようにつなげるだけでも十分盛り上がりそう。

9.トランプやUNOなどカードゲーム

トランプはキャンプナイトの鉄板。とは言え、ちょっとマンネリ気味な子供たちには「UNOアタック」を投入してみては?通常のUnoと基本ルールは同じですが、アタックボタンの存在も勝敗に大きな影響を。

まさかの展開も大ありですので、白熱&盛り上がらないはずがない。雨の日のおこもり遊びにも最適です。

10.すごろく

3種類のすごろくがセットになっています。子供が繰り返し遊べるのはもちろん、付き合う大人も楽しめます。4つのセットがあるので、子供が好きなジャンルを選んであげましょう。

これいいですね。家が狭くて人生ゲームのようなボードゲームを置けません(笑)ので、これは小さくなるし、ばっちりです。

内容もおもしろいけど、適当な時間で終われるのも、飽きなくていいですね。違うやつもほしい。

出典:楽天みんなのレビュー

▼無料DLサイトも紹介中!▼
すごろくは手作りの方が盛り上がる!おすすめネタ&テンプレ24選

11.オセロや将棋、ボードゲーム

外国でよく見かける公園でチェスを楽しむかのように、大自然の中でプレイするリバーシや将棋も、なかなか乙なものです。身体を動かす遊びに疲れたときや、食後の遊びにもいいですよ。

家族で楽しむのに最適!お正月やイベントごとにつかえる!

出典:楽天みんなのレビュー

キャンプで子供が喜ぶ遊び【アクティビティ編】

キャンプに来たからこそ楽しめる遊びをご紹介します。大自然が相手の遊びは学びも多いものです。

1.昆虫採集

キャンプで昆虫採集をして遊ぶ子供たち

虫が大好きな男の子が夢中になる遊びといえば、昆虫採集。お父さん、出番ですよ!虫取り網と虫かごを持って森・野原を駆け回ってきてください。学びも多く、おすすめの遊びです。

昆虫採集にも川遊びにも使える網があったら便利ですね!

川遊び用の網か、虫取網か悩んでいた
小学生の息子用に誕生日プレゼントで買いました。
両方の希望が叶う網なので、遊びに行くのが楽しみです。

出典:楽天みんなのレビュー

2.キャンプファイヤー

家族でキャンプファイアーを楽しむ

キャンプ場によっては「キャンプファイヤー」ができるところも(禁止しているキャンプ場も多いため、事前確認必須)。

火を囲んで家族で歌ったり、踊ったり(定番マイムマイムとか)、語り合ったり、普段と異なるシチュエーションでの遊びは、子供にとって忘れられない思い出に。

楽に組み立てられて手軽に焚き火ができる焚き火台があれば便利ですよ!

焚き火台にも様々ありますが、特に評価の高いものの一つであるユニフレームファイアグリルを選びました。

性能や使いやすさはもちろん、収納性もなかなか良いです。こちらのお店で100円で同時購入できるオリジナルバッグは買うべきです。
初めての一台には最高の焚き火台だと思いました。

出典:楽天みんなのレビュー

3.花火

キャンプ場で花火をして遊ぶ子供

キャンプに来たらやっぱり花火は欠かせない(ただし、キャンプ場によっては花火を禁止しているところも。こちらも事前確認を)。明かりが少ない場所でやるからこそ、花火をより美しく鑑賞できますね。

子供用に、眼鏡をかけると花火がいろいろなキャラクターに見える、以下のようなグッズを取り入れるのもおすすめ。

4.水切り

キャンプでできる水切り遊び

「水切り」したことありますか?水面で石が跳ねるように、石を回転させて投げる遊びです。コツさえ掴めば子供でも簡単。親子でどちらが多く飛ばせるか競争してみては?

盛り上がりすぎて川に落ちないように、また人にあたらない場所でやってくださいね。

5.バードウォッチング

キャンプ場でバードウォッチングをして遊ぶ親子

車の騒音や生活音が少ないキャンプ場では、普段気にもとめない・聞いたこともないような鳥のさえずりを耳にすることも。どんな鳥がいるのか双眼鏡で探したり、鳴き声を聞いて何の鳥か調査してみるのも学びが多そうです。

バードウォッチングの必需品!防水仕様で急な雨でも安心♪

小4の息子に立派なヤツじゃなくて手頃な感じの双眼鏡が欲しいと言われ誕生日プレゼントに購入しました。

軽くて扱いやすいようで何かと持ち歩きます。
首からのストラップがあって安心です。
弟も欲しいという事で二つ目購入検討中です!

出典:楽天みんなのレビュー

▼日本野鳥の会では子供向けのワークシートなども紹介しています▼
日本野鳥の会 : こども向けの取り組み

6.釣り

キャンプ場で釣りをして遊ぶ子供

キャンプ場によっては釣りが楽しめるところも。自分で魚を釣り上げる経験はそうそう出来るものではありません。魚との駆け引きの面白さを体験するにはもってこいです。

釣りが初めての子供にはフィッシングセットがあると便利ですね。

7.天体観察

キャンプ場での天体観測

きれいな星空を眺めるのもまた一興。裸眼で眺めるも良し、望遠鏡でじっくり観察するも良し。家族で星座を探したりするのも楽しそうです。

興味がある子供にはぜひ望遠鏡を!

小1の娘にプレゼント。
年末に冬キャンプに行き、冬の星空を見るのに活躍!
焦点を合わせるのはなかなか大変ですね。
もっぱら主人がセットしていましたが、お陰で金星の満ち欠け、
木星の二本線が見えて、皆感動しました。

出典:楽天みんなのレビュー

8.テントで影絵

キャンプ場で影絵遊びを楽しむ子供

テントの中に明かりを灯すと影が表れますので、その場で手を使って影絵あそびをするのも楽しいですよ。

9.泥団子作り

キャンプで泥団子作りをして遊ぶ子供

外遊びメインのキャンプだからこそ、家じゃないからこそ、思う存分泥遊びにも勤しめるってものです!じっくり時間をかけてピカピカの泥団子づくりにチャレンジするのも悪くないですよ。

キャンプで子供が喜ぶ遊び【料理編】

キャンプでの料理体験は普段の料理とはわくわく感が違います。ここではキャンプに最適な遊び要素もあるお料理などをご紹介します。

1.親子クッキング

キャンプ場で親子クッキングを楽しむ家族

自宅のキッチンとは一味違う、野外での料理はそれだけで子供のテンションがUPします。見たことのない調理器具も登場しますので、尚更です。

#キャンプ飯」は簡単なメニューでもOK。ピザの具材を乗っけるだけ、インスタントラーメンを茹でるだけ、その作業工程も子供たちにとっては遊び感覚。ぜひ子供も調理工程に参加できるメニューをチョイスしてくださいね。

2.BBQ

キャンプ場でBBQを楽しむ子供

キャンプの定番といえばやっぱりBBQ!下ごしらえさえすれば、焼くだけなのでパパやママも楽ちんですよね。

鉄板焼き・網焼きが両方楽しめるバーベキューコンロを使えば、BBQをしながら子供の好きな焼きそばなどを同時に作ることができますよ!

美味しく焼くには木炭も必要なので忘れないようセットで注文しましょう。

網と鉄板の両方が使えて便利です。三回使いましたが、使いやすく片付けも簡単です。
お安く買えて満足です。

出典:楽天みんなのレビュー

3.マシュマロ焼き

キャンプ場でのマシュマロ焼き

BBQのしめにはマシュマロ焼きがおすすめ!棒に挿して火で炙る、そんな魅惑の行為を子供がやりたがらないはずがありません(笑)

焼いたマシュマロはそのまま食べてもいいし、ビスケットやクラッカーで挟んで食べても美味♡ココアに浮かべたり、マシュマロとバターを溶かしてポップコーンに絡めるなんてアイデアも。

ぜひ大きめマシュマロをチョイスしてトライを!

4.アイス作り

キャンプ場で楽しむアイス作りのイメージ

キャンプ場にいながら子どもたちでも簡単にアイスクリームが作れます。振ったり蹴ったりする作業が発生するため、子供の若い力(体力)を利用するのに最適です。

▼アイスクリームの作り方▼

5.流しそうめん

キャンプ場で楽しむ流しそうめんのイメージ

子供からしたらゲーム感覚!だから子供人気が高い「流しそうめん」。卓上で流しそうめんが出来るマシーンも今ではたくさん販売されていますので、電池式のを選べばキャンプでだって楽しめます。

子供達大喜び!
注文してすぐ届きました。子供達が流しそうめんに興味を持ち、手作りしてみましたが水が溢れたりで探していたところ、この商品をみつけ購入。

組み立て簡単!使い勝手がよく、雰囲気もあって子供達大喜びでした。長く使えそうです。

出典:楽天みんなのレビュー

▼本格派にはこちら▼

先日のキャンプで使用しました。(一部略)
キャンプ場で難なく組み立てることが出来、子供達も大喜びでした。
清潔で見た目も竹っぽく来年もその次も楽しめそうです。

出典:楽天みんなのレビュー

6.スイカ割り

キャンプ場で楽しむスイカ割りのイメージ

夏のイベントには欠かせない「スイカ割り」も間違いなく楽しいでしょう!スイカの下に敷くシートを忘れないでくださいね。

キャンプで子供が喜ぶ遊び【手作りおもちゃ編】

せっかくのキャンプ!大自然でみつけた素材を利用したおもちゃや、キャンプ場ですぐに遊べる手作りおもちゃを紹介します。

1.紙コップでランプ工作

紙コップでこんな素敵なランプも作れます。陽射しがきつい時間帯や天候がよくない日などに、テント内で作っておいて、夜に飾るのはどうでしょう。

▼他にもアイデア満載。キャンプなら風車などもおすすめ!▼
お家遊びに最適!簡単手作り紙コップのおもちゃ13選〜小学生向けも〜

2.小石ペイント

小さな幼児でも楽しみやすい石拾い。拾った後は、絵の具やペンなどで塗り塗りすれば可愛らしいアート作品の出来上がり。

3.笹舟

笹の葉のような細長い葉っぱを見つけたら、船をつくって水に浮かべたり、川に流して速さを競争するのも楽しいです。

4.どんぐり楽器 

画用紙にどんぐりを貼り、持ち手を付けた段ボールに貼り付けたものを2つ作ります。それぞれをこすりあわせたり叩いたりして音を楽しむどんぐり楽器が完成!組み立てる力、音を感じる力、探求心をはぐくみます。

どんぐりを拾うところから楽しめるので時間つぶしになりそうですね。色をつけても楽しめそう!

キャンプで子供と楽しく遊び、かけがえのない思い出を作ろう!

キャンプ場などアウトドアの場で子供と楽しめるおすすめの遊び道具やアクティビティをご紹介しました。普段何気なく遊んでいる道具、ゲームでも自然の中で行うとより一層楽しくなりますよね。

夜はBBQやキャンプファイヤーなどを行えば子供はきっと大興奮!大人も童心にかえって一緒に盛り上がりましょう!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami