子供用自転車の選び方!インチ別・年齢別おすすめ車種を紹介

子供用自転車の選び方!インチ別・年齢別おすすめ車種を紹介

最終更新日 2021-07-30 by smarby編集部

いつかは乗れるようにしておきたい子供用自転車。「そろそろ買ってあげようかな?」「どんなものがいいのかな?」と迷っているパパやママもいるのではないでしょうか。

子供にとって初めての自転車は、安全性や機能、デザインやカラーなど納得できる車種を選びたいですよね。

今回は、子供自転車の選び方のポイントからおすすめの車種など、子供用自転車の選び方に役立つ情報を紹介します。

安心安全のブランド自転車や、おしゃれな子供用自転車、軽量で乗りやすい自転車などラインナップも豊富です。

ぜひ、はじめての子供用自転車選びの参考にしてくださいね♪

Contents

【子供用自転車】選び方チェックポイント!

子供用に自転車を用意したいと考えた時、何歳ごろに準備してあげたらよいのでしょうか。最近は早ければ1歳半ごろの子供も自転車に乗っているのを見かけます。

まずは、初めての自転車の選び方や、自転車のサイズなどについて紹介します。 

身長に合うインチかどうか?

自転車を選ぶときに大切なのが、子供の身長と自転車のサイズが合っているかどうかです。

自転車は、「インチ」で表しています。インチによって身長に合ったおおよそのサイズが分かります。

下記は、身長や目安年齢から子供用自転車の適正サイズは何インチかをまとめた表です。

身長は個性によってそれぞれなので、年齢は参考程度にして身長に合ったサイズを選ぶのがおすすめです。

両足の指が地面に着くか?

安全に乗るためには、子供が自転車に座ってみて両足の指が地面に着くかどうかを確認することが大切です。

両足がかかとまでぴったりついてしまうと、すぐに窮屈になって自転車がサイズアウトしてしまいます。おすすめは子供が自転車のサドルに座ったときに両足が地面につま先立ちができる程度。足が全く着かないと、倒れるときに体を支えられず大変危険です。

自転車のサドルを一番下まで下げた状態で、両足の指がきちんと地面につく自転車を選んでおけば、成長に合わせてサドルを上げて長く乗ることができるでしょう。

ブレーキは握りやすい?

ブレーキは、子供の身を守る大事な機能です。手が小さくてブレーキが届かなかったり、ブレーキが固くて操作できなかったりすると大変危険です。子供がしっかりブレーキ操作できるか、握りやすいかなど、安全のための確認は必ずしておきましょう。

小さな手でも確実にブレーキがかけられるようにレバー幅を調整できる自転車もあります。子供の力でスムーズにブレーキがかけられるような握りやすい工夫がある自転車がおすすめです。

カラーやデザインは?

小さい子供の自転車は死角に入りやすいため、明るいボディーカラーの自転車がおすすめです。車のドライバーや歩行者の視界に入りやすければ交通事故リスクが減ります。薄暗い時間帯や、広い公園で見失ったときなど、すぐに見つけられるのは目立つ色の自転車です。

また、夕方や暗くなったときに子供から確認できるように両輪に反射鏡が付いているかどうかも大切なポイント。

せっかくの自転車、子供が乗りたい!と思う色の自転車を選んであげたいですね。デザインは子供に好みのものを選ばせてあげて、カラーは、「明るい色の方がいいよ」と、大人が助言してあげましょう。安全面の観点から、カラフルでポップなカラーのものをおすすめします。

安全基準はどうか?

自転車の安全基準を確認するには「BAAマーク」を取得しているかどうかが大切です。

BAAマークを取得できるのは、自転車協会が定めた90項目以上の安全基準に合格した自転車のみ。自転車協会が安全品質を保証してくれているため安心の目安になりますよ。環境に優しく、耐久性も考えたパーツを使っている自転車という証明でもあります。

安心して購入できる目安になるので、BAAマークのついている自転車から選ぶことをおすすめします。

子供の自転車よくある疑問

自転車の前で考え事をしているめがねをかけた女性

自転車は楽しく便利な乗り物ですが、ときに危ない目に遭ってしまうこともあります。安全に楽しく乗ってほしいから、正しい知識をもって自転車を用意したいですよね。

次に子供が自転車デビューするときに出てくる疑問についてお答えします。

自転車デビューはいつ頃?

一般的に、小学校低学年までには補助輪のない自転車に乗れるようにしたいというパパやママが多いです。

小さいうちは三輪車やキックバイクを楽しむ子供が多く、三輪車やキックバイクが小さく感じたり物足りなくなったりする3~4歳ころに自転車に移行することが多いです。

その頃の子供は、自分の意思で自転車に乗り、上手にペダルを踏んでこげるようになる年齢といわれています。3~4歳の誕生日プレゼントとしてもおすすめです。

サイズが合わない目安は?

子供が乗っていて窮屈な感じに見えた時が買い替えのタイミングです。サドルを上げてこぐとハンドルに足が当たる、自転車をこぐときにガニ股になる、ハンドルを握ると腕が曲がるなど、これらは自転車が乗りにくいと感じているサイン。

サイズが合わないと、こぐときに力を加えにくいので、前に進みにくく、疲れやすくなるためサイズアップが必要です。身体に合わない自転車は、子供の負担になりますし、姿勢にも悪影響。事故やケガにもつながります。

ヘルメットは必要?

子供が自転車に乗るときは、ヘルメットの着用は必須です。2021年4月1日より、小学生以下の子供は、自転車保険への加入が義務化されたのと合わせて、ヘルメットの着用も義務化されました。

ヘルメットは大事な頭を守るものです。子供の頭のサイズに合ったヘルメットを用意することが大切。

頭を振ったときにずれたり、前が見えなくなったりするのは、ずれたときに突然立ち止まったり、片手運転になったりするのでとても危険です。子供の命を守るために、ジャストサイズのヘルメットを着用しましょう。

【身長80~105㎝程度】子供用自転車12インチおすすめ車種

ここからは、おすすめの子供用自転車を紹介します。

まずは、自転車デビューをする年齢として多い3歳くらいの子供におすすめの自転車をご紹介します。3歳の身長は80㎝~105㎝程度で、自転車のサイズは12インチがちょうどいいとされています。

まずは自信をつけよう!【へんしんバイク2】

ペダル無しのバランスバイクとペダルをつけた軽量スポーツバイクの1台2役で使える「へんしんバイク2」です。

「30分で乗れる自転車」のキャッチフレーズのとおり、バランスバイクで「走る・曲がる・止まる」をマスターしたあとは、ペダルをつけてスムーズに自転車デビューできます。

へんしんバイクなら、補助輪つきの自転車を経験することなく、2歳の子供でもいきなり自転車に乗れるようになったという声も。

一般的な子供用自転車の半分の軽さなので、3歳くらいの小さな子供でも取り回しがしやすく、倒れてしまったときに起こすのも簡単です。

・公式価格:22,000円(税込)
・カラー展開:7色(RED・BLUE・YELLOW・PINK・PURPLE・EMERALD GREEN・PASTEL BLUE )
・サイズ展開:12インチ
・シートの高さ:31㎝~42㎝
・車体重量:4.5kg (バランスバイクモード)・6.6kg(キッズバイクモード)
・オプション:ペダルシステム一式・工具・ペダル・反射板・簡易空気入れ・スタンド

運転しやすいハンドル【ROCKBROS(ロックブロス) 】Nemo

フレームやカラーリングなど、高いデザイン性が特徴の「Nemo」はおしゃれなキッズにも大満足の補助輪付き子供用自転車。ビビッドな蛍光色が目を引きます。

デザインだけでなく安全性についても考慮されていて、チェーンカバーはフルクローズタイプ。3歳児の小さな指や洋服をチェーンに挟み込んでしまう心配がありません。

衝撃吸収にも強い極厚のハンドルクッションカバー。グリップには転倒時に手を保護してくれる安全ラバーが施されています。

・カラー展開:5色(イエロー、グリーン、ピンク、ブラック、ブルー)
・サイズ展開:12~18インチ
・車体重量: 11kg(12インチ)
・オプション:簡易工具・取扱説明書・補助輪

乗り心地抜群♪【STRIDER(ストライダー )】スポーツモデル

ハンドルバーを細くした小さい子供でも握りやすくフィット感の樽型グリップ。ハンドルバーパットが標準装備されているので、転倒時の衝撃を軽減してくれます。

通常のストライダーと異なり、フラットですべりにくい足載せステップが標準装備。ステップに立って乗れるアクティブなキッズにおすすめ。

通常のシートポスト(シートを支える支柱)は、3歳くらいの30㎝~41㎝のものですが、スポーツモデルには4~5歳用のXLロングシートポストが別途標準装備されているから、最大52㎝まで調整1歳半から5歳まで長く使えます。

・カラー展開:7色(Green・Blue・Yellow・Orange・Pink・Red・Black)
・サイズ展開:12インチ
・シートの高さ:28.5㎝~47.5㎝
・車体重量:3㎏
・オプション:XLロングシートポスト

軽量でこぎやすい!【チャイルドヴィークルズ】

三輪車からバランスバイク、そして自転車へとステップアップするのにおすすめの自転車です。

かじ取りバーがついているので、パパやママが押しやすく、ハンドル操作もできるので、安全に自転車デビューができます。勝手に暴走するということがないので安心。お散歩やお出かけにも活躍しますよ。

空気入れが不要、発砲タイヤなので、パンクの心配がありません。ボディが軽量だから3歳児でもこぎやすく、かっこよくておしゃれな高性能自転車です。

・カラー展開:3色(クールレッド、クールブラック、クールホワイト)
・サイズ展開:12インチ
・シートの高さ:40㎝~48㎝
・車体重量:9.5㎏
・オプション:プッシュバーハンドル

【身長92~119㎝程度】子供用自転車14~16インチおすすめ車種

12インチの自転車は、すぐにサイズアウトしてしまうので、自転車デビューの自転車を14~16インチで検討する人も多いです。補助輪もつけはずしができるので、最初のうちは補助輪をつけて、そのうちはずして乗ることができます。

取り外しレバー付き!【People(ピープル)】いきなり自転車

知育玩具で有名なピープル社の自転車は、「2歳でぴったり足がつき、小学校入学まで長く乗れる」というのがコンセプト。

かじとり式の押し手棒がついているから、まだ自分ではこげない2~3歳の子供でも大人が後ろから操作して安心して乗ることができます。

ハンドルやサドルの伸び幅を工夫することで、身長が伸び盛りの子供も長く乗れる設計になっています。子供の体格や運動能力から導き出した、安心で乗りやすい自転車です。

・カラー展開:14インチ…3色(ブルーミングターコイズ、ブルーミングラズベリー、プレミアムホワイト)16インチ…2色(ブルーグレイ、パステルピンク)
・サイズ展開:12インチ~16インチ
・シートの高さ:34㎝~51㎝
・車体重量:14インチ…約12㎏、16インチ…約13㎏

シンプルデザイン♪【People(ピープル)】 kiccle(キックル)

「キックスケーターモード」を搭載したピープルの自転車「キックル」。3歳は、キックスケーターやペダルをはずして足けりバイクとして楽しめます。チェーンがないので、指や洋服を挟んでしまう心配がなく安全です。

バランスが取れるようになったら自転車にチェンジしましょう。ペダルのつけはずしはとっても簡単♪作業時間は5分程度です。

ペダルをつけたりはずしたり、好奇心に応じて練習できるので補助輪を経験することなく、いきなり自転車に乗れるようになりますよ。

また、ハンドルやサドルの伸び幅が長いので3歳から7歳まで長く使えます。

・カラー展開:2色(フレンチブルー、メタリックレッド
・サイズ展開:14インチ
・シートの高さ:約35㎝~53㎝
・車体重量:8.2㎏

おしゃれなデザイン♡【ブリヂストン】ハッチ

丸みを帯びた曲線がかわいい「はしご型フレーム」のかわいいデザイン。藤風のかごがおしゃれな女の子におすすめ。

小さな子供もしっかり握れる「こどもラクラクブレーキ」を採用。子供がしっかり確実にブレーキをかけやすいようにレバー幅が調節できます。

補助輪はずしのサポート機能つきなのでスムーズに補助なし自転車に乗れるようになりますよ。

・カラー展開:4色(レッド、ピンク、アイボリー、グリーン
・サイズ展開:16~18インチ
・車体重量:12.2㎏

身長に合わせてラクラク調整♪【ブリヂストン】bikke(ビッケ)m

子育てパパとママを応援するために作ったブリジストンの電動アシスト自転車「bikke(ビッケ)」の子供向けタイプ「bikke(ビッケ)m」。自転車も親子リンクを楽しめるので、おしゃれな親子にピッタリです。

子供の成長に合わせてレバーの位置を調整できるアジャスター付き。ブレーキレバーなどに長い期間使える工夫が満載です。砲弾型のリフレクターは、前から来る車や自転車に存在をアピールできます。

・カラー展開:4色(ブルーグレー、ダークグレー、ホワイト、オールドローズ)
・サイズ展開:16インチ
・車体重量:12.8㎏

おしゃれキッズに♡【BRIDGESTONE(ブリヂストン)】ハイディキッズ

子育てママのバイブル、ファッション&ライフスタイル誌「VERY」とのコラボモデルの子供向け自転車です。ハンサムママの必須アイテム、子供乗せ電動自転車の「HYDEE(ハイディー)」との親子リンクのハンサムキッズバイク。

鉄に比べてさびにくいアルミフレームに大人と同じクルーザーハンドル。パワフルなイメージのゴツタイヤは、もはや子供用自転車は思えないおしゃれさです。

小さな手にフィットする「こどもラクラクブレーキ」を採用。小さな子供の手でもブレーキをしっかりかけることができます。

・カラー展開:5色(T.YLブルー、T.Yカーキ、T.YAレッド、E.ホワイト、T.Yクロ)
・サイズ展開:16インチ
・シートの高さ:48㎝~55.5㎝
・車体重量:10㎏

シンプルで優しいデザイン♪【little tokyobike】

出典:little tokyobike

やさしく落ち着いたボタニカルなカラー展開がかわいいシンプルな子供用自転車。のんびりとした時間が流れそうな癒し系自転車です。

子供が乗りやすい位置にあるオリジナルハンドルバー、小さな手にフィットした細身のグリップが特徴です。タイヤもクッション性が高くて安定感のある太目ものを使うなど、子供目線の工夫がいっぱい詰まっています。 

・公式価格:31,900円(税込)
・カラー展開:9色(コールグレー、ブルージェイド、シダーグリーン、アイボリー、ミルク、モモ、サーフブルー、トマト、タンジェリン)
・サイズ展開:16インチ
・車体重量:10㎏

【身長103~140㎝程度】子供用自転車18~20インチおすすめ車種

バランスバイクから自転車へステップアップする、補助輪をはずして自転車を楽しむなど、身体の成長とともに自転車の楽しみ方もダイナミックになります。

できることがどんどん増えて活発になる時期です。自転車選びも慎重に安全で乗りやすいものを選びたいですよね。続いては、18~20インチのおすすめ自転車をご紹介します。

4歳~9歳までロングユース!【People(ピープル)】共伸びサイクル

自転車デビューから補助輪を外して小学校入学後まで、長く付き合える大切なパートナーになれる自転車です。

Peopleは独自のハンドルバーを開発し、背筋が伸びて視界良好な乗車姿勢を促します。いつでも足が届くペダルレイアウトの安心設計だから安全で乗りやすいのがポイント。

ハンドルも握りやすく、疲れにくい人間工学にもとづいたグリップなど子供が快適に自転車を楽しめることを考えた自転車です。

・カラー展開:2色(ディープターコイズ、ブルーミングピンク)
・サイズ展開:18インチ
・シートの高さ:約45㎝~72㎝
・車体重量:12㎏

柔らかい発色とデザイン♡【asahi(あさひ)】リトルフェリーク

大人の雰囲気に憧れる女の子向け自転車です。クラッシックテイストを感じさせてくれる藤風バスケットは、上質で品のある大人のスタイル。

スカートでもまたぎやすいフレームで、ガーリーな女の子にも嬉しい設計が施されています。指の挟み込みを防ぐブレーキバーや、走行音が静かな静音補助輪の採用など細かいところまで考えられた自転車です。

・カラー展開:3色(ブラック、グリーン、ピンク)
・サイズ展開:18インチ
・シートの高さ:最低50,5㎝

キックバイクを卒業したら♪【ルイガノ】LGS-K18

キックバイクを卒業した子供が揃えたい18インチ。乗り換えてアップグレードに切り替えたいジュニアにとっておきの自転車です。

おしゃれに乗りこなせるアップライトなストレートハンドルに、アルミを採用したホイル。大人顔負けのハイスペックスポーティバイクです。デザイン、色ともに洗練されてスタイリッシュ。軽量でかっこいい自転車です。

・カラー展開:3色(LG WHITE、CHERRY PINK、SMOKE BLUE)
・サイズ展開:18インチ
・車体重量:8.4㎏

ファッショナブルなデザイン♪【GRAPHIS(グラフィス)】 子供用自転車

シマノ製6段変速を装備、細部ディテールまでこだわりがつまった大人も乗りたくなるようなかっこいい子供用のクロスバイク。

カラーバリエーションが豊富で、とってもおしゃれ。目を引くカラータイヤは道行く人から注目されること間違いなしでしょう。前後や前後輪に反射板がついているので、車や自転車から存在をアピールできます。

・カラー展開:10色(ブラック、ブラック/オレンジ、ブラック/レッド、ブルー、ホワイト、ホワイト/オレンジ、ホワイト/ピンク、ホワイト/ブルー、ホワイト/レッド、レッド)
・サイズ展開:20~24インチ
・シートの高さ:20インチ…57㎝~71㎝、22インチ…62㎝~77㎝、24インチ…67㎝~82㎝
・車体重量:20インチ…11.8㎏、22インチ…12.1㎏、24インチ…13.3㎏

【身長116~145㎝程度】子供用自転車22インチおすすめ車種

小学生になると、遊びに行ったり、習い事に行ったりと、移動手段として本格的に自転車に乗るようなります。行動範囲も広くなるので安全な自転車を選びたいですね。自分好みの自転車を選びたがる時期です。

最後に22インチのおすすめ自転車をご紹介します。

折りたたみ可能!【My Pallas(マイパラス)】ジュニアサイクル

ハートが7色に光るPanasonic製LEDライトが特徴です。タイヤには星形のスポークデコレーション♪女の子の大好きがつまったおしゃれな自転車です。ラベンダーブルーとローズピンクはどちらも女の子の人気カラー。

折りたたみ機能付きだから、車に詰めてお出かけ先でも乗れます。収納場所にも困りません。お出かけ大好き元気いっぱいの女の子にピッタリの自転車です。

・カラー展開:2色(ラベンダーブルー、ローズピンク)
・サイズ展開:22~24インチ
・車体重量:17㎏

安定感抜群!【People(ピープル)】いち・ろく自転車

サドルの高さだけでなく、サドルとハンドルの距離も調節可能「マルチアジャスト機構」がついたPeopleの自転車。身長が伸びてもいつもピッタリを実現します。

「いち・ろく自転車」の名前の通り、1年生から6年生まで長く乗れる装備が充実しています。伸び盛りの子供でも安心、楽しく、自転車を楽しむ設計がたくさん詰まっています。

・公式価格:27,280円(税込)
・カラー展開:2色(シーブルメタリック、コーラル)
・サイズ展開:22インチ
・シートの高さ:約52㎝~73㎝
・車体重量:シーブルメタリック…15㎏、コーラル…15.5㎏オプション

ダイナミックなデザイン!【BRIDGESTONE(ブリヂストン)】エクスプレスジュニア

ダイナミックなデザインとカラーリングが特徴的なジュニアマウンテン。夕暮れでも目立つ反射素材のロゴマークを搭載しているから、車に存在をアピールできます。

LEDランプは、球切れしない高輝度LED。しっかり明るく照らしてくれて安心です。

6段変速シフトつき。友達に自慢できるかっこいい自転車です。

・カラー展開:5色(ブルー&ブラック、ブラック&レッド、レッド、エメラルドグリーン、ネオンライム&ブルー)
・サイズ展開:22インチ
・シートの高さ:57㎝~71㎝
・車体重量:15.6㎏

大人っぽいデザイン【ルイガノ】子供用自転車 J22

シンプルで落ち着いたデザインが大人っぽさを感じる、おしゃれなルイガノの自転車です。

乗り降りしやすいフレームが特徴のジュニアスポーツバイクで、便利なフロントキャリアと前後フェンダーを標準装備しています。チェーンガードがついているので、ズボンの裾の油汚れや巻き込みを防ぎます。

雨天時や下り坂でも安定した制動力を発揮し、舗装されていない道もぐんぐん進む安定感です。

・カラー展開:LG WHITE、LAVENDER、LG NAVY
・サイズ展開:22インチ
・車体重量:11.4㎏

サイズや安全性を考えて子供用自転車を選ぼう!

自然の中でサイクリングをしている4人家族

今回は、子供用の自転車の選び方やおすすめの自転車のご紹介をしました。 

自転車は楽しくて便利な乗り物ですが、乗り方を間違えると事故につながりかねません。安心して安全に乗るためにも正しい知識で自転車を選びたいですね。 

補助なしの自転車を乗るために一生懸命頑張る我が子の姿。サポートの手を放して、1人で乗れた瞬間は大きな成長を感じます。パパやママにとっても忘れられない思い出になるでしょう。

子供との自転車でのおでかけは、子供が小さいうちのかけがえのない時間です。

自転車を通して、親子の絆や幸せの思い出がたくさんできるように素敵な自転車を選んでくださいね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami