こんなに便利なおねしょシーツ!豊富な種類と上手な使い方を伝授

こんなに便利なおねしょシーツ!豊富な種類と上手な使い方を伝授

最終更新日 2021-08-19 by smarby編集部

赤ちゃんにはおむつや哺乳瓶など、さまざまなアイテムが必要になります。そんな数あるアイテムのなかでもおねしょシーツは、赤ちゃんが過ごす環境をより心地よくしてくれる便利なアイテム。

おねしょシーツの使い道や、ダブルやシングル、そして使い捨てなど様々な種類のおねしょシーツをご紹介します。おねしょシーツのおすすめの商品と簡単なお手入れ方法も必見です!

おねしょシーツはこんな役割を担っています!

おねしょシーツはその名の通り、赤ちゃんがおねしょした際に布団が汚れることをカバーしてくれたり、ときには嘔吐の汚れもカバーしてくれたりする、衛生面で大活躍してくれる便利なアイテムです。自宅だけでなく外出時のおむつ替えシートとしても使えるので、1枚持っておくと重宝します。

おねしょシーツの基本の使い方は、マットレスとシーツを重ねた上に敷くだけでオッケー。肌触りなどが気になる場合は、マットレスとシーツの間におねしょシーツを敷くのもアリです!

おねしょシーツにはさまざまな種類がある

おねしょシーツには洗濯して何度も使えるものや、使い捨てのものなど、さまざまな種類があります。片面だけに撥水加工が施されたものや、両面に撥水加工が施されたものなど、そのつくりもさまざま。洗濯のしやすさを考えると、片面だけに撥水加工が施されているものがおすすめです。

またシングルサイズやダブルサイズなど、サイズにも違いがあるため、ベビーベッドや赤ちゃんが使っている寝具に合わせてサイズが選べます。購入する前におねしょシーツを使用する予定の、寝具のサイズ確認を忘れずに行っておきましょう。

おねしょシーツの上手なお手入方法

汚れる機会の多いおねしょシーツ。そんな汚れたおねしょシーツを上手にお手入れするには、おねしょシーツ単品で洗濯するのではなく、タオルなどと一緒に洗濯するのが基本。タオルなどと一緒に洗濯することで、撥水加工による脱水ができていない状態を防ぐことができます。

おねしょシーツの臭いが気になるときには、酸性のクエン酸水やレモン汁などを使って、あらかじめ手洗いしてから洗濯機を使うと、臭いを軽減できるので、試してみてください♪

おねしょシーツのなかでも優しい肌触りが人気

おねしょシーツのなかでも、優しい肌触りが人気なのが「un doudou 防水おねしょシーツ」です。100%コットンで作られており、ホルムアルデヒドの検査を行い、基準値以下の数値を誇る優秀な商品。

丸洗いできることはもちろん、ダニ予防にもピッタリな1枚です。四隅にはしっかりとしたゴムが取り付けられているので、ズレを防いでくれます。全5色展開のなかから、好みの色が選べるのも人気の理由のひとつです。シングルサイズなので、ママとの添い寝にも便利!

防水おねしょシーツ 楽天通販ページ

サイズ展開が豊富なおねしょシーツはコレ!

サイズ展開が豊富で、抗菌防臭加工が施されている人気商品が「パイル地防水おねしょシーツ」です。シングルサイズやセミダブル、ダブルサイズなどの基本サイズはもちろん、ベッドにも使いやすいボックスタイプになったタイプのものまで用意されています。

3色展開されているので、お部屋の雰囲気や今使っている寝具の色に合わせて選べるのも嬉しいポイントです。パイル時の優しい肌触りなので、赤ちゃんが使うのにも安心♡お得な2枚組セットもあるので、チェックしてみてください。

パイル地防水おねしょシーツ 楽天通販ページ

使い捨てのおねしょシーツはコレがおすすめ

何度も繰り返し使えるおねしょシーツは経済的に使える点がメリットですが、使い捨てタイプのおねしょシーツなら、汚れたら捨てるだけでいいという便利で時短できるメリットがあります。

そんな使い捨ておねしょシーツのなかでもおすすめなのが、「おねしょあんしんシーツ 10枚」。外出時でもコンパクトに持ち運べるので、かさばらず便利です。10枚セットで1袋なので、何個かストックしておくと便利!

おねしょあんしんシーツ 10枚 楽天通販ページ

おねしょシーツを使ってお布団汚れ知らず!

おねしょシーツを使うことで、洗濯をするのがなかなか大変なお布団も汚れずに済みます。より心地よい眠りと清潔な環境を維持しやすくなるおねしょシーツは、育児中のママの味方です。

外出時にも活躍してくれるので、1枚は持っておきたい便利アイテム。そんな便利なおねしょシーツを上手に使って、育児を少しでも楽チンに楽しみましょう♪

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

保育園で使う「お昼寝布団」、集団生活を考えて選ぼう。

子供が布団をかぶらない!なぜ蹴るの?【原因と対策】

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami