ベビー服の水通しのやり方は?洗濯機と手洗いどっちがいい?疑問を徹底解説!

ベビー服の水通しのやり方は?洗濯機と手洗いどっちがいい?疑問を徹底解説!

最終更新日 2021-06-17 by smarby編集部

生まれてくる赤ちゃんのために用意したかわいいベビー服。小さな小さなお洋服たちは、赤ちゃんが袖を通す前に「水通し」をします。

この記事を目にしたママやパパのなかには、この「水通し」という言葉に馴染みのない人もいるかもしれませんね。そこで今回は、新生児ベビー服の「水通し」の方法をご案内しましょう。

「なぜ水通しが必要なのか?」実施する意味から、手順、ふさわしい時期やおすすめの天候など、ちょっと気になる疑問まで!

この記事を読めば新生児服の「水通し」がわかりますよ。出産準備をされているプレママの皆さん、ぜひご一読ください。

新生児服の「水通し」なぜ必要なの?理由2つ

ピンチに挟んで干されている白くて小さい赤ちゃんの肌着

「水通し」は難しい作業ではなく、水洗いすることです。

一般的に、新品の服は糊(のり)がついていることが多いです。「水通し」とは、糊を取り去るために一度、水洗いすることなのです。なんでそんな作業が必要なの?その理由を2つ解説します。

有毒物質「ホルムアルデヒド」取り除くため

水通しを行う理由の1つ目は、洗うことで衣類に付着している「ホルムアルデヒド」を取り除くためです。「ホルムアルデヒド」は、しわ防止や防虫効果があるので衣類によく使用されている物質です。

この物質が使用されている可能性のある衣類を、そのまま新生児が着るのはちょっと注意!

というのも、生まれたての赤ちゃんの肌は非常にデリケートだから。 「ホルムアルデヒド」の刺激が強すぎて、発疹などの皮膚障害やアレルギーが起こる可能性があるのです。

「ホルムアルデヒド」は、水に溶けやすい性質があるので、一度洗っておくと安心。

そういう理由から、赤ちゃんに着せる前に一度「水通し」をして「ホルムアルデヒド」を取り除くことが大事になってきます。

汗を吸いやすい状態にするため

「水通し」をする理由2つ目は、赤ちゃんが着心地のよい状態にするためです。

購入したばかりのベビー服は、糊などがついていてパリッとした状態。大人の服でもタオルでも、買ったばかりの状態では汗の吸収が悪かったり、ごわごわして肌触りがいまいちだったりしますよね。

それが、一回「水通し」することで、汗を吸いやすく柔らかい生地になるのです。

赤ちゃんはとっても汗っかき。だからこそ、糊をきちんと落として着心地よく柔らかくしてあげましょう。

水通しの前に準備すること

ドラム式洗濯機でに洗濯物を入れている女性

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートです。そのため、実際に水通しの作業に取りかかる前にいくつかの事前準備が必要です。こちらでは、準備として済ませておきたいことを2つピックアップして紹介します。

洗濯機の掃除をする

まずは基本中の基本ともいえる洗濯機のお掃除からです。一見するときれいな印象の洗濯機。しかし、外から見ただけでは分からない洗濯槽の裏側には、洗剤カスなどの汚れやカビがごっそり溜まっている可能性もありえます。

せっかく洗濯したのに、洗濯槽の汚れのせいで気づかぬうちに雑菌がついてしまう事になったら悲しいですよね。そのため、衛生面を考えると、最初に洗濯機の掃除をすることが大切です。

洗濯槽の掃除方法は洗濯機の機種によってまちまちですが、一般的には洗濯槽用のクリーナーを使ってつけ置き洗いをします。その際、「酸素系の洗濯槽クリーナー」を使用すれば強い刺激臭を感じることなく掃除ができるのでおすすめです。

ベビーハンガーを用意しておく

普段、洗い終わった洗濯物を干すときにハンガーを使用している人は多いのではないでしょうか。

ハンガーにかけて洗濯物を干すと手軽なうえに型崩れしにくく、また、シワにもなりにくい点がメリットです。これは、大人の服でもベビー服でも同じこと。ベビー服を洗ったあとはハンガーを使って干しましょう。

ベビー服には大人用のハンガーではなく、ベビーハンガーを使います。ベビーハンガーはベビー服にぴったりのコンパクトサイズ。襟元が伸びてしまったり、服の形が変わったりすることも防げます。

10連タイプやグリップ付きにすると使い勝手がよくて便利ですよ。

水通しのやり方と手順

キューブ型のアイコンを積み上げている

それではいよいよ「水通し」の本番です。覚えておきたいのは、水通しするときには洗剤や石鹸を使わないということ。方法は2種類。洗濯機を使用するか、もしくは、手洗いでおこなうかのどちらかです。それぞれの手順を説明します。

洗濯機を使った「水通し」の手順

洗濯機を使用し水のみで行う「水通し」の流れをご説明します。

  1. 洗濯槽を掃除する(クリーナー使用)
  2. ベビー服は袋からだし、値札等を取り、紐を解いておく
  3. 洗濯用ネットにひとまとめに入れる(新生児服のみ)
  4. 洗濯機のコースは「ソフト」や「手洗い」を選択
  5. 洗濯終了後速やかに、服のシワを伸ばし形を整える
  6. ベビーハンガーにかけ、太陽光にあてて干す
  7. 取り込んだらすぐにたたみ、収納場所にしまう

手洗いでで行う「水通し」の手順

  1. 清潔な洗面器を用意し、水かぬるま湯で洗面器を満たす
  2. ベビー服をその中に浸して手でやさしく揉み洗いする表面についた汚れを落とすようにソフトに洗う)
  3. 揉み洗いが終わったら洗面器の水を交換してすすぐ(やさしく揉み洗いするか、押し洗いですすぐようする)
  4. 布地を伸ばさないように気を付けながらしっかり絞る
  5. ベビー服を広げて手のひらで叩くようにしながらシワを伸ばし、ベビーハンガーにかけて干す

新生児服の「水通し」に関する疑問を解決!

クエスチョンマークが書かれたサイコロ

「水通し」のやり方は、至ってシンプル。でもちょっと気になる点も。ママたちが疑問に思う点を押さえておきましょう。

「水通し」はいつから必要?

水通しをスタートするタイミングには、明確な決まりがあるわけではありません。理屈の上では赤ちゃんがベビー服を着るときまでに水通しが完了していればいいのですから。

それでも、母体のコンディションやお天気を考慮するとおすすめといえる時期はあります。

出産に向けてママのお腹はどんどん大きくなりますよね。出産直前には疲れやすくなるので、体への負担を考えると32~35週を目安におこなうのがおすすめです。

また、お天気の面では湿度が高いと洗濯物が乾くまでに時間がかかります。そうなると、雑菌が繁殖するリスクが高まるのでいいお天気の日を選んで水通しをしましょう。

「水通し」はいつまで必要?

水通しを卒業する時期にも、特にルールはありません。

先輩ママの体験談によると、出産準備の際のみ限定で水通しをおこなった人や新生児期を過ぎるまで続けた人、あるいは、新生児期を過ぎてからもしばらく続けた人など、水通しをやめた時期は早い人もいれば遅い人もいました。

なかには「水通しが習慣」になっているママやパパもいます。そんなママやパパは、大人になってからも新しい服をおろす前には必ず水通しをしているとのこと。

水通しをやめるタイミングの線引きは、赤ちゃんの様子や肌のコンディションなどを考慮しながら決めるのが大切です。

洗剤は使わなくてもいいの?

洗濯用洗剤は、使用しても大丈夫です。

もし洗剤を使うとしたら、赤ちゃんの衣類に使える洗濯用洗剤を使うことと、しっかりすすぎをすることを心に留めておきましょう。赤ちゃんのデリケートなお肌のために、念には念をいれておきましょう。

洗剤を使いたい場合は?

あくまで「基本的には」の話になりますが、通常、水通しは洗剤を使用せずにおこないます。

それでも、とくに汚れやニオイなどが気になる場合は、どうしても洗剤を使いたくなるかもしれません。そのようなケースではもちろん洗剤を使っても構いません。

ただし、赤ちゃん用の洗剤を選んで使うようにしましょう。また、使用する洗剤の量はきちんと計量し、必ず適量を守ります。そして、洗剤の成分がベビー服に残らないようにしっかりすすぐように心がけることも欠かせません。

服の種類によって洗い方は違うの?

とってもデリケートな赤ちゃんの肌。そんな赤ちゃんが身に付けるためのベビー服なので、吸汗性・通気性・保温性を兼ね備え、肌にもやさしい綿100%で作られているものが多いです。

とはいえ、同じ綿100%の生地であっても、織り方や編み方次第で風合いや伸縮性に差があります。

例えば、ガーゼとフライス。両方とも綿100%でベビー服にもよく使われる素材です。ガーゼは甘く撚ってある糸を粗い平織りにしたソフトな生地ですし、フライスはゴム編みでできた伸縮性のある生地です。

どちらも同じ綿100%ですが、かなり性質が違いますよね。ベビー服が縮んだり型崩れしたりするのを防ぐためにも、水通しをする前には品質表示タグの確認をお忘れなく!

ベビー服以外で水通しするものは?

水通しは糊やホルムアルデヒドを取り除くための作業です。そのため、水通しが必要なのは、なにもベビー服に限ったことではありません。

肌着やスタイ、おくるみや布団カバーなどの寝具、その他にも、赤ちゃんに使うタオルやハンカチも水通ししておきましょう。

基本的には、赤ちゃんの肌に触れるものや口に入れる可能性のある布製品には、すべて水通しをするというスタンスでいると安心ですよ。

ベビー服はどこに干すべき?

水通ししたベビー服ですが、洗濯物を湿ったままの状態で放置してしまうと、雑菌が繁殖するリスクが高まります。雑菌はイヤなニオイが発生する原因にもなってしまいます!そうなったらせっかく水通ししたのにガッカリですよね。

そんなトラブルを避けるためにも、水通しの作業が終わったら間を置かずに干すのがマストです。

干す場所は室内よりも屋外が理想的。日当たりのいい場所に外干しすると、太陽光に含まれる紫外線の働きで細菌を減らすことができるからです。

ただし、花粉やPM2.5が多く飛来しているときは別。アレルゲン物質の心配があるので、飛散量が多い日には室内干しをするほうが安心でしょう。

乾燥機を使用しても大丈夫?

天気に左右されることなく洗濯物を乾かすことが可能な乾燥機は便利なアイテムですよね。

しかし、ベビー服を乾かす方法としてはベストとはいえません。ベビー服の素材に使用される綿100%の布は、乾燥機を使うとシワがでたり縮んだりしやすいからです。

デリケートなベビー服は、乾燥機でダメージを受ける可能性があるんです。時間が無いときや長雨のシーズンなど「どうしても…」という場合でない限り、乾燥機の使用は控えたほうが無難です。

「水通し」後の保管の場所は?

水通しが終わった新生児ベビーの服は、タンスなどに収納しておきましょう。くるくると丸めるとかなりコンパクトになります。

せっかく水通し済みなので、ジップ袋にいれてからしまううというママも。大人の衣類とは別に保管しておいたほうがよいでしょう。

出産準備のひとつ「水通し」をしっかり行って赤ちゃんを迎えよう!

ぬいぐるみと一緒に干している赤ちゃんの洋服や靴下

ベビー服の「水通し」!ご理解いただけましたか?水通しも出産準備の欠かせない大切な作業の1つです。体調とお天気のいい日を選んで、ゆったりとした気持ちでおこなえるといいですよね。

水通しを終えてカラッと乾いた小さなベビー服を畳みながら、お腹の赤ちゃんと一体どんなお話をするのでしょうか。赤ちゃんと会える日を指折り数えながら、幸せあふれるひとときを過ごせそうですよね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami