【レディース用ラッシュガード】人気ブランド15選&UVカット率など選び方まとめ

【レディース用ラッシュガード】人気ブランド15選&UVカット率など選び方まとめ

最終更新日 2021-05-27 by smarby編集部

今どきレディースラッシュガードはバリエーション豊富!
ファッション系もあれば、サーフ系ブランドもあって、形もいろいろ。
ラッシュガードは、紫外線対策や体型カバーにも大活躍
水着とセットものだってある!迷う!

そこで、今回は人気のブランドとおすすめアイテムを厳選してご紹介します。
また、ラッシュガードを選ぶ時のポイント(UVカット率や速乾性など)についてもまとめました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ラッシュガードとは?

夏の太陽を長時間浴びると体に負担をかけることになります。
熱中症になる場合も。
ラッシュガードは紫外線対策にとても効果的!フード付きの場合は熱中症防止にも。
また、体型カバーとしても活躍してくれるアイテムなんです。

その他に、擦り傷などのケガから守ってくれる役割があります。

ラッシュガードを【選ぶポイント】は?

ラッシュガードを選ぶ時に、まず大事なことはその機能性を確認しておくことが大切。

日焼け防止、すり傷防止など、本来の着用目的に適した機能性をもつラッシュガードを選ぶようにしましょう。

UVカット率・UPF数値が高い

UPF15〜24  ◯いいね〜(Good protection)
UPF25〜39  ◎すごくいいね〜(Very Good protection)
UPF40〜  💮最高!(Excellent protection)

ラッシュガード着用の最大の目的が「日焼け対策」の場合、UPF表示の有無、数値の大きさにも着目しておきましょう。

「UPF」とは世界共通のUVカットの世界的基準値で、紫外線保護指数を表しています。
数値が大きいほど紫外線の影響を受けにくくなります。
例えば「UPF50+」のラッシュガードは、何もしていない状態の50倍、紫外線の影響を受けません、という意味になります。

紫外線が強い南の島などに行かれる際や、野外での活動が長い場合などは、数値も高めのものを選んだほうが無難です。

ラッシュガードのUPF表記
▲筆者私物のラッシュガード(白・半袖/黒・長袖)も確認したところ、ラッシュ生地にUVカットに関する表記がありました。
白い方は「UPF50+」黒い方は見にくいですが、「UVA/UVB PROTECTION」との記載あり。
(※UVA…紫外線A、UVB…紫外線B)

購入時に品質表示の下げ札や、生地でUVカット機能について確認するようにしましょう。

速乾性がある

濡れた状態のラッシュガードって実はけっこう寒いです。
できるだけ早く乾く素材を使用したものを見つけられると便利&快適に過ごせます。

吸水速乾」と記載のあるかどうかチェックしてみましょう。

日焼け対策なら【ダークカラー】がおすすめ

白色は太陽の光を反射してしまうことがあります。
そのためホワイト系のラッシュガードを着ると、反射した太陽の光が顔に当たってしまうことに。
日焼け対策用としてラッシュガードを購入する際は黒や紺などのダークカラーがベスト

また、薄い生地だと紫外線が入り込んでしまうので厚手の生地がおすすめです。

プールで使うなら【耐塩素機能】のあるラッシュガードを

プールには塩素が含まれています。
プールでラッシュガードを着る機会が多い場合は、できるだけ「耐塩素機能」のあるラッシュガードを選びましょう

ラッシュガードを【種類別】に紹介

ラッシュガードにはいろんな種類があります。その特徴を見てみましょう。

1.プルオーバーラッシュガード(長袖/半袖)

かぶるタイプのラッシュガードです。長袖が主流ですが、半袖タイプもあります。

おすすめはこんな人

ずばり泳ぐ人やマリンスポーツ・アクティビティをガッツリする人向け。日焼け対策はもちろん、水中での擦り傷防止などにもひと役買ってくれます。UPFも高めのものを選びましょう。

あまり水中に入らず、浜辺やプールサイドでゆっくり過ごすという人には不向き(というより後ほど紹介するラッシュパーカーのほうが最適)です。

選び方のポイント

体にフィットしたものを選びましょう。ゆったりしたサイズを選んでしまうと空気を含み、水中で動きづらくなります。レディースの場合、水着の上から着用するものなので、できれば水着の上から試着するのが望ましいです。

プルオーバータイプは着脱が若干手間なので、気になる方は前開きのジップタイプを選択しましょう。

半袖よりも長袖の方が日焼け対策・擦り傷防止、どちらの観点でもメリットが大きいです。

2.ラッシュパーカー(普通丈・ロング丈)

最近のレディースラッシュガードで特に人気が高いのが、パーカータイプ。「ラッシュガード」に分類されてはいますが、どちらかというと「日焼け対策」+「体型カバー」の意味合いが強い、水辺のファッションアイテムです。

おすすめはこんな人

主に砂浜や浅瀬、プールサイドで過ごす人向け。バリバリ泳がない人向け。

体にフィットしすぎないふんわりデザインが多く、ロング丈なども出ているため、日焼け対策をしつつ、かわいく体型カバーしたい人向け。ただし、水中に入ると生地が体にまとわりつき、大変泳ぎにくいです(泳ぎが苦手な場合、特に危険)。そして、濡れた生地は体に張り付くため、逆に体型を強調してしまうことも。注意が必要です。

選び方のポイント

日焼け対策がメインのラッシュパーカーですので、UVカット機能は必ず確認しましょう。ラッシュパーカーはフード付きですので、見逃しがちな首や頭頂部の日焼け対策にも効果的。さらに徹底するのであれば袖にも着目して、手の甲部分まで覆うことが出来る、指穴つきタイプをセレクトしましょう。

腰回りやお尻をカバーしたい人はロング丈を選ぶと安心感があります。デザインは手持ちの水着とのバランスを考えつつ、お気に入りを選べばOK。

3.水着とセットタイプ

最近では、ラッシュガード(ラッシュパーカー)と、水着が一緒になったセットタイプも増えています。水着・ラッシュガードのほか、レギンスやパンツ、ミニスカートなどが含まれることも有り、お得度高め。

おすすめはこんな人

基本的にラッシュパーカー同様、日焼け対策や体型カバー・ファッション性を重視したアイテムが多いので、バリバリ泳がない人向け

低価格で一式そろえたい人や、妊娠・出産を経て、気がつけばトレンドや体型が変わっていた…というママにも。始めから水着とコーディネートされているので、センスに自信がない人にも喜ばしいアイテムです。

選び方のポイント

単体で販売されている水着より補正効果がなかったり、ラッシュガード・パーカーのUVカット機能が低いものも中にはあります。自分が求める紫外線対策機能が備わっているか、体型カバーが叶うか、きちんと確認するようにしましょう。

4.ラッシュレギンス・ラッシュトレンカ

水中でもOKのラッシュレギンスやトレンカは、ママ世代からも人気が高いアイテムです。下半身は上半身に比べて水に浸かっている時間も長いので、日焼け止め効果が維持できているのかちょっと心配になることも。ラッシュレギンスならそんな不安・心配も払拭してくれるので心強いこと間違いなし。

おすすめはこんな人

足を露出するのに抵抗がある人。足先までしっかり日焼け対策を施したい人向け。

選び方のポイント

足のケガ防止、紫外線対策に着用するのであれば、やはり足の甲やくるぶしまでしっかり覆うタイプを選びましょう。足の甲に引っ掛けるトレンカタイプだとめくり上がってくる煩わしさなども無くてgood!

【人気ブランド】16選&おすすめラッシュガード

それでは、有名な海外ブランドからプチプラブランドまで幅広くご紹介します。

1.ROXY(ロキシー)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ROXYさん(@roxyjapan)がシェアした投稿

ハート型のロゴが目印の【ROXY(ロキシー)】は1990年にアメリカで誕生。
ビーチカルチャーとアクティブライフスタイルを愛する女性のためのブランドで、水着・サーフ・スノー・フィットネスウェアなどを手がけています。

水着やラッシュガードはもちろん、海やプールにもよく似合うワンピースやビーチサンダルなども充実。

ラッシュガードはTシャツタイプからワンピース、ジップ、レギンスと多様。柄も無地からボタニカルデザインまで幅があり、意外とどんな年代でも選びやすい印象です。

海外や暑い日差しの時に颯爽と着こなしたい、涼し気なボタニカル柄ラッシュ。UPF50+ですから紫外線対策もバッチリ。
インパクト大の柄トップスに視線がいくので下半身から目をそらす効果も。

サムホール(指ぬき穴)あり。

シンプルなデザインの半袖ラッシュガードは、どんな水着とも合わせることができます。
ハイネックなので首元までしっかり紫外線を防いでくれます。

2.Hurley(ハーレー)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

hurleyさん(@hurley)がシェアした投稿

サーフィンを中心としつつもサーフの域にとらわれず、音楽やアートなどを含めたサーフカルチャーを包括的にサポートする【Hurley(ハーレー)】。

今回ご紹介しているサーフブランドの中では一番「甘すぎない」、「大人っぽい」デザインを見つけやすいブランドです。ママ世代にもおすすめ。

サーフブランドらしいFLOREETAH柄。
ゆったりした着心地で、紫外線カット率は最高値のUPF50+。フードをかぶることで首元や顔の日焼けも完全にシャットアウト!
袖口と裾のカフでフィット感もアップしています。

胸元に【Hurley】のロゴがプリントされた半袖のラッシュガード。
Tシャツのようなデザインで、体型カバーにもぴったり。
海やプールの他に、フェスやキャンプ何度のアウトドアにもおすすめです。

3.Rusty(ラスティ)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rustyjapan_photographさん(@rustyjapanofficial)がシェアした投稿

アメリカ・カリフォルニア発のサーフブランド【Rusty(ラスティ)】。オーストラリア、アメリカ、ブラジル、ヨーロッパ各国でも展開中のグローバルブランド。ターゲット年齢が低めなので、元気でPOPなデザインが多く、お値段も手頃感あり。

胸元とバックに可愛いニコちゃんマークがついた長袖ラッシュガード。
取り外し可能なソフトカップがついており、このラッシュガード1枚だけで水着として着ることもOK!

白地にピンク色で【RUSTY】ロゴが入った半袖のラッシュガード 。
被りタイプになっており、サーフィンやダイビングにもおすすめです。

4.RIP CURL(リップカール)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rip Curl Japan officialさん(@ripcurl_jpn)がシェアした投稿

1969年にオーストラリアで生まれた【RIP CURL(リップカール)】は、今では世界のリーディングサーフブランドへと成長。

人気ブランドだけあって、ラッシュガードもバリエが豊富。タンクトップタイプやショート丈、ボレロ風、Tシャツタイプもあるので、ちょっと人と差をつけたい場合にもおすすめ。

無地のカラーにサイドのプリントがアクセントになったラッシュガード。
UPF50+の高いUVカット機能を備えており、紫外線対策もバッチリ。
水陸両用のため、ランニングやフィットネス用としても大活躍。

さりげないブランドロゴだけのデザインが逆に新鮮なプルオーバーラッシュ。
ブランド感を全面に押し出していないので、シンプル好きさんにも受け入れやすいデザインです。

5.BILLABONG(ビラボン)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#BillabongWomensJapanさん(@billabongwomensjp)がシェアした投稿

サーファーによるサーファーのためのブランドとしてオーストラリアで誕生した【BILLABONG(ビラボン)】。
水着・サーフウェアのほか、アパレルも展開し、広く愛されるスポーツカジュアルブランドへと進化を遂げています。

光沢を抑えた上質の吸水速乾スムースを使用したラッシュパーカー。ポケット部分やロゴ部分がカラー使いになっていたり、色によって微妙にデザインのディテールが異なるので、そこもよくチェックしてみて。もちろんUPF50+の実力派。 

ハイネックなので首元までしっかりUVカットする長袖ラッシュガード。
前裾裏にループがついており、サーフパンツの紐に通すことで裾がめくれ上がるのを防いでくれます。

6.OceanPacific(オーシャンパシフィック)

サーフブランドの老舗【OceanPacific(オーシャンパシフィック)】。
サーフギアブランドとして誕生しましたが、今ではサーファーに限らず、おしゃれに敏感な若い層向けにカリフォルニアスタイルを発信しています。

柔らかくしなやかなマイクロメッシュを使用した程よいストレッチ感で、着心地も抜群のラッシュガード。
フードなしのジップアップタイプですが、ハイネックなので首元を日差しからきちんと保護。UPF 50+で手の甲までフルカバーしてくれます。

リーフ柄を全体にプリントした人気のデザインのながぞでラッシュガード。
フードもついているので灼熱の太陽から頭もしっかりガードしてくれます。
ゆったりとしたシルエットで体型カバーとしてもおすすめ。

7.VOLCOM(ボムコム)

アメリカのスケートボード・スノーボード・サーフボード向けに誕生したファッションブランドの【VOLCOM(ボムコム)】。
ミュージシャンやアーティストといったクリエイターたちをサポートし、今では世界115カ国で商品を展開するまでに成長。
ベーシックなアメカジを中心としたコレクションで人気があります。

体にピッタリとフィットするデザインの長袖ラッシュガード。
ファスナーがあるので着脱も簡単にできます。
女性の美しいラインを引き立ててくれます。

フェミニンなカラーにタイダイ柄が目を引くラッシュガード。
海やプール、ビーチサイドなのでも映える1枚!
両腕にプリントされたイラストがクールな印象も引き出しています。

8.FILA(フィラ)

日本でも有名なスポーツメーカーの【FILA(フィラ)】。イタリアの兄弟によって誕生し、創業してからすでに100年以上。
テニスプレーヤーなどが試合でFILAのウェアを着用したことで、「ちょっとおしゃれ」なスポーツウェアと認識されるようになり、人気に火がつきました。

ハイネック&フード付きでしっかり紫外線から守ってくれる1枚。
腕に横にはFILAのロゴが入っているので海やプールなどでクールに着こなせること間違いなし。
2way方向によく伸びるストレッチ素材なので着脱も簡単。

ショートパンツと10分丈レギンスがセットに。
ショートパンツの紐にはFILAのロゴが入っておりオシャレ!そのまま海やプールに入ることもOK!
たくさん汗をかくホットヨガやサップヨガにもおすすめです。

9.Reebok(リーボック)

フィットネスやランニングなどのスポーツウェアで有名なドイツのスポーツブランド【Reebok(リーボック)】。
現在は、ランニングカテゴリを中心にアパレルからシューズまで幅広いアイテムを取り揃えており、レディースにも人気があります。

スタイリッシュなスムース無地パーカー。
袖口の指穴もあり、手の甲までしっかりガードしてくれます。
水に濡れてもすぐに乾くポリエステル素材でUVカットもばっちり!
バーベキューなどのアウトドアや子どもの運動会など、いろんなシーンで大活躍してくれる1枚。

フードなしの長袖ラッシュガードはこちら。
ファスナーテープ部分のグラデーションカラーがアクセント。
UVカット加工で強い紫外線をシャットアウトし、冷え感も軽減しています。

10.UNITED COLORS OF BENETTON(ベネトン)

1965年にイタリアで誕生したカジュアルブランド【UNITED COLORS OF BENETTON(ベネトン)】。
鮮やかなカラーと洗練されたデザインが魅力的。
ベネトンカラーのアイテムを見ているだけで元気にさせてくれます♪

淡い色合いが目を引く長袖のラッシュガード。
接触冷感、吸水速乾、UVカットと機能性もバツグン!
山でも大活躍してくれます。

ワンカラーに胸元のロゴマークがアクセントになった1枚。
薄くて軽いので持ち運びも楽ちん!
UPF50+UVカット加工がされているので、紫外線対策もバッチリです。

11.sea dress(シードレス)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sea_dressさん(@seadress_official)がシェアした投稿

sea dress(シードレス)】はプチプラブランドとして人気が高い「titivate」や「ur’s」の姉妹ブランド。トレンドを押さえたファッショナブルな水着・スイムウェアが比較的リーズナブルな価格で入手できます。

まるで洋服の様な見た目のおしゃれなラッシュガード。
ゆったりとしたデザインなので、日焼け防止だけでなく体型カバーを叶えてくれるトップス。

速乾性&伸縮性のある素材なので、着た状態で海やプールに入ることもできます。

フロントジップタイプの長袖ラッシュガード。
両サイドには便利なファスナー付きポケットもあります。
レジャーやフェスなどで活躍知ってくれる1枚。

12.TeddyShop(テディーショップ)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TeddyShopさん(@teddydaayo)がシェアした投稿

定番からトレンドまで、幅広い水着・ラッシュガードを取り揃える通販ブランド。水陸両用のレギンスや、キッズ・メンズまで充実のラインナップになっているので、家族分を揃えることも可能!
1000円以下のアイテムもあって、かなりお手頃。

しっかり日焼け対策できる「UPF50+」のラッシュガード。
見た目も大人っぽく、かつ体型カバーもできるので、とても人気があり高評価を得ているアイテムです。
カラーも全9色あるため、他店にはあまり見かけないような色にも出会えるかも。

水着の下に履けるトレンカは、1枚持っていると心強いアイテムです。生足を露出することに抵抗があるママや、レッグラインに自信がない方はぜひトライ。UPF50+で紫外線カット率も95%以上。
海やプールに行くまでのタウンユースとしてもおすすめです。

13.Angel Luna(エンジェルルナ)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

水着セレクトショップAngel Lunaさん(@angelluna.shop)がシェアした投稿

水着セレクトショップ【Angel Luna(エンジェルルナ)】の魅力は、セットアイテムが充実しているところ。
水着&ラッシュガードのセットや、ラッシュガードの上下セットなど、組み合わせもたくさん。しかもリーズナブルプライスでお財布にもやさしい!
体型カバーにももってこいのラインナップですので要注目です。

無地と柄の切り返しデザインで着痩せ効果バツグンの4点セット。
全部で17種類のデザインがあるので、お気に入りの一点を見つけてみてくださいね。

フレア風のポンチョ型ラッシュガード。
水着の上からゆったりと着ることができるので体型カバーにももってこいの1着。

14.【Tao Tech(タオテック)】

スキー・スノーボードなどのアウトドア用品を取り扱う【Tao Tech(タオテック)】からラッシュガードが誕生。
使い勝手の良さに女性らしいシルエットが魅力的。

紫外線やクラゲ対策にもバッチリな3点セット。
トップスにはふかふかの厚手パットが入っているので、美しいバストラインを演出してくれます!

UVカット加工もしっかりと施されており、着ているだけで紫外線をカット。
水陸両用なのでフィットネスにもおすすめの1着。

15.【HeleiWaho(ヘレイワホ)】

HeleiWaho(ヘレイワホ)】は、「外に遊びに行こう!」を意味するハワイの言葉。
ダイビングやサーフィンのインストラクターでもあるクリエイターがデザインを手掛けています。
ハワイらしいデザインに心もゆったりリラックスできますね。

ファスナー付きなので簡単に着脱できる1枚。
吸水速乾でストレッチ素材のラッシュガードは水陸両用で使うことが可能。
美しいシルエットにこだわったデザインなので、おしゃれに着こなせること間違いなし!

着心地の良さと運動機能にこだわったラッシュガード。
海やプールのほか、サーフィンなどハードに動くマリンスポーツにもおすすめです。

今年の夏は人気ブランドのラッシュガードをおしゃれに着こなそう!

ラッシュガードを着て海を眺める女性

いろんなブランドのラッシュガードが登場しましたが、参考になりましたか?
ぜひお気に入りを見つけて、お肌を守りながら、楽しい夏を過ごしてくださいね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami