アルファベット表おすすめ13選!無料ダウンロードできるシンプルでおしゃれなデザインも♪

アルファベット表おすすめ13選!無料ダウンロードできるシンプルでおしゃれなデザインも♪

最終更新日 2021-11-30 by smarby編集部

子どもの習い事人気ランキングでも、常に上位にランクインする「英語」。幼児期から自然に「子どもを英語に親しませたい!」と考えるママやパパが増えています。

小さな子ども向けの英語教室に通ったり、通信教育で学ばせたりと英語教育に熱心な家庭も目立ちますよね。

日常生活の中に知育玩具を取り入れるなどして、英語に触れる機会を増やすことができれば、英語学習の効率アップにもつながるはず。

そのために、ぜひとも取り入れたいのがアルファベット表なんです。この記事では、アルファベット表を活用するメリットや選び方、効果的な活用方法のポイントも合わせて紹介します。

Contents

アルファベット表にはどんなメリットがある?

英語のポスターを指さしている幼い女の子

一口に「英語学習」といっても、英語教室や通信教育、知育玩具の活用などさまざまな方法があります。幼いうちはパパやママと一緒に遊びながら学ぶ「おうち英語」も効果的です。

ここでは、知育玩具のアルファベット表を使ったおうち英語のメリットを紹介します。

自然にアルファベットに慣れる

アルファベット表を活用するメリットとして筆頭に挙げられるのは、ムリなく自然にアルファベットに慣れることでしょう。

子ども向けのアルファベット表はとてもカラフル!子どもの興味を引きつけるデザインなこともあり、ママやパパがわざわざ促さなくても、子どもは自然にアルファベット表に目を向けるようになってくれます。

つまり、アルファベット表を目につく場所に貼るだけで、子どもは英語に親しみを持ち、慣れるようになります。

ファーストステップとして大切なことは、アルファベットには大文字と小文字があるのを理解すること。そのため、大文字と小文字の両方が書かれているアルファベット表からスタートするといいですね。

アルファベットの順番を覚える

アルファベットに親しんで、アルファベットには大文字と小文字があることを覚えることができたら、次は「アルファベットの順序」です。AからZまで並ぶアルファベットの順番を覚えられるようにもなりますよ。

アルファベットの順番を習得できれば、辞書を引くときにも便利です。その他にも、たとえば文章を書く際の箇条書きにもアルファベットを順番に使いますよね。

英語や英単語の学習以外のところでも、アルファベットの順番を覚えることは大切です。

アルファベットの順番はママやパパと一緒に声を出してアルファベット表を読んだり、ABCの歌を歌ったりして、リズムに乗って楽しむのもおすすめです。

アルファベットの読み方を覚える

「Aはエー、Bはビー」など、アルファベットの読み方も覚えなくてはなりません。ただし、歌でアルファベットの順番を覚えているなら、自然と読み方も身につきます。

ひらがなやカタカナが読める子どもには、アルファベットの読み方が発音記号やカタカナで書いてあるアルファベット表だと、より理解しやすいはずです。

アルファベットの書き方を覚える

アルファベットの読み方や順序が分かるようになったら、今度は書き方にチャレンジです。

日常生活の中でアルファベット表を繰り返し見たり、リズムに乗せて何度も読んだりしているうちに、子どもはアルファベットの形を自然に覚えるようになります。形を覚えたら書き写しにも挑戦しましょう。

まずは、アルファベット表を見ながら大文字と小文字を書き写す練習です。ママやパパが書いたアルファベットの文字を、上からなぞる「なぞり書き」から始めてもいいですね。

アルファベット表をお手本にして大文字と小文字が書けるようになったら、次は表を見ることなくアルファベットを書く練習に進みます。ママやパパが読み上げたアルファベットを、お手本無しで書けるようになることが目標です。

アルファベットの書き方の習得は、繰り返しが大切です。最初はうまく書けなくても、何度も繰り返し練習していくうちに上手に書けるようになりますよ。

【年齢別】アルファベット表を選ぶポイント

リンゴとカラフルな英語

インターネットで「アルファベット表」と検索するとわかるように、アルファベット表にはさまざまな種類があります。そのため、どのようなタイプの商品を選べばよいか悩むパパやママも多いのではないでしょうか。

対象年齢が書かれているものは選びやすいかもしれませんが、そうでないものについては子どもの発育に合わせて選ぶことが大切です。ここでは、年齢別のアルファベット表の選び方を紹介します。

0~3歳はカラフルなアルファベット表で遊びながら

まだひらがなも読めない0~3歳児の場合、アルファベットを認識するのは難しいでしょう。そのため、できるだけ大きい文字で書かれていて、カラフルなタイプがおすすめです。

小さな子どもでもわかりやすいイラストが描かれたタイプなら、子どもの興味を引きやすいメリットがあります。

まずは、子どもがアルファベット表を指さしたら、パパやママが「これはAだね~」と声を掛けるなど、遊びのひとつに英語を取り入る方法から始めてみましょう。

4~6歳は英語に興味津々!情報量が多いアルファベット表

多くのパパママが、英語スクールや通信教育を検討し始める時期です。文字に興味が出てくる年齢なので、個人差はありますがひらがなやカタカナの読み書きができる子もいます。

アルファベットについても同様で、特定のアルファベットなら書ける、読めるといった子も少しずつ出てきます。

この年齢の子どもは学びへの意欲が高まる時期でもあるため、アルファベットの読み方はもちろん英語の単語や書き順などの情報が盛り込まれたアルファベット表がおすすめです。

また、友達や家族に手紙を書く習慣がある子には、自分の名前のアルファベット表記を教えると喜んで練習するはずです!

7歳以上はアルファベット表が学校の勉強にも役立つ

小学生になると、ローマ字の学習や英語の授業がはじまります。ひらがなやカタカナに並んで、アルファベットはますます身近な存在になるでしょう。

持ち運べるサイズのアルファベット表や、勉強机のデスクマットに挟めるようなアルファベット表なら勉強がしやすいです。英語の宿題などでアルファベットを書こうと思ったときに、すぐ目につく場所にあると便利ですね。

【場所別】アルファベット表を選ぶ際のポイント

どこの場所で使うかによっても、アルファベット表に備わっていてほしい特徴は違うものです。そこでこの段落では、「どのようなアルファベット表をどこで使うのが相応しいのか?」というポイントの説明をします。

【リビング】インテリアにも馴染むおしゃれなものがおすすめ

リビングに馴染むアルファベット表

幼児や小学生を対象にした子ども向けのアルファベット表は、どちらかというとカラフルなものがメインです。確かに子どもがよろこびそうなイラスト付きなど、魅力いっぱいのデザインではあります。しかし、リビングルームは子どものためだけの部屋ではありませんよね。ときにはお客様も招く場所です。家族以外の人の目に触れる機会も多くなります。

そのような理由から、リビングに貼るアルファベット表はおしゃれ度の高いものがおすすめ。インテリアに馴染むタイプがいいですね。額縁に入れて飾るとおしゃれ度はさらにアップ!洗練された印象になりますよ。

【子ども部屋】楽しい仕掛けやイラストがついているものがおすすめ

子ども部屋で使いたいのならば、楽しい仕掛けが付いているタイプがおすすめです。おもちゃ感覚で楽しめるようなアルファベット表なら、子どもの興味が自然とそちらに向くからです。

つまり、子どもは自ら進んでアルファベットの学習に取り組んでくれるようになります。

ただ見ているだけでウキウキしてくるようなカラフルな色使いのアルファベット表や、思わず見入ってしまう愉快なイラスト付きのタイプ、子どもが気に入っているキャラクターが載っているアルファベット表などもいいですよね。

その他にも、なぞりたくなったり、触りたくなったりするようなデザインもおすすめですよ。

【お風呂】防水性が高いものがおすすめ

お風呂で使うことをターゲットとしているアイテムもあります。水に濡らすだけでバスルームの壁に貼ることができるタイプが多くなっています。

また、お湯をかけたり温めたりすると文字や絵が浮き出るなど、お風呂で遊ぶのにぴったりの仕掛け付のアルファベット表も!もちろん、水に濡れてもOKの防水タイプです。

バスルームは声が響いてエコーがかかったようになります。そのため、アルファベット表を見ながら歌を歌ったり発音の練習をしたりするのも楽しいのでおすすめ。また、入浴中にはテレビやゲームもありません。

子どもの注意を引き付けるのに理想的な環境です。アルファベットの練習にも集中しやすいのでは!?

無料ダウンロードできる♪smarbyオリジナルデザインのアルファベット表

smarbyでは無料ダウンロードできるオリジナルデザインのアルファベット表を提供しています。全部で3種類あり、いずれもシンプルでおしゃれなデザインです。無料ダウンロードして印刷するだけでOK。

リビングのインテリアにもばっちりマッチしますよ。では、それぞれの特徴を紹介します。

子どもが見やすい♪【シンプル】

こちらは名前が表すとおり、まさにシンプルなアルファベット表です。大きくはっきりと書かれたブロック体の大文字の下に、サイズ小さめの小文字のアルファベットが書かれているデザインです。

イラスト付きのアルファベット表が多いなかで、こんな大人っぽい商品が無料ダウンロードで利用できるのはうれしいですよね。

A3サイズの用紙に印刷して額縁に入れ、リビングの壁に掛けてみましょう。すっきりとした印象なので、どんなインテリアにも溶け込みそうなデザインです。

また、クリアファイルのサイズに合わせて印刷し、住まいのいろいろな場所に置くのもいいアイデアなのでは?毎日何度も目にすることになるので、あっという間にアルファベットを覚えられますよ。

「シンプル」の無料ダウンロードはこちらから♪

目を引くおしゃれなアルファベット♡【アート】

シンプルなデザインが好みだけれど、アルファベット表からカッコ良さとちょっぴりの自己主張を求めるなら「アート」がおすすめです。

このままプリントアウトして貼り、モノトーンを楽しむのも素敵ですが、好みのカラーで塗り分けてもおしゃれになりますよ。

子どもと一緒にアルファベットの練習も兼ねて、一緒に塗り絵で遊ぶのもいいですよね。子どもも、ママやパパと一緒に好みの色を塗ったアルファベット表でなら、熱心に勉強してくれそうです。

「アート」の無料ダウンロードはこちらから♪

やさしい雰囲気♡【ソフトカラー】

smarbyが無料で提供しているアルファベット表の中で、唯一色付きのデザインなのが「ソフトカラー」です。とはいえ、リビングのインテリアに溶け込みやすく、好感度の高い淡い色合いです。

こんなアルファベット表でしたら、モダンな雰囲気のリビングにも、カントリー調のリビングにもフィット!どんなインテリアにも映えるのではないでしょうか。

「今日はピンク色のアルファベットを練習してみよう!」など、カラーで分けを学習に活用してもいいですよね。

「ソフトカラー」の無料ダウンロードはこちらから♪

無料でダウンロードできるその他のアルファベット表を3つ紹介

smarby以外にも、無料でダウンロードができるアルファベット表を提供しているサイトがあります。この段落では、そんなサイトのうちから3つを取り上げて紹介します。

大文字小文字や読み方もバッチリ!ちびむすドリルのアルファベット表

子ども用の学習プリントを無料ダウンロードできる「ちびむすドリル」のアルファベット表は3種類です。

イラストレーターが描いたアルファベット表から、一般的なイラスト入りのもの、アルファベットと読み方のみが書かれたシンプルタイプまであります。

子どもの興味が薄れてきたら、他のタイプを印刷し直すなどの使い方も手軽にできそうですね。

かわいいイラスト付きは4~6歳頃に、シンプルタイプは小学生以上におすすめです。

ちびむすドリルのアルファベット表のダウンロードはこちらから

サイズやカラーが選べる!学習プリント.comのローマ字表

「学習プリント.com」は、小学生の子ども用学習プリントを無料でダウンロードできるサイトです。こちらのローマ字表は、かわいらしいイラストと一緒にローマ字が大きく書かれています。

サイズはA3とA4から、カラーはピンク・ブルー・オレンジ・グリーンの4色から選べ、部屋の雰囲気や用途に合わせられます。何枚印刷しても無料なので、部屋のいたるところに貼れますね。

学習プリント.comのローマ字表のダウンロードはこちらから

パソコンのキーボード配列も覚えられる!conoteのアルファベット表

サイト主さんが、小学生の娘さんのために作成した「パソコン用ローマ字入力表&キーボード配置図」が無料でダウンロードできます。ポイントは、キーボード配置図に小文字が書かれていることです。

 一般的なキーボード配置図には小文字表記がないため、小文字しか覚えていない子どもには使いづらいデメリットがあります。一方、こちらの配置図には大文字と小文字両方の表記があるため、わかりやすいです。

「Enter:決定したり、改行したりする時に使う」、「back space:一つ前の文字を消すのに使う」などの用語解説も入っています。ローマ字と一緒に、キーボード配置が覚えられたら一石二鳥ですね。

対象年齢は、小学校低学年用と小学校高学年向けの2種類が用意されています。

conoteのアルファベット表の無料ダウンロードはこちらから

リビングにおすすめ♪アルファベット表3選

アルファベットの習得は何度も繰り返すことが大切です。そのため、自宅のよく目につく場所にアルファベット表を貼っておくのは効果的な方法です。ここではリビングにおすすめのアルファベット表を紹介します。

1.シンプルなデザイン【KADOKAWA】リビングに貼ってもいいと思える アルファベット表

一般的なアルファベット表は、子どもの興味を引きやすいようカラフルなタイプや、かわいらしいイラストのものが多いですよね。そのため、部屋がガチャガチャとした雰囲気になるのを嫌うパパママも少なくありません。

 そのようなお宅におすすめなのが、「リビングに貼ってもいいと思える アルファベット表」です。その名の通り、リビングに貼ってもよいと思えるようなお洒落なデザインと色使いが特長です。

ポスターのような雰囲気が部屋のインテリアを邪魔しません。防水性の高い紙で作られているため、お風呂にも貼れます。

対象年齢は2歳以上ですが、書体が細身でイラストの色使いも控えめなので、小さい子供の目に止まりにくい可能性はあります。親から声をかけて、英語の勉強に積極的に誘ってあげると良さそうですね。

2.書く練習にもおすすめ!【Stellar Education】ステラフォニックスチャートセット

4線上にアルファベットの大文字と小文字が大きく書かれたアルファベット表です。大文字と小文字のサイズの違いや、4線上でどのように書くのかが一目でわかるので、自分でアルファベットを書くときにも役立ちます。

 ごはんやハンバーガー、バナナなどみんなが知っている身近な食べ物のイラストが描かれているため、小さな子どもにもわかりやすいです。ただし、防水ではないためお風呂では使用できません。

ワークシート付きなので、表を見ながら書き取りの練習もできます。鉛筆を持って文字を書く練習を始めるくらいの子ども(4歳以上)におすすめのアルファベット表です。

3.水彩タッチの絵がおしゃれ♡【アンシャンテ】アルファベットひょう

まるで水彩画で描かれたようなイラストが特徴のアンシャンテのアルファベット表。大文字と小文字は4線上に書かれているので、アルファベットを書く練習のお手本としてもぴったりの商品ですよね。

アートなテイストのイラストの下には、英単語と単語の和訳(ひらがな)が記されています。

サイズはA3なので使い勝手の良い大きさ。防水で、角を丸く加工してあるため、お風呂での使用も可能なんです。

おしゃれなデザインと使いやすいサイズ感なので、リビングの壁に貼ったり、勉強机のマットにはさんだり、いろいろなシーンで活躍してくれるアルファベット表です。

子ども部屋におすすめ♪アルファベット表3選

子ども部屋は、子どもだけで過ごす時間も比較的長い場所ですよね。そのため、子ども部屋に貼るのに相応しい特徴を持つアルファベット表を選ぶことが重要です。

子ども部屋におすすめのアルファベット表を、3つピックアップしてご紹介します。

1.文字が見やすい!【くもん出版】学習ポスター アルファベット

ひらがな表や九九表でも定評のある、くもん出版のアルファベット表です。対象年齢は2歳以上。特徴のあるイラストとカラフルな見た目で子どもの興味を引き、子ども心をロックオンします。

ひとつひとつのアルファベットがしっかり大きく書かれており、「APPLE」・「apple」などの英語単語も大文字と小文字の両方で記載されています。お風呂には貼れないタイプの商品なので、リビングや子ども部屋に貼って使用しましょう。

2.ミッキーと一緒に♡【学研ステイフル】なぞっておぼえる アルファベットポスター

こちらのアルファベット表は、知育玩具や教育関連アイテムでおなじみの学研からお届けです。子どもが大好きなディズニーキャラクターのイラストが満載です。

子どもの感覚を刺激するように工夫されていて、アルファベットの大文字部分がラメでぷっくりしているんです。つまり、アルファベットを「見て」「字形をなぞって」「覚える」システム。

それぞれのアルファベットからはじまる英単語には、カタカナでふりがなをふってあります。英語の発音監修もしてあるので、ルビどおりに発音するとローマ字読みではなくネイティブの発音。

アルファベットを覚えながら、英単語のネイティブな発音も身につけられますね。対象年齢は3歳以上です。

3.書いて消せる♪【イカリボシ】書き消し出来る下敷き アルファベット・ローマ字

こちらは文具メーカーが出している下敷きタイプのアルファベット表です。大きさはB5サイズ。コンパクトなので持ち運びにも便利ですね。アルファベットの大文字と小文字、そのアルファベットからはじまる英単語とイラスト付きです。

えんぴつで直接書き込むことができ、消しゴムで簡単に消せるんです。これなら何度も繰り返して書く練習ができますね。好きな英単語を書けるスペースも付いていますよ。

裏面はローマ字の一覧表です。自分の名前をローマ字で書く練習ができるよう、専用のスペースが用意してあります。

お風呂におすすめ♪アルファベット表3選

お風呂では、入浴中に子どもと遊びながらアルファベットの練習ができます。そのため、お風呂でアルファベット表を使っている人が多いこともうなずけますよね。

では、お風呂で使えるアルファベット表にはどのようなものがあるのでしょう。おすすめの3点を紹介します。

1.キャラクターが楽しい雰囲気!【フレーベル館】ABCのひょう アンパンマンとおぼえよう!おふろポスター

小さな子どもたちに大人気のキャラクター、アンパンマンのイラスト付きアルファベット表です。

「cat(キャット)」や「house(ハウス)」などひとつひとつのイラストもわかりやすいので、遊びながら英語に触れるキッカケを作ります。数字の数え方が載っているのもポイントです。

 アンパンマンやバイキンマン、クリームパンダちゃんたちも英語で話をしているので、「アンパンマンはなんて言っているのかな?」など、子どもの興味を引きながら英語学習ができます。

3歳前後からおすすめの表ですが、もっと小さい子どももアンパンマンが好きな子は、一目でこのアルファベット表を気に入るでしょう。ファンなら迷わず選びたい商品です。

2.ローマ字学習用!【ジェイティビィパブリッシング】おふろでおぼえる ローマ字

アルファベットだけでなく、ローマ字の読み方やキーボードの打ち方などが一枚に集約されたローマ字表です。

アルファベットを覚えるというよりは、ローマ字の書き方や読み方を覚える用に作られています。そのため、犬は「dog(ドッグ)」ではなく、「inu(イヌ)」と表記されています。

五十音、濁音、半濁音、拗音の全てが掲載されています。ひらがなをマスターした頃(5~6歳)にこの表を使うと、ローマ字やアルファベットについての理解も深まるでしょう。

防水加工されているので、お風呂でも使えますよ。

3.カラフルなデザイン♪【お風呂の学校】アルファベット表お風呂ポスター

こちらはアルファベット表とやさしい英単語を学ぶポスターの2枚セットの商品です。

お風呂に貼って入浴中に毎日眺めることで、子どもが小さなうちから英語に親しんでほしいママやパパにおすすめです。水で貼るタイプのポスターなので、お風呂にピッタリですよね。

アルファベット表には大文字と小文字と英単語。カラフルで可愛らしいイラストも添えられています。

英単語のポスターには体のパーツや挨拶をはじめ、数や色などのような、覚えておきたいベーシックな英単語が載っています。バスタイムに楽しい英会話教室の気分が味わえそうですね。

アルファベット表は手作りも可能!

100円ショップなどで材料を集めて、オリジナルのアルファベット表を作るパパやママもいます。作り方は意外と簡単!カラーマグネットにアルファベットシールを貼り、ホワイトボードに並べたら完成です。

マグネットを使っているので、文字を並び替えたり単語を作ったりして遊びながら英語学習ができます。

ほかにも、布を使ってタペストリー仕様のアルファベット表を作ることも可能です。シックなカラーを使えば、インテリアの邪魔をしません。自分好みのデザインに作れるのも、手作りアルファベット表の魅力です。

アルファベット表を活用しておうち英語を始めよう

英語の文字とペンとクリップ

小学校の学習指導要綱によると、2020年から公立小学校でも3年生から「外国語活動」がスタート!つまり、小学校で英語教育が必修化したわけです。

幼児のうちから日常的にアルファベットに親しんでおけば、小学生になる頃にはすっかりマスターしているのではないでしょうか。

アルファベット表は、小さな子どもが英語に触れるひとつのきっかけになる知育玩具です。

対象年齢を参考に選ぶのもいいですが、子どもが理解しやすく使いやすいアルファベット表を使用することがいちばん大切なポイント。親子で楽しく英語教育を始めてみてくださいね!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami