保育園のお昼寝布団の選び方は?保育士からのアドバイスやおすすめ商品を一挙紹介

保育園のお昼寝布団の選び方は?保育士からのアドバイスやおすすめ商品を一挙紹介

最終更新日 2021-02-27 by smarby編集部

1歳~2歳児さんの園生活ではお昼寝があることがほとんどです。保育園の備品の簡易ベッドを使用する場合もありますが、お昼寝布団をご家庭で用意することが一般的です。では、保育園のお昼寝布団の準備はどうすればよいのでしょうか。

今回は、初めての入園に悩むパパ・ママに向けてどのようなものが良いか選び方やおすすめのお昼寝布団セットを紹介します。筆者が保育士経験から気づいたコメントなども記載していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お昼寝布団って何?ベビー布団でいいの?

赤ちゃんのときにベビー布団を購入したという人も少なくないでしょう。しかし、それをそのまま保育園でのお昼寝用のお布団として使用するのはあまりおすすめしません。ベビー布団と保育園で使用するお昼寝用のお布団は厚さや重さなどが違う別物になります。

さらに、多くの保育園で、ベビー布団はNGであることが多いのです。では、お昼寝布団とは何なのか早速見ていきましょう。

お昼寝布団は、お昼寝用の簡易な寝具!

保育園でのお昼寝の時間は昼食後から3時のおやつまでの2、3時間とそう長くはありません。短い時間での使用を考えた簡易的な寝具が「お昼寝布団」ということになります。

一方、ベビー布団は夜にしっかりと睡眠を取るための寝具なので厚みや重さがあり、保育園での使用には向きません。また、ほとんどの園では1週間に1度は持ち帰るため、お昼寝布団は持ち運びのしやすい「便利さ」が重視されます。

ベビー布団より安い!

ベビー布団というと価格帯は10,000円前後のものが多いのですが、お昼寝布団は3,000円前後のものが主流です。一般的に、お昼寝布団はベビー布団よりも安いといってよいでしょう。

入園時から長くて卒園までの期間使用することになるお昼寝布団。価格が高くても長く使えそうなものを選ぶか、気楽に購入できる安価なものでOKか、後ほど商品をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

お昼寝布団は単品より「セット」が人気!

お昼寝布団は必要なものをバラバラに購入するよりも「セット」での購入が簡単に一式揃うのでおすすめ。さまざまバリエーションがある◯点セットというものがありますよ。

例えば、4点セットでは【掛布団・敷布団・まくら・バッグ】が揃います。7点セットになると【掛け布団・掛け布団カバー・敷き布団・敷き布団カバー・まくら・まくらカバー・バッグ】がはいった豪華なセット内容に。

おすすめなのはカバーやバッグがついているもの。まくらは安全面から使用しないという園も少なくないです。掛布団だけでなく季節や園の決まりなどで、タオルケットやバスタオル、毛布を指定される場合も。園の指定に沿って、無駄のないセットを選びましょう。

【保育士のコメント付き】お昼寝布団の選び方

お昼寝布団がどういうものか確認できましたか?。次は選び方のポイントを保育士のコメント付きで解説します。

保育園規定のものを選ぶ

まず必要なのは、入園する園の指定がどのようになっているのかよく確認することです。園によって必要なものやサイズなど違いがあるので確かめておきましょう。

【保育士からのアドバイス】

収納スペースやクラスの子どもの人数、保育室の広さや安全面などからお昼寝布団のサイズが決まっているという園があります。サイズによっては買い直しになってしまうこともあるので忘れずにチェックしましょう。

また、ファスナーに皮膚や服が挟まってしまったりヒモが身体の一部に巻き付いてしまったりということを防ぐために安全面を考慮してお昼寝布団にはファスナーやヒモが取り付けられていないものを選ぶようにお願いすることもあります。

最初はセット購入がおすすめ

お昼寝布団には敷き布団や掛け布団など必要なものがいくつかありますがこれをバラバラに揃えるのは意外と大変なものです。そこで、最初は7点セットや5点セットなどのセット売りになっているものがおすすめ。敷き布団や掛け布団、カバーや枕まで付属しているものがあり1度に必要なものが揃うので便利ですよ。

【保育士からのアドバイス】

お昼寝用の布団はシーツや掛け布団など揃え始めてみると意外と必要なものが多くあります。そのためバラバラに買いそろえるよりもセットで揃えているご家庭が多い印象です。

また、お布団の見えやすい部分にお名前を書いて頂くようにお願いすることがありますが、まだ読めない年齢の子どもにはセットのお布団にすることでどれが自分のお布団なのか覚えやすいというメリットもあります。自分のお布団が分かることで「お布団でお昼寝しよう」という気持ちも出てくるようですよ。

コンパクトに収納できるか

お昼寝布団は持っていったらそれきりということはなく、頻度はさまざまでもお持ち帰りがあるはずです。雨など天候不良の日でも持ち帰りはあるので、できるだけコンパクトに収納できて軽いものがおすすめ。

【保育士からのアドバイス】

車でのお迎えというご家庭もありますが、自転車でのお迎えも少なくなく、その場合はとても苦労してお布団の持ち運びをしてらっしゃいます。

車でのお迎えなら必ずしも楽というわけでもなく、子どもを連れながらの持ち運びになるので、お布団の大きさや重さ、収納するバッグがあるかなどは購入時に考える必要があるかなと思います。

お昼寝布団に適した素材を選ぶ

普段、自宅で使用するお布団はウールや羽毛、真綿が使われたものを使用しているということもあるかもしれませんが、保育園ではポリエステルのお布団がおすすめです。

ポリエステルのお布団は軽く処分も簡単で安価でもあります。年長さんくらいになると自分でお布団を敷くという園もあるのでポリエステルのような軽い素材でできているお布団は子どもでも扱いやすいでしょう。

【保育士からのアドバイス】

実際に保育園に持ってこられるお昼寝布団は、ポリエステル素材の布団セットが多い印象です。ポリエステル素材のお布団は軽く持ち運びが比較的楽なので、お布団を子ども自身に敷かせる取り組みがある園でも扱いやすいためおすすめですよ。

また、おねしょや季節によっては汗などで濡れてしまったときも洗濯しやすく乾かしやすいためおすすめです。

洗濯方法を確認する

保育園でのお昼寝布団は洗えるものを選ぶことがポイント。おむつ漏れやおねしょをしてしまう子どもも少なくはないですし、布団がじっとり濡れるほど汗をかく子どももいます。尿や汗が染み込むことで雑菌が繁殖しやすくなってしまうため、洗濯は必要です。

【保育士からのアドバイス】

ご家庭でもそうでしょうが、子どもがたくさん集まる保育園でのお昼寝にはハプニングがつきものです。鼻血や嘔吐でお布団が汚れてしまうこともあります。特に、トイレトレーニングをする年齢では、おねしょも少なくありません。

自分の子どもの汚れならまだしも、他の子どもの汚れが付くことも考えられます。その場合園である程度処理はしますが、完璧にキレイにすることは難しいです。そのため、洗濯機で簡単に洗え、安価で処分のしやすい素材を選ぶことをおすすめします。

保育園におすすめお昼寝布団セット10選

保育園のお昼寝布団におすすめのセットを紹介します。柄やセット内容など参考にしてみてください。

1.【東京西川】洗えるお昼寝布団セット7点

布団といえばというくらいお馴染みのメーカーの西川からもお昼寝布団が発売されています。高級なイメージのある西川のお布団ですが、こちらのセットはお求めやすい4,980円。激安とはいえませんが、7点セットでこのお値段ならバラ買いするよりもお得でしょう。

厚みがありすぎるお布団は規定外なこともありますが、西川のお布団は約2~2.5㎝とちょうど良い厚み。柄も子どもが好きなお馴染みキャラクターのものが揃っています。

【セット内容】
敷き布団、掛け布団、枕、各カバー類3点、手さげバッグ
【サイズ】
敷き布団:約67×120㎝
掛け布団:約79×109㎝
【素材】
掛け布団、敷き布団、枕:ポリエステル100%
カバー類:ポリエステル65%・綿35%
【洗濯方法】
手洗い

2.【HashkuDe(ハッシュクード)】お昼寝布団セット5点

9,900円と少々お値段が張りますが、洗濯機で洗うことができるのが便利ポイント。柄もシンプルなドット柄で飽きずに長く使えるでしょう。

また、園児用の5㎝程度の厚みのあるものと赤ちゃん用の2.5㎝程度の固綿タイプがあり、入園児の年齢で選べるのも嬉しいポイントです。持ち運び用の手さげバッグは撥水加工で雨の日でもある程度の安心感がありますよ。

【セット内容】
掛け布団、敷き布団、敷きカバー、掛けカバー、通園バッグ(おまけ:アイロンネーム2枚)
【サイズ】
敷き布団:70×120㎝(園児用、赤ちゃん用同サイズ)
掛け布団:85×105㎝
【素材】
敷き布団:(側生地)ポリエステル65%・綿35%(中わた)ポリエステル100%
掛け布団:(側生地)ポリエステル65%・綿35%(中わた)ポリエステル100%
カバー類:綿100%
【洗濯方法】
ネット使用で洗濯機OK

3.【ディズニー】お昼寝布団6点セット

これさえあれば大丈夫!マストセットのディズニー柄のお昼寝布団は5,940円。ミッキーはブルー、ミニーはレッドのカラーバリエーションです。敷き布団は固綿で厚みは約2.5㎝とお昼寝布団としてはちょうど良い厚み。セット全部合わせても約1.5㎏と持ち運びしやすい軽さも魅力です。

【セット内容】
敷き布団、掛け布団、敷きカバー、掛けカバー、枕、バッグ
【サイズ】
敷き布団:70×120㎝
掛け布団:77×110㎝
【素材】
敷き布団:(生地)ポリエステル100%(詰め物)ポリエステル100%
掛け布団:(生地)ポリエステル100%(詰め物)ポリエステル100%
カバー:ポリエステル65%・綿35%
枕:生地)ポリエステル65%綿35%(詰め物)ポリエステル100%
【洗濯方法】
掛けカバー、敷きカバー、掛け布団:洗濯機OK
敷き布団、枕:手洗
バッグ:洗濯不可

4.【エムール】お昼寝布団セット5点

カバーに肌触りの良い天竺ニット素材を使用したお昼寝布団セット。キャラクターものが禁止の園も中にはありますが、それでも安心して持って行ける水玉柄と雲柄、ゾウさん柄のカバーです。敷きカバーは装着しやすいフィットシーツなのも嬉しいポイント。

【セット内容】
固綿敷き布団、掛け布団、フィットシーツ、掛けカバー、収納バッグ
【サイズ】
敷き布団:約70×120㎝
掛け布団:約90×120㎝
【素材】
敷き布団、掛け布団:ポリエステル100%
掛けカバー、フィットシーツ:綿100%(天竺ニット)
【洗濯方法】
布団本体は手洗い
カバーは洗濯機OK

5.【サンデシカ】全部洗えるお昼寝布団5点セット

丸ごと洗濯機で洗えるお昼寝布団セット。雨の日の持ち運びも安心の撥水生地のバッグ付きです。カバーはデリケートな子どもの肌にも優しい綿100%で、肌触りが良いだけでなく吸水性も高いので汗っかきでも大丈夫。

【セット内容】
敷きマット(固綿)、掛け布団、敷きマットカバー、掛けカバー、はっ水かばん、(アイロンネーム)
【サイズ】
敷きマット:約68×118㎝
掛け布団:約77×110㎝
【素材】
敷きマット、掛け布団:ポリエステル100%
敷きマットカバー、掛けカバー:綿100%
【洗濯方法】
洗濯機OK

6.【PUPPAPUPO(プッパプーポ)】洗えるお昼寝布団5点セット

敷き布団は手洗いになりますが、すべて丸洗いできるのが保育園に持っていくお昼寝布団セットとしては嬉しいポイントです。ポリエステル100%で乾きやすいのも助かります。敷き布団は固綿と柔らか綿の3層構造でしっかりとした厚みがあります。撥水キャリーバッグ付きで雨の日の持ち運びも安心。

【セット内容】
敷き布団、掛け布団、敷きカバー、掛けカバー、キャリーバッグ&ポーチ
【サイズ】
敷き布団:66×118㎝
掛け布団:75×105㎝
【素材】
すべてポリエステル100%
【洗濯方法】
敷き布団は手洗い
敷き布団以外は洗濯機OK

7.【アイリスプラザ】お昼寝布団洗えるキリン柄8点セット

(画像)

掛け布団や敷き布団はもちろん、防水シーツまで必要なものはほとんど揃う8点セット。キャリーバッグが付属されていないので、持ち運びのときは考えなくてはいけませんが、3,000円台でこの内容なら十分といえるでしょう。

5㎝と厚みがあるので厚みに関して円の規定がないか確認しましょう。デザインは、キリン、くま、ひつじのかわいらしい3種類です。ちょっと小さめサイズなので低月齢の子どもにおすすめです。

【セット内容】
掛けふとん、掛けカバー、固綿敷きふとん、フィットシーツ、防水シーツ、まくら、まくらカバー、収納ケース
【サイズ】
敷き布団:約90×60㎝
掛け布団:約100×80㎝
【素材】
掛けふとん、固綿敷きふとん、まくら:ポリエステル100%
掛けカバー、フィットシーツ、まくらカバー:ポリエステル80%・綿20% 
防水シーツ:(表側)綿80%・ポリエステル20%(パイル部分 綿100%)(裏側)ポリウレタンコーティング
【洗濯方法】
掛けカバー、フィットシーツ、防水シーツ、まくらカバーは洗濯機OK
掛けふとん、まくらは手洗い
固綿敷きふとんはクリーニング可

8.【topcharme(トップチャーム)】ベビー布団洗える3点セット

とりあえず必要なものが揃う3点セットです。カバーなしでもかわいい柄があるのが特徴。もちろん、カバーを買い足して使用してもOKです。固綿の敷き布団は低月齢でも安心して使用でき、洗濯機での洗濯も可能です。

【セット内容】
敷き布団、掛け布団、収納バッグ
【サイズ】
敷き布団:70×120㎝
掛け布団:80×120㎝
【素材】
ポリエステル100%
【洗濯方法】
すべて洗濯機OK

9.【10mois(ディモワ)】おひるね布団セット

掛け敷き布団、カバー、ポータブルバッグと必要なものが揃ったセット。敷き布団も洗濯機OKでしっかり洗えて清潔を保てます。適度な固さがあるので低月齢からの使用も安心。カバーは肌触りの良いダブルガーゼなので、デリケート肌にも優しいのが嬉しいポイントです。

【セット内容】
敷き布団、掛け布団、敷きカバー、掛けカバー、ポータブルバッグ
【サイズ】
敷き布団:約70×120㎝
掛け布団:約90×120㎝
【素材】
掛け敷き布団カバー:コットン100%
敷き布団:(側生地)ポリエステル65%・コットン35%(中綿)ポリエステル100%
【洗濯方法】
すべて洗濯機OK

10.【サンデシカ】はじめてママのお悩みを解決するミニ布団5点セット

ママたちの声から生まれた無駄のない5点セットのお昼寝布団。すべて洗濯機で洗うことができるのも、忙しいときにはとても便利。敷き布団は厚さ2.5㎝のマット2枚重ねなので、別々にすれば乾きも早く大助かり。ただし、キャリーバッグがないので、別に用意する必要があるかもしれません。

【セット内容】
敷き布団、掛け布団、フィッティングシーツ、掛けカバー、枕
【サイズ】
敷き布団:約60×90㎝
掛け布団:約70×85㎝
【素材】
敷き布団:ポリエステル100%
掛け布団:ポリエステル100%
フィッティングシーツ:綿100%
掛けカバー:綿100%
枕:(側生地)綿100%(詰め物)ポリエステル100%
【洗濯方法】
すべて洗濯機OK

安いお昼寝布団セットが助かる!おすすめ4選

入園準備にはなにかとお金がかかるもの。できるだけお安く揃えることができるとありがたいと思うご家庭も少なくないでしょう。ここからは、お昼寝布団セットを安く買えるお店と商品を紹介していきます。

1.ヒラキ

靴の販売を中心に、衣料・日用雑貨品などを販売しているヒラキ。公式サイトでプチプラお昼寝布団を発見!枕、掛け布団、敷布団、お昼寝布団収納バックなど7点セットでなんと2,178円(税込)というとにかく安いびっくり価格です。

(2021年2月現在セール中)ただし、敷マットなどが薄いという口コミもありました。いざという時の替えにおすすめです!

2.バースデイ

バースデイもしまむらグループの一つですが、ここでもプチプライスなお昼寝布団を購入できます。掛布団、敷布団、布団収納バッグ、枕、各種シーツ、全てが揃った7点セットです。シンプルな柄なので、キャラクター禁止など保育園に規定があっても対応できます。

7点セットの価格は、5,269円(税込)です。このセットだけで完璧に揃うのでお得で便利!

3.西松屋

子ども用用品でプチプライスといえば西松屋は忘れてはいけないでしょう。こちらの商品は、子供が大好きなディズニー柄で男の子用、女の子用がそれぞれ用意されています。枕、敷布団、掛布団、カバー各種、布団収納バッグが揃った7点セットで、4979円(税込)は、かなりお得。おすすめです!

<男の子向け>

<女の子向け>

4.眠りの部屋

お昼寝布団セットのようなかさばるものはネットショッピングで済ませたいというご家庭もあるでしょう。そこで紹介するのが、楽天市場で1位を獲得する人気商品が寝具ショップ「眠りの部屋」のオリジナルお昼寝布団7点セット。送料無料で2,980円は7点セットはかなりお買い得。

ゆったりサイズの手提げバッグはお布団の出し入れも楽々です。カバーは寝相の悪い子どもでもずれにくい仕様で人気なのも納得です。

お昼寝布団セットを携えて、いざ保育園生活開始!

入園グッズの1つであるお昼寝布団セットがどのようなものか確認できたでしょうか。園から指定されているサイズなどの条件を確認し、必要なものの見落としがないように用意しましょう。保育園生活の一部であるお昼寝が充実するように気に入ったお布団を見つけてくださいね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami