スイマーバはいつからいつまで使える?対象年齢や使い方、注意点をチェック!

スイマーバはいつからいつまで使える?対象年齢や使い方、注意点をチェック!

最終更新日 2021-04-27 by smarby編集部

赤ちゃんの首やボディにつけてベビースイミングを楽しむスイマーバ。生まれて初めてのエクササイズに使えるスポーツ知育グッズとして人気を博していますが、安全に使うためには対象年齢と正しい使い方を理解する必要があります。

これから購入を考える方や、もう一度きちんと基本を覚えたいママはぜひ一読を。いつからいつまで使えるのか?の疑問にもレビューとともに迫りますよ。

わが子用にはもちろんプレゼントにもおすすめなスイマーバ、安心安全な環境で使ってわが子とのスキンシップを楽しんでくださいね♪

Contents

スイマーバとは? 

スイマーバとは、赤ちゃんが生まれてはじめてのエクササイズをすることを目的にイギリスで開発された、浮き輪型のスポーツ知育用具のこと。イギリスで発売されて以来、世界中でのママから支持されています。

羊水の中で過ごしていた記憶が鮮明なうちに、水の感覚や浮いている感覚に親しむと水への抵抗や恐怖心がなくなるのだとか。

スイマーバをつけて水の中で手足をバタバタさせたり、浮かんだりしているうちに、水中での動き方を自然と学ぶことができるとされています。また、バランス感覚の促進や、好奇心をはぐくむ効果が期待されています。

デザイン&着けている赤ちゃんの姿がかわいい!

スイマーバのデザインはとてもキュートで、その種類も豊富!スイマーバをつけてぷかぷかと浮かんだり、手足をバタバタさせたりする姿がかわいいと話題にもなっています。インスタグラムを見ると世界中の赤ちゃんがスイマーバを楽しんでいる姿を見ることができますよ。

水に浮かんで楽しむ赤ちゃんとの時間は、素敵な親子のコミュニケーションにもなりますね♪

赤ちゃんの興味を引く鈴入り! 

スイマーバには鈴が入っていて、装着して手足をバタバタしたり、水の中でぐるぐる回ったりすると鈴が鳴る仕掛けになっています。透明な部分からカラフルな鈴がちらりと見えてとてもかわいらしいですよ。

赤ちゃんは楽し気な鈴の音を聞いてご機嫌♪もっと鈴の音を鳴らそうと、いっそう体を動かしてくれるかもしれませんね。 

安心の二重構造 

浮き輪部分が上下2層式になったタイプは、空気を入れるバルブが 2カ所あり、万が一どちらかが破れて空気が漏れても、急激に沈む心配がありません。大切な赤ちゃんにつけるものだからこその嬉しい配慮ですよね。(だからといってもちろん使用中に目を離すのは厳禁です!)

使用する前に水の中で60秒くらい沈めて空気が漏れないか確認して使用すると安心できます。 

赤ちゃんが安心する?ハンドル付き 

スイマーバについた2つのハンドルは、赤ちゃんが掴むことができる設計に。捕まることで、リラックスできる赤ちゃんもいるのだとか。

取っ手がなくても赤ちゃんは手をぶらぶらさせながら泳ぎますが、取っ手を握ることで安定して泳ぐことができます。プールなどで使用するときは、取っ手があると持ち運びしやすいですね。 

スイマーバはいつからいつまで使えるか 

赤ちゃんとクエスチョンマーク

後にスイマーバのラインナップとともに対象年齢も記載しますが、具体的には、

首リングは、スイマーバに顎が乗る頃(首がすわる前からOK)〜体重11kgまで。

ボディリングは、6ヶ月以上で腰がすわってはいはいや寝返りができる頃〜4歳まで(ベビーサイズは2歳まで)。

対象年齢は目安とし、お子さんの成長を見極めて使用開始と卒業時期をパパママが判断してくださいね。

充実のラインナップ!スイマーバの種類について 

スイマーバの商品ラインナップは首につける首リングタイプと、胴まわりに着用するボディリングの2種類。その中でもサイズ別にわけられていますよ。

サイズと対象年齢とともにご紹介します。 

小さめベビー向け「 swimava(スイマーバ)うきわ首リング プチ」 

小さく生まれた赤ちゃん用の「プチ」。

レギュラーサイズが首回り約29㎝に比べ、約26㎝と小さめに作られている上ので、首が抜けてしまう心配があるベビーにはこちらがおすすめ!

上下2層式構造と、握りやすいハンドルつきで機能的で安心!かわいいデザインと赤ちゃんが喜ぶ鈴入りで楽しいエクササイズになりそうですね。 

【商品詳細】
首回り:約26cm
内径:約8cm
対象年齢・重量:生後18ヵ月かつ、体重11Kgまで

一番メジャーで人気のサイズ「swimava(スイマーバ) うきわ首リング レギュラー 」

 一番人気のレギュラーサイズはデザインの多さが魅力です!トイザらスなどの店舗限定や、季節感たっぷりの数量限定アイテムの登場もあるので常に目が離せません。

購入前に取り扱い店舗をネットパトロールや問い合わせするなどして、その時期ならではのアイテムが販売されていないか確認することをおすすめします♪

イギリスでは、ユニークなベビー用品に送られるTIPS Innovation Awardを受賞。安全にも配慮されています。

【商品詳細】
首回り:約29cm
内径:約9cm
対象年齢・重量:生後18ヵ月かつ、体重11Kgまで

首リングを卒業したら「swimava(スイマーバ) ボディリング ベビーサイズ」  

胴回りにフィットするボディリングタイプのスイマーバです。ふっくらタイプのベビーや、首リング卒業後のある程度成長しているベビーにはこちらがおすすめ。水に浮かんで遊ぶことで、バランス感覚を養い、浮力に支えられながらエクササイズができます。

筆者の息子はふっくら大きくある程度成長していたのでこちらを使っていました。安定感があって動きやすいのか、足でバスタブを蹴ったりと活発にはしゃいでいました。ハイハイやあんよなど動きが活発になったらこちらのボディリングタイプが◎ですよ。 

【商品詳細】
胴回り:約48cm
対象年齢:6カ月〜2歳頃

プレスイミングをスタートするのにおすすめ「swimava(スイマーバ) ボディリング キッズサイズ」

キッズサイズのボディリングは、本格的なスイミングを始める前の練習として使うのにおすすめ。ベビーサイズのボディリングが小さくなったら、ぜひこちらに移行しましょう。

脇の下でしっかり固定できるから、安定感があって動きやすい!水への恐怖感を持つことなく、スイミングを楽しいと感じるようになるでしょう。縦長デザインは、腕が自由に動かせて水をかきしやすく、泳ぎにシフトするスイミングの導入に最適ですね。 

【商品詳細】
胴回り:約52cm
対象年齢:2歳〜4歳

スイマーバを使用しているママのリアルな口コミを紹介! 

ママと赤ちゃん

スイマーバのそれぞれのラインナップを理解したところで、ここからは実際に使用しているママのリアルな口コミを紹介します。商品についていろいろ調べてみても、やっぱり一番参考になるのは、実際に購入して使っていた人の生の声ですよね。

使ってみてどうだったのか、うちの子の場合はどのタイプが適していそうか、ぜひ参考にしてみてください!ちなみに「ママの声①」はすべて筆者のリアル知人ママの生の声です。

首リングプチ使用ママ

スイマーバを安全に使用するためにもフィット感は大切です。サイズが合っていないと赤ちゃんも嫌がってしまいます。小さめベビーだったり、赤ちゃんが水を心地よく楽しむことができるよう早くからスイマーバを使用したい人は、首リングプチがおすすめです。

水への抵抗感や恐怖心がなく育てるのには、羊水で過ごしていた記憶が新しいうちからスイマーバを使用する方が効果的だといわれています。プレスイミングのよさを実感するためにも赤ちゃんに合ったスイマーバを用意してあげたいですね。

 【ママの声①】

2400gと少し小さめで生まれた我が子。レギュラーサイズは合わなさそうだったのでプチを使用したところ問題なくフィット!

ご機嫌にゆらゆらとお風呂で揺られて気持ちよさそうにしていました。その後すぐにすくすくと大きく成長したので1ヶ月使ったかどうか…というところでしたが、首回りが明らかにキツくなった頃にレギュラーへ変えました。

出典:筆者から周りのスイマーバ使用ママへのインタビュー

 【ママの声②】

レギュラーサイズを始めに買いましたが、生後3ヶ月たってもアゴが、乗らず。早くスイマーバを使いたくて小さいサイズを購入しました。まだ使えそうなので始めから小さいサイズ購入すれば良かったと思いました。

出典:楽天みんなのレビュー

首リングレギュラー使用ママ

首リングのレギュラーサイズはデザインも豊富で、一番メジャーなタイプのスイマーバです。売り切れてしまうデザインもあるほどの人気なものも。スイマーバデビューをするのに適したサイズで作られています。

水に慣れて浮く感覚が早くから身についてよいと評判のスイマーバ。お風呂でのエクササイズのおかげでぐっすり眠るようになったという声もありますよ。夜、赤ちゃんがなかなか寝てくれない…と悩むママにもおすすめです。

【ママの声①】

説明書通り顎が乗るくらいから使用しました。成長とともに動きが激しくなって、足で風呂釜を蹴ってあちこちに漂って落ち着きがなくなり、見ていて抜けないかハラハラしてきたので首リングを卒業しました。

出典:筆者から周りのスイマーバ使用ママへのインタビュー

【ママの声②】

2ヶ月になったばかりの我が子に。使い方も簡単で、着けた姿も可愛くて満足です。初回は戸惑っていましたが、少し手足をバタバタもさせていたので今後が楽しみです。

出典:楽天みんなのレビュー

ボディリングベビーサイズ使用ママ

寝返りやハイハイを始めて動きも活発になると、首リングも卒業の時期。首が苦しくなってくる赤ちゃんもいるようです。ボディリングに移行することで、赤ちゃんもより活動的に楽しめるでしょう。

赤ちゃんが大きくなると、首より脇で固定する方が、安定感があるようです。ママとしても赤ちゃんの動きが激しくなってくると、首で浮いているより通常の浮き輪に近い形で浮いていてくれた方が安心ですよね。

ボディリングにしたいけれど、輪からすり抜けそうな赤ちゃんには、ボディリングのベビーサイズがおすすめですよ。

【ママの声①】

動きが活発になって、バスチェアのような固定型だとぐずるためスイマーバを導入。時に嫌がる時もあり様子を見ながら使用してきました。

立てるようになると体に装着するのを嫌がるようになったので、成長とともに月齢10ヶ月くらいで自然と卒業しました。

出典:筆者から周りのスイマーバ使用ママへのインタビュー

 【ママの声②】

赤ちゃんが喜んで、毎晩寝る前に使って運動させます。肩が出しているので、首のタイプのより安定します。

出典:楽天みんなのレビュー

ボディリングキッズサイズ使用ママ

スイミングを始めるときの練習用やエクササイズとしての効果はもちろん、雨の日などで外遊びができなかったときの運動にも活躍です!ぷかぷか浮かびながら自分でバランスを取ろうとしているので、いろいろな筋肉や感覚が養われそうですね。

屋外プールでにおでかけする際にも、コンパクトして小さなポーチに収納できるので、持ち運びしやすいという声も!2歳ごろ、体重15キロまで対応しているので、長く使えるでしょう。 

【ママの声①】

ずっと気になりつつ使ってこなかったスイマーバ。娘のスイミングスクール入会検討をきっかけに、ボディリングのキッズサイズを2歳7ヶ月の頃に購入しました。

水に浮くという感覚がうまく掴めず、最初は怖がっていましたが無理せず短時間から慣らして5日もする頃にはすっかりスイマーバのとりこに♪

おかげで現在スイミングも楽しく通えています。すっかりお喋りが上達した頃に使っていたので自分から「もういらなーい」というまで約半年間使っていましたよ。

出典:楽天みんなのレビュー

 【ママの声②】

スイスイ楽しそうに使ってます。なんだかとってもいい遊びができてお風呂が楽しそうです。

出典:楽天みんなのレビュー

スイマーバで得られる効果

スイマーバをつけた赤ちゃん

イギリス生まれのスイマーバは、赤ちゃんの全身エクササイズを目的として開発されました。本国で発売以来世界中でたちまち大ヒット!安全な首浮き輪として、アクアアクティビティやベビースイミングなどで愛用されています。
赤ちゃんにとって下記のようなプラスの影響を与えてくれますよ。

セラピー効果

ママのお腹で羊水に包まれていた環境に似ている揺らめきと浮遊感で、赤ちゃんに安心感を与えて落ち着かせる効果が期待できます。

生まれて間もないベビーは羊水に浮かんでいた記憶があるそうですよ。神秘的で素敵なエピソードですよね。

バランス感覚を養う

浮力が働く水の中は全身の感覚を刺激。ベビーの筋肉や関節の基盤を作り出して、成長を促します。

全身運動

水中で手や足をバタバタと動かすことにより身体中を使って運動!自由に動ける感覚は生まれて間もない赤ちゃんにぴったりです。

夜よく寝てくれるようになったとの意見多数で、同時に安眠効果も得られるようですよ。

規則正しい生活習慣が身につく

なるべく毎日決められた時間にスイマーバを利用して習慣づけましょう。おすすめはお昼寝や夜のおやすみ前に使ってエクササイズさせること。プレスイミングの遊びの後に就寝の流れを作ると、ママの育児が楽なものに変わってきます。

親子のコミュニケーションが楽しめる

水中でのふれあいで親子のスキンシップを図ることによって、充実したコミュニケーションタイムを過ごすことができます。

また、水に親しむことによって恐怖感や抵抗を拭い去って自然と水中への順応性を高める効果もありますよ。

皮膚感覚を刺激して発達を促す

水中で得られる皮膚感覚の刺激によって大脳皮膚であるニューロンが活性化して、神経細胞を繋ぐシナプスと呼ばれるネットワークが形成されて知能が発達していくとされています。

水で肌を刺激し、ママと肌と肌が触れ合うことによって赤ちゃんの体と脳が鍛えられていくのですね。まだ視力が未発達な赤ちゃんは肌に受ける刺激によって様々なことを学んでいきます。

スイマーバの使用方法

正しい使用方法を守れば、ベビーにとってプラスの影響を与えてくれることはもちろん、ママの強い味方になりますよ。共通の注意点とともに使い方をみていきましょう。

まずはスイマーバを準備しよう 

首リング・ボディリング共通の準備です。

ポイントは空気量!パンパンすぎず、へたりすぎずを心得ましょう。

1.上側→下側の順に二箇所から空気を入れて膨らまします。
※外周に少しシワが残るくらいが適切な空気感です。

2.しっかりと栓をして、水の中に約1分沈めて空気が漏れないか確認してください。

首リング レギュラー・プチ の正しい使い方

1.大人が両手でリングを広げて、赤ちゃんの顎下部分から差し込みます。

2.しっかり装着できたら首の後ろのベルトを上下二箇所留めます。

3.赤ちゃんのあごがスイマーバの上に乗り、すり抜ける事がないかよく確認します。
※首回りに大人の指2本分のゆとりがあるかご確認ください。

4.様子を見ながら赤ちゃんの脇を持ち、ゆっくりと水中に入れます。

ボディリング ベビーサイズ・キッズサイズ

1.大人が両手でリングを広げて、赤ちゃんの脇の下部分から差し込みます。

2.しっかり装着できたら背中の後ろのベルトを上下二箇所留めます。
※胴回りに大人の指2本分のゆとりがあるかご確認ください。

3.様子を見ながら赤ちゃんの脇を持ち、ゆっくりと水中に入れます。

スイマーバ使用の注意点 

赤い背景に感嘆符

スイマーバは使用方法を誤ると危険なことがあるのを知っていますか?楽しいバスタイムや水遊びになるよう、スイマーバを使うときにはいくつか重要な注意点があります。正しく使えば安全な遊具なので、思わぬ事故を招かぬよう大人が注意して使いましょう。

無理せず最初は5分くらいとごく短い時間で徐々に慣らすのがベスト。スイマーバの使用時は、足を伸ばしてちょうど底につくぐらいの深さに水量を設定してください。赤ちゃんが最も安全に動ける深さになりますよ♪

空気漏れを確認してから使用 

スイマーバの上側と下側の2か所の空気栓があります。使用する前には、必ず空気漏れなど安全を確認しましょう。水の中に60秒間沈めて、泡(空気)が出てこないかチェックしてみてください。

万が一空気が漏れていると、浮力が不足して浮き輪が沈む可能性があるので大変危険です。知らず知らずのうちに空気が漏れたことが原因で、思わぬ事故を導き出すことがあります。少しでも空気漏れの心配がある場合には、使用を中止してください。

絶対に子どもから目を離さない 

スイマーバの使用中には、絶対に赤ちゃんから目を離さないでください。近くにいても、スマートフォンを触っていたり、他のことに気をとられていたりすると、万が一事故が起こったときにすぐに助けることができません。

誤解しないで欲しい点は、「スイマーバはお風呂で待たせるための道具ではない」ということ!うきわ型スポーツ知育用具なので、あくまでエクササイズに使用してくださいね。

兄弟の面倒を見ていたり、自分の髪を洗ったりなど目を離すのは厳禁です。実際に事故も発生しています。もし使用中に赤ちゃんに異常があったときにすぐに対応できるようにしておきましょう。 

上下のベルトを必ず留める 

首リングタイプのスイマーバには、首の後ろに2つ、ボディリングタイプのスイマーバには、背中の後ろに2つのベルト(クリップ)がついています。使用するときは、ベルトをカチリと音がするまでしっかりと留めましょう。

固定がゆるいとスイマーバから脱落する可能性があり大変危険です。面倒だからとベルトを1本のみ使用する、といったつけ方は絶対にやめましょう。 

たとえ赤ちゃんが「早く遊びたい」と急かしてきても、ベルトの装着はしっかりしてくださいね。

きちんと装着する  

首リングタイプは、スイマーバがきちんとあごの下になっているか、ボディリングタイプは、脇の下になっているか確認しましょう。装着の向きが正しいかも大切です。

首リングタイプの場合、あごがスイマーバの穴から下がっていると、赤ちゃんがスイマーバを口でくわえようとすることがあるので危険です。説明書通りにきちんと装着することが大事です。はじめはきちんと装着できていても遊んでいるうちにずれてくることがあるので、チェックしましょう。

もし赤ちゃんが泣いたりぐずったりしたら、使用を控えてください。激しく暴れるとスイマーバが外れる原因になります。

正しい使用方法を守って、スイマーバのある生活を始めよう!

スイバーマを楽しむ女の子

いかがでしたか?首がすわらない新生児から使えるスイマーバは最初は使うことに不安を感じるかもしれませんが、正しく使えば安全で赤ちゃんにとってもママにとってもハッピーなスポーツ玩具!

使い終わった後は空気の抜けなどスイマーバのメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

これからの季節スイマーバ活躍の場がますます増えるので気になるママはこの機会にデビューしてみてください。

限られた期間しか使えないので可愛い写真をたくさんおさめてくださいね♡スイマーバのある生活を家族みんなで楽しもう!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami