おしゃぶりはいつまで使ってOK?卒業時期とやめ方を徹底解説!

おしゃぶりはいつまで使ってOK?卒業時期とやめ方を徹底解説!

最終更新日 2021-06-26 by smarby編集部

赤ちゃんを寝かしつける時や夜泣き・ぐずりを落ち着かせる時などに便利なおしゃぶり。
キレイな歯並びの形成に繋がる【NUK(ヌーク)】など、おしゃぶりの機能も日々進化しています。

その一方で、おしゃぶりのやめさせ方が分からなくて困っているという声も耳にします。

「おしゃぶりを急にやめさせたところ、子どもが指しゃぶりを始めてしまった」という経験をしたママも。

そこで、今回はおしゃぶりの適切な卒業時期やおすすめのやめ方についてまとめました。

おしゃぶりが手放せなくて悩んでいるママも、この記事を参考にしながらおしゃぶりの卒業に挑戦してみてくださいね。

おしゃぶりはいつまで使っていいの?卒業時期は?

おしゃぶりを加える赤ちゃん

おしゃぶりはいつまでに卒業したら良いのでしょうか?

1歳をすぎたら常用しない

1歳~2歳頃を目安におしゃぶりを卒業させる方が多いです。

そのため、1歳前後を目処に使用頻度を減らし、1歳半~2歳までに卒業させられると良いでしょう。2歳前後で乳歯が生えそろうため、その時期に合わせて卒業させると◎。

「寝るときだけ」・「外出時のみ」など条件を付けて使うようにするのがおすすめです。

「泣く=おしゃぶりをもらえる」という癖をつけてしまうと、ママも赤ちゃんもおしゃぶりを卒業しにくくなってしまいます。

1歳を過ぎたら常用は避け、緊急時やどうしても泣き止まないときのみ使うと良いでしょう。

自分から使わなくなるケースも

おしゃぶりはママが卒業させるイメージがありますが、中には赤ちゃん自ら使わなくなることもあります。
徐々に頻度が少なくなる子もいれば、ある日突然使わなくなる子も。

他のものに興味が出たり、おしゃぶり自体に興味がなくなることも少なくありません。
自分からおしゃぶりを使わなくなった場合は、そのまま様子を見ておきましょう。

おしゃぶりを使うメリットとは?

おしゃぶりをしている赤ちゃん

そもそもおしゃぶりは赤ちゃんにどのような効果を与えるのでしょうか。

鼻呼吸が上手になる

おしゃぶりをしている間は必然的に口は閉じた状態になります。
そのため鼻呼吸が上達すると言われています。

口呼吸よりもウィルスが体内に入りにくい状態になるので、病気予防としても鼻呼吸はおすすめなんです。

寝かしつけが簡単になる

おしゃぶりを使うことで赤ちゃんはリラックス状態になります。
入眠や夜泣きなどの際に活用すれば、すんなり寝てくれることも多いです。

育児に家事に忙しいママにとってもおしゃぶりは「救世主」!

おしゃぶりを使うデメリットはあるの?

おしゃぶりを使う上でデメリットも確認しておきましょう。

歯並びが悪くなる?

一番気になるのが、「歯並びに影響するかどうか」ではないでしょうか。
1歳を過ぎたころから徐々におしゃぶりを使う頻度を減らしたり、1日に使う時間を短くしていくといいと思います。
ただ、おしゃぶりをすることによって歯の噛み合わせが悪くなることはないようです。

万が一噛み合わせが悪くなった場合でも、3歳までにおしゃぶりを卒業できればその後は自然と治っていく場合が多いと言われてます。

話し出す時期が遅くなる?

おしゃぶりを口にくわえている状態では、言葉を発することは難しくなります。

パパママと赤ちゃんとのコミュニケーションも少なくなり、それによって言葉を話し始める時期が遅くなると言われています。

おしゃぶりを使う時間を決め、使わない時はたくさんコミュニケーションをとって親子時間を楽しむことが大切です。

おしゃぶりをやめる時にストレスを感じる場合も

おしゃぶりに限らず、何かを始めると終わらせることはなかなか難しいものですよね。

おしゃぶりをやめることができなくてママも赤ちゃんもストレスを溜めてしまう可能性があることを懸念して、おしゃぶりを最初から与えないと決めるママもいますね。

おしゃぶりのやめ方・卒業方法おすすめ5選

おしゃぶりをくわえる赤ちゃん

おしゃぶりをやめさせる方法はいろいろありますので、それぞれの子に合わせた辞めさせ方を見つけてあげましょう。

無理にやめさせてしまうとストレスになってしまいますので、まずはさまざまな方法を試してみるのがおすすめです。

1.別のものにシフトする

おしゃぶりをやめさせる方法の中でも特に取り組みやすいのが、別のものにシフトするという方法です。

例えば寝かしつけにおしゃぶりを使っているなら、寝かしつけ時に絵本を読み聞かせると良いでしょう。

他にも添い寝してトントンしたり、ぬいぐるみやお気に入りのおもちゃを持たせる方法もあります。
とにかくおしゃぶりに意識が行かないよう、赤ちゃんに他のものをすすめます。

最初は苦戦する場合が多いですが、諦めず粘り強くがんばってみてください。
おしゃぶりのほかに好きなものが見つかれば自然に卒業できるようになります。

2.寝かしつけ以外はつけない

毎日使っていたおしゃぶりをいきなりやめさせると子どもにとってはストレスが大きいです。
癇癪を起こしたり夜泣きをする場合も。

そのため、寝かしつけの時だけ使うなど、1日で使う時間を少しずつ短くしていくと◎。
徐々におしゃぶりから離れるようにすることがおすすめです。

おしゃぶりを使う時間が短くなってきたらしっかり褒めてあげることも大切!
ご褒美シールなどを使うのもいいですね♪

3.しっかりと話をして理解させる

1歳半~2歳頃になれば言葉数も増え、ママや大人の言っていることがしっかり理解できるようになります。

「おしゃぶりは赤ちゃんのするものだからやめようね」
「おしゃぶりは○○ちゃんにあげちゃったから、もうおうちにはないよ」
「もう○○はお兄さん(お姉さん)だからバイバイしようね」

などと優しく話してみると◎。

カレンダーにバイバイする日をマークして、毎日カレンダーをみながら親子で「あと◯日だね」と話をするのも効果的です。

ただし、おしゃぶりをやめさせる時、子どもに怒ったり感情的になることはおすすめしません。
ママも辛いですが、子供も同じくらい辛いはず。

おしゃぶりを欲しがったら優しく話しかけ、子どもの気持ちにも寄り添ってあげてくださいね。
優しく、根気よく言い聞かせればいつかは理解してくれる日が来ます。

4.子どもとのスキンシップを増やす

スキンシップを増やすのも効果的です。
泣いたときにおしゃぶりを与えている場合は、泣いたら抱っこやおもちゃを使ってあやすと落ち着く場合があります。

スキンシップにはおしゃぶりと同じく、リラックス効果があります
肌と肌で触れ合うことで落ち着く場合もあるので、おしゃぶり卒業の時期には積極的にスキンシップをしてみましょう。

スキンシップを増やすことで、自然におしゃぶりを使う回数が減る場合もあります。
他の方法と併用しながらスキンシップを増やすのもおすすめです。

5.おしゃぶりに細工をする

おしゃぶりに細工をするのもやめさせる一つの作戦!

例えばおしゃぶりの先をハサミなどでカットし、吸いにくくする方法があります。
いつも使っているおしゃぶりを使いにくくすることで不快感を与え、自分から卒業できるように促します

※尖った部分があると口の中や手を怪我してしまうこともあるので、おしゃぶりをカットする際は、先端などが尖らないように注意しましょう。

おしゃぶりの卒業時期・やめさせ方を理解して上手く活用しよう♪

おしゃぶり

おしゃぶりを使うと卒業させるのが大変と思うママも多いですが、子供の成長に合わせて対応してあげればいつかは卒業できます。
最初は大変かもしれませんが、子供と一緒に根気強く頑張りましょう。

おしゃぶりのやめさせ方はいろいろありますが、ママや子供の気持ちを尊重しながら上手く卒業へと促してあげましょう。

おしゃぶりにはメリットもデメリットもありますので、それぞれの使い方で上手に付き合ってみてくださいね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami