キラキラ輝く宝石石鹸の作り方☆子どもの自由研究にもおすすめ

キラキラ輝く宝石石鹸の作り方☆子どもの自由研究にもおすすめ

最終更新日 2021-08-25 by smarby編集部

キラキラと光が入る宝石みたいな石鹸。思わず見惚れてしまいますよね。

お店で売られているものだと思いきや、自分で簡単に手作り出来るんです。

刻んで、レンジで溶かして、型に入れて、切ってと簡単な工程で出来るので、子どもでも簡単に手作り出来て、夏休みの自由研究にも最適!

今回は、子どもと一緒に宝石石鹸作りにチャレンジしました!作り方やコツなどをご紹介します♪

準備するもの

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

材料

・グリセリンクリアソープ(作りたい石鹸の分だけ)

・グリセリンソープカラーチップ(食用色素でも可能)

・香料(アロマオイルなどお好みで)

道具

・紙コップ

・クリアカップ

・包丁(今回はペティナイフを使用)or カッター

・まな板 or カッター盤

グリセリンクリアソープはネット通販で買うと便利

今回、私はグリセリンクリアソープ1kgと色つけ用のカラーチップ5色がセットになっているものをネットで購入しました。

グリセリンソープと色つけ用の色素を別で買うよりもお得な値段で送料無料で手に入るので、こちらを購入。

今回、私は10個の宝石石鹸を作りました。

買ったクリアソープの半分くらいの量で事足りたので、500gくらいあれば5cm大くらいの石鹸10個くらいは作れる量です。

材料となるグリセリンソープですが、近所のお店を探しても、なかなか見つけることが出来ませんでした。

私の最寄りの100均では見つけられませんでしたが、ダイソーにはクラフトソープキューブ60gという材料が売っているそうです。(人体洗浄用ではないと注意書きがあるそう)

ピンク・イエロー・ブルーなど、すでに色がつけられているようなので、100均材料で手軽にクラフトを楽しみたい方にはいいですね。

宝石石鹸の作り方

材料が揃ったら、早速作っていきましょう♪

1.グリセリンクリアソープを細かくカットする(2cm角くらいでOK)

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

2.細かくしたクリアソープを紙コップに入れ、色つけ用のカラーチップを少量入れる

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方
自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

カラーチップは少量でもしっかり色がつくので、耳かき1杯分くらいの色素で充分!

3.500Wのレンジで20秒加熱し、ソープを溶かす

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

10秒〜20秒ですぐ溶けるので、様子を見ながら加熱してください。

こんな感じに溶けるので、割り箸で混ぜます。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

こんな感じに色づきました。

紫の色味をもっと濃くしたかったので、このあと赤と青をさらに足してレンジで加熱しました。

香料を入れる場合は、ここでお好みで加えてください。

4.クリアカップに溶かしたソープを入れる

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

熱が冷めるとすぐ表面から固まってきます。温かいうちにカップに注ぎましょう。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

色の層を作る場合、表面が固まりかけてから次の色を入れると、きれいに色が分かれます。

層を作った後で割り箸で軽く混ぜると、天然石っぽいグラデーションに。

5.熱が冷めて固まるのを待つ

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

出来上がりを想像しながら色の層を作るのが楽しかったです。

6.しっかり固まったらクリアカップから取り出す

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

ハサミでクリアカップを切って取り出します。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

綺麗なグラデーションが出来ています♪

7.宝石っぽい形にカットする

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

容器の形が出ている角の部分をカットしていきます。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

スパッとナイフで切れるので、この工程とても気持ちいいです。

斜めに角を落としていく感覚で切るのが宝石らしくするポイント。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

だいぶ宝石らしくなってきました。平らな面をたくさん作っていくとそれっぽくなります。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

表面をひと通りカットし、整えたら完成です!美しい宝石石鹸が出来ました♪

カットにルールはないので、自分の感性にしたがって楽しみましょう。

完成!

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

海の中のような美しいグラデーションの石鹸ができました。

綺麗な宝石石鹸が出来て大満足です♪

宝石石鹸作り方アイデア

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

今回、色や形を変えてたくさんの宝石石鹸を作ってみたので、それぞれの作り方のコツをご紹介します。

【アイデア1】鉱石っぽさを追求するためにあるモノを混ぜる

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

今、掘り出してきたような鉱石っぽさを目指したこちらの宝石石鹸。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

カットして余った水色の石鹸を細かく刻んでカップにいれて、上から溶かしたクリアソープを注ぎます。

余ったソープの切れ端を混ぜることで、半透明っぽい水色になり、天然石感が増します。

その後、台所のあるモノを入れて、更に天然石感を出します。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

実は「シナモン」を間に振りかけているんです。

ランダムに様子を見ながら少量振りかけます。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

その後、白のソープを注いで、最後に割り箸で軽くつつく事で白と水色が少し混ざったような境目に。

ソープが冷めて固まったら、型から出してランダムにカットして完成です。

【アイデア2】カットしたソープをくっつけて結晶の形に

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

よく天然石屋さんにあるクリスタルの結晶みたいな形を目指したこちらの宝石石鹸。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

紙コップを高さ1cmくらいに切った容器に溶かしたクリアソープを少量注いで、細長くカットしたソープを刺すように並べていきます。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

結晶らしくなってきました♪

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

固まったら型から出し、下の部分をカットしたら完成!

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

形が変わって華やかな宝石石鹸が出来ました♪

【アイデア3】石鹸の切れ端を再利用することで新たなデザインに

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

色がかわいいこの石鹸は、カットした際の切れ端を再利用してます。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

色とりどりの切れ端はカラフルで可愛いので、上からクリアソープを注ぐとおしゃれなデザインソープに。

半分は切れ端のまま、半分溶かして、混ぜ込んだりしても綺麗なので、色々試してみて楽しみましょう。

宝石石鹸作り、子どもたちの反応は?

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

カットしたクリアソープに興味津々の3歳息子。綺麗な層が出来るたびに、拍手して喜んでいました。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

今回の宝石石鹸は娘の好きな色(薄紫・水色・白)で作ったので、出来た石鹸はお気に入りのよう。

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

瓶に入れてしばらくは部屋に飾るそうです。

簡単に出来て夏休みの自由研究にもオススメ!

自由研究におすすめ!宝石石鹸の作り方

宝石石鹸作り、いかがでしたか?

意外と簡単に出来るのに、出来上がりが想像以上に素敵なので、子どもも喜ぶこと間違いなしです。

これとこれを混ぜたらどんな色になるかな?と色相の勉強にもなるので、夏休みの自由研究にもピッタリ!

是非子どもと一緒に遊びながら作ってみてくださいね♪

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami