【レゴ収納】ママたちのお悩み解決!お片付け方法13選

【レゴ収納】ママたちのお悩み解決!お片付け方法13選

最終更新日 2021-07-21 by smarby編集部

世界中の子供たちに愛されているブロックのおもちゃ、LEGO(レゴ)。カラフルで大小さまざまな形をしたレゴブロックは、動物や乗り物、おうちなどを自由に創作することができます。

そんな子供が夢中になるレゴですが、たくさん量があると、お片付けや収納場所に困ることがしばしば。今回は、レゴ収納の悩みを共有しながら、自宅で簡単にできるお片付け方法を紹介します。

おなじみのパブリックメーカーのグッズを使った収納術や便利アイテムも紹介しますので、レゴ好きキッズがいるご家庭のパパやママは、ぜひ参考にしてくださいね!

Contents

レゴ収納ならではの問題点は?リアルボイスをランキング!

ブロックで遊んでいる子どもたち

smarby編集部は、日頃からレゴを楽しむお子さんがいらっしゃる家庭を対象に、レゴ収納ならではの問題点について独自のアンケートを実施しました。ここでは、アンケートに寄せられたリアルボイスをランキング形式で紹介します!

1位:踏んだら痛い

堂々の1位は「踏んだら痛い」。レゴをお持ちのパパやママなら、必ず一度は踏んで痛い思いをしたことがあるはず。

レゴは小さいながら硬くて角張っているので、床に散乱すれば「まきびし」になってしまうのです。編集部にも以下の声が寄せれられました。

踏んで痛い、「片付けなさい!捨てるよ!」とブチギレる。そもそも見て歩けばいいのに

その辺に転がってて踏んづけてあー!ってなるやつ

子供がちらかしてるLEGO踏んで悶絶

一度に何個か踏めば、それだけ痛さも倍増。意図せず足つぼマッサージを受けているようですね。突然の激痛に、ついつい子供に当たってしまいます。

筆者にもレゴが大好きな5歳の男の子がいますが、遊ぶときは毎回黄色いボックスをひっくり返して、レゴを全部床に広げてしまいます。

なので「レゴまきびし」がばらまかれた中をみんなつま先立ちで横断し、踏まないよう用心しています。

2位:とにかく散らかる

レゴのパーツは種類も数も多いので「とにかく散らかる」という声も多数寄せられました。子供は片付けながら遊ぶことができないので、散らかるのは必至ですね。

以下の声からは、お片付けに苦労するのは子供ではなく親御さんであることが分かります。

片付けても片付けてもあちこちから出てきます

今は3段ボックスを駆使して収納&テーブルにして遊ばせていますが、やっぱりバラバラになりがち

散らからないよう色々と工夫しているパパママも多いようですが、どんなに気を付けていても「思わぬ所から出てくる」ことが多いもの。

筆者の家ではどういうわけか、窓ガラスのサッシにレゴがたくさん入っていたことがあり、「閉まらない…!」と焦ったことがあります。子供の服や布団の中から出てきたことも。もはや「レゴって生き物なのでは」と思いました。

3位:作った作品の置き場所に困る

レゴ創作の幅は無限大。表現力が豊かな子供は色々な作品を作り上げます。しかし、作ったはいいものの「置くところがない」という声もありました。

特に大きな作品になると場所をとるので、確保に苦労します。ギャラリースペースがない所が悩みどころという声が寄せられました。

定番あるあるは収納!うちの悩みは作ったものを広げる場所の確保です

壊したくない!と言われましても、飾る場所がない…

筆者の子供は、いつも恐竜や乗り物(飛行機・戦艦)など男の子ならではのモチーフを作っていますが、毎回大きな作品になるので置き場所の確保には苦労しています。

作品専用のギャラリースペースを作る余裕はないので、結局テレビボードやリビングテーブルの隅に置いています。そしてだいたい、そのまま忘れ去られていきます。

4位:細かいパーツが紛失する

レゴのパーツはとても小さいので「よくなくなる」という声もありました。気付かないうちに、テレビボードの下やソファのクッションの間に入り込んでいることがあります。以下の思いをしたことのある親御さんも多いことでしょう。

小さいLEGOがなくなる。収納方法に困っています

セット商品を子供たちが思いのまま製作するのは良いけど、パーツがなくなる

パーツの大きさはさまざまで、大人の親指ほどの大きさのものから、直径5㎜ほどの小さなものもあります。遊んでいるうちにバラバラになり、どこかへいってしまうのは日常茶飯事。

特に小さいパーツは見落としがちになるので、掃除機で吸ってしまうこともよくあります。「パーツが足りない!」と子供が嘆くこともあり、親としては「トホホ…」ですね。

番外編:「フレンズ」に切り替えた後「デュプロ」はどうする?

レゴにはいくつかシリーズがあり「レゴデュプロ」のは1.5歳以上を対象としています。「フレンズ」の対象年齢は6歳~8歳。

レゴデュプロは、小さい子供でも誤飲しないよう大きめに作られているため、フレンズとは互換性がない場合があります。よって、以下のような質問も多数寄せられました。

デュプロがたくさんあるので切り替え大変だしデュプロ持っていた人どうしたか聞きたいです

レゴデュプロの中には、人間や動物、乗り物など単体のパーツがあります。フレンズのブロックに直接つなげることはできなくても、補助的なパーツとして楽しむこともできるでしょう。

フレンズでも使えそうなパーツだけ残しておき、残ったものは子供がいる知り合いに譲ったり、フリマやリサイクル店に出したりなど、活用先を見つけてあげるのもいいですね。

【100均アイテム活用】レゴ収納におすすめの方法

ここでは、先のアンケートで多数寄せられた声に触れつつ、100均のアイテムを活用したレゴの収納方法を紹介します。簡単でコスパも良く、今すぐにできちゃう方法ばかりですよ。

ダイソーのロックポットスリムで出し入れ簡単♪

ダイソーのロックポットスリムを活用した収納です。色の種類が多いレゴでも、これを使えば色別に分けられますね。出し入れもラクなので、子供も作りやすくなります。

使い終わったら、まとめてボックスや棚にインすればスッキリ収まります。サイズも色々あるので好みに応じて選べますよ。色を分ける力やお片付けする力も身に付きますね。

ダイソーの食品ケースでパーツ分けも簡単に♪

レゴはパーツの大きさの種類も多いので、全部ごちゃまぜにすると、探すのに苦労します。ダイソーの「小分け便利っこ」は、この苦労を解消してくれるアイテム。

もともとは食品を小分けに冷凍するための容器ですが、レゴのパーツを分けて入れるのに、サイズ感や深さがピッタリなんです。フタをして逆さまにしても、中で混ざりません。フタの開け閉めも、子供でも簡単にできます。

セリアの仕切りケースに種類別に収納!

セリアのフタ付き透明収納ケース「SIKIRI(シキリ)」を活用した例です。仕切りのないケースがワンパターンあり、仕切りがあるタイプは全部で5つの種類があります。

ビーズやネジなどの小物やアクセサリーを収納するためのケースですが、レゴを種類別に収納するのにも大活躍!仕切りは動かないので、逆さまにしても混ざりません。平たくスリムなので、重ねても省スペース。すっきり収納できます。

100均のピルケースで見た目も可愛く♡

薬を曜日ごとに分けて入れられるケースに、レゴのミニパーツを色別に収納した例です。ケースの色は7色あり、これがレゴの色にも見事にマッチ!数ミリしかないパーツも色別にたくさん入れられる優れモノです。

ケースの見た目もレインボーカラーで可愛く、フタは一つひとつ開けられて取り出しが可能なので便利ですね。お片付けが楽しくなりそうです。

100均の小物入れで細かいパーツもスッキリ♪

大小さまざまな容量に分かれた小物入れのケースを活用した例です。一つのケースの中が、これだけたくさん小分けされていたら、細かく種類の多いパーツもきっちり分けられますね。

コンパクトな形ですが大容量で、逆さまにしても中で混ざりません。ぱっと開ければ種類が一目瞭然なので、作るときもすぐにパーツを見つけられます。重ねてもスッキリ収納でき、場所をとりません。

【無印良品アイテム活用】レゴ収納におすすめの方法

ここからは、スタイリッシュなデザインが人気の無印良品のアイテムを活用した収納方法を紹介します。落ち着いた色合いやシンプルな形のものが多いので、お部屋のインテリアにもよくなじみますよ。

アクリルポットで見やすい小分けが便利♪

クリアなアクリルポットの中にパーツを入れた例です。ポットはフタも含めて全て透明なので、中のパーツがはっきり分かります。インテリア感覚で並べて楽しむのもいいですね。

コップよりも一回り大きく、厚みがありますが、軽いので子供でも持ち運びできます。アクリル製なので、割れる心配もありません。フタの開け閉めもとても簡単です。

ポリプロピレンケースの引き出しならレゴのサイズに最適♡

ポリプロピレンケースは、文書や文具などをしまうケースとして用いられていますが、レゴを収納するのにもピッタリなんです。

ケースの中にプラスチック製の段ボールとマスキングテープを使って仕切りを作り、色ごとにザックリ分けて入れるだけで便利な収納引き出しケースに早変わり!

子供でも簡単に引き出せる仕様になっており、使うときは引き出しを全部床に出せばパーツを見渡すことができるので、とっても作りやすくなります。

スチールユニットシェルフで置き場所も完璧♡

お気に入りの作品や大作は、長い間飾っておきたいもの。でも場所がない…。スチールユニットシェルフは、レゴを収納するのはもちろん、ディスプレイにも最適です。

シェルフはお部屋に合わせて自由に組み合わせることができ、作品の大きさに応じて天板を上下させることもできます。シンプルなデザインとカラーなので作品も良く映え、お部屋の雰囲気にも溶け込むでしょう。

【IKEA(イケア)・コストコ・ニトリ活用】レゴ収納におすすめの方法

ここでは、リーズナブルな価格とシンプルなデザインで人気のIKEA(イケア)・コストコ・ニトリのグッズを使った収納方法を紹介します。場所をとらない小さめのものから、しっかり収納できる大きなものまでありますよ。

IKEAのBYGGLEK(ビックレク)で遊んで飾ろう!

IKEAとレゴがコラボした収納ボックスです。レゴをイメージした形で、フタもレゴのベースプレートとなっています。カラーはシンプルなホワイトなのでお部屋になじみやすく、大小積み重ねてスタッキング収納ができます。

フラットになっている中には、小さい作品を入れることもでき、レゴ遊びのベースにもなりますね。使わないときは解体できます。価格が手ごろなのも嬉しいポイントですね!

コストコの収納ケースならラクラクお片付けできる♪

12個の引き出しが一つにまとまったコストコの収納ケースです。程よい深さと奥行き、12個という引き出しの多さは、種類のたくさんあるレゴを分けて入れるのにとっても便利!引き出しはクリアだから、中のものも一目で分かります。

引き出しは落ちない構造で出来ているので、子どもが引っ張って落とすこともありません。コスパも良いのもおすすめポイントです!

ニトリのレターケース(引き出し)でスッキリと!

スリムで奥行きが長いニトリのレターケースです。引き出しは9個。ケースの中は付属のプレートで仕切ることができるので、レゴを細かく分類して入れることができます。

ケースはスタッキングが可能で、2~3つ重ねれば、レゴも全部入るでしょう。

ケースの上は、レゴのベースプレートが「ぴったりハマる!」という声も寄せられているようです。作品も崩すことなくこの上に飾れそうですね!

便利な収納アイテムをレゴのお片付けに使う!おすすめアイテム2選

ブロックを積んで遊んでいる男の子

1.一瞬で片付く簡単収納袋play&go(プレイアンドゴー)が神!

遊ぶ時はプレイマットとして、遊び終わったらすべてをまとめてひもを絞るだけで、あっという間に収納が完了します。

この商品、その名もplay&go(プレイアンドゴー)!初めて知ったときの驚き。デザインも便利も何も妥協していないおしゃれ収納。置いておくだけで丸いフォルムがかわいいし絵になる。ベルギー発のブランドです。

これなら、キッズが面白がってお片付けしてくれるでしょう。日々のお片付けを巡るプチストレス解消。レゴ以外のおもちゃにも。複数使いもフォトジェニック!

2.LEGOをLEGOに片付ける新発の収納 レゴストレージ

レゴが収納できるボックスがあることご存知ですか?その名もレゴストレージ。あのレゴブロックが大きくなって収納ボックスへと変身!カラーバリエーションも豊富で、見ているだけでワクワクしてくる収納家具です。

機能性も抜群。レゴブロック特有の積み上げも可能で、お部屋にあわせた使い方が可能です。出しっぱなしにしておしゃれインテリアを!

子供と一緒に楽しみながらレゴを収納しよう!

楽しそうにブロックで遊んでいる女の子

レゴの収納方法、いかがでしたか?身近にあるものを使って簡単に作れるだけでなく、インテリア感覚で置けるものもあり、収納以外の楽しみも満載でしたね。

少し工夫するだけで、子供にとっても作りやすく、そして片付けしやすい収納グッズができるので、パパやママのストレスも軽くなります。色や形ごとに分けるといった能力が養われ、自然と片付ける習慣も身に付くでしょう。

便利アイテムを活用し、子供が喜ぶレゴ収納アイテムをぜひ作ってあげてください。楽しい創作の時間になりますように!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami