【永久保存版】ベビーチェアおすすめ25選【食事・お風呂・外出】

【永久保存版】ベビーチェアおすすめ25選【食事・お風呂・外出】

最終更新日 2021-04-26 by smarby編集部

赤ちゃんの首が据わり体がしっかりしてくると「ベビーチェア」を用意しようと考えるママやパパも多いのではないでしょうか。

「離乳食を食べさせやすいものは?」「座らせて遊ばせるにはどんなものがいい?」「長く使えそうなのは?」など、はじめてのベビーチェア選びは分からないことだらけ。

そんな新米ママやパパたちに向けて、ベビーチェアのおすすめ商品を紹介していきます。また、先輩ママの経験をもとに選び方のポイントも紹介するので、購入を検討中のママやパパは参考にしてください。

Contents

ベビーチェアはいつから?どんな時に使うの?

容器を逆さに持ってベビーチェアに座っている赤ちゃん

そもそも「ベビーチェアはどんな時に使うの?」と疑問に思うママやパパもいるかもしれません。はじめての子育てでは判断がむずかしいですよね。まずは、ベビーチェアを使うタイミングやどのようなときに使用するのかを解説します。

赤ちゃんがおすわりできるようになったタイミングでOK

首が据わった頃から使えるベビーチェアもありますが、首が据わったからといって焦って用意する必要はありません。赤ちゃんの体がしっかりしてきた離乳食がはじまる6~7ヶ月ごろに用意すればOKです。

離乳食のはじまりとともにベビーチェアを使用することで、椅子に座って食事をする練習になります。基本的な生活習慣を身につけるのは大変ですが、ベビーチェアで食事をしながら少しずつ練習していけるといいですね!

食事や遊ぶときに大活躍!

ベビーチェアというと「食事の時に使うもの」というイメージが強いかもしれませんがそれだけではありません。

例えば、赤ちゃん自身が食事中でなくても、ママやパパが食事を済ませるまでの間や家事をしている間の待機時間にも活躍します。

ただ座らせておくのではなく、おもちゃなどで遊ばせてあげれば退屈せず座って待つことができるでしょう。

いずれにしても、パパやママの目が届くところに座らせられるので安心です。

ベビーチェアの種類と特徴

いろいろな種類のベビーチェアの中から選んでいる女性

ベビーチェアには、ハイチェア、ローチェア、テーブルチェアなどの種類があります。しかし、「どのタイプを選べばいいのか分からない」というパパやママも多いのではないでしょうか。ここでは、ベビーチェアの主な種類と特徴を紹介します。

【ハイチェア】大人と同じテーブルの高さで一緒に食事

ハイチェアは成長してからも使いたいという場合におすすめです。とくにダイニングテーブルで生活しているという家庭ではかなり使い勝手がいいでしょう。

実際に、「ダイニングテーブルで赤ちゃんと一緒に食事を楽しみたい」という先輩ママたちは「ハイチェアを選んで正解だった!」という声が多いです。

食事の時間をメイン使いにしようと考えている場合、長期間使うことを見越して成長に合わせて調節できるものを選ぶのがおすすめです。

また、食事の時間以外はなるべく収納しておきたいとと考えている場合には、折りたたみできるものがおすすめです。また、座面下にエプロンやウェットティッシュを置ける便利なタイプもありますよ。

【ローチェア】座って遊ばせるのにぴったり

床に置いて使える背が低いローチェアは赤ちゃんを座って遊ばせるのにぴったりです。座面が低いので安定感があり、転倒の心配が少ないことから座り方が不安定な赤ちゃんでも安心して使用できるでしょう。

また、家事を終わらせるまでの待機場所としても活躍してくれます。床にそのまま座らせて遊ぶより安定感があるから安心です。

ローチェアには、首が据わる前から使用できるものもありますが、それ以外のものは自分でおすわりができるようになってから使用しましょう。

また、形や素材のバリエーションが豊富なので使い方に合わせて選ぶことができます。

【テーブルチェア】外食にも大活躍!

赤ちゃん時代にたっぷり使いたいという人におすすめなのがテーブルチェア。テーブルに取り付けるだけで場所を問わずに使える点が魅力です。

外食や帰省などのお出かけ時にも簡単に取り付けられます。テーブルさえあれば便利に使用できるのもポイントです。

購入のときに気をつけたいのは、取り付けたいテーブルの厚みに対応しているものかどうか。テーブルの形によって取り付けられない場合もあるのでしっかりチェックしましょう。

「赤ちゃんの足が床から離れていることが不安」という人もいるかもしれませんが、日本製の安全基準に適合したものであれば大丈夫。

ただし、危険を防ぐためには正しく選び、正しく使うことが重要です。商品規格や使用方法の確認はしっかりしましょう。

先輩ママに学ぶ!ベビーチェアを選ぶ3つのポイント

楽しそうにスキンシップをしている赤ちゃんと母親

デザインや機能性などベビーチェアを選ぶ際の基準は色々ありますが、ここでは絶対に外せないポイントを紹介します。

先輩ママの経験からおさえておきたいポイント3つを紹介するので参考にしてみてください。

1.ベルトが付いているのは必須!

ベビーチェアを選ぶ上で重要なのが安全性です。ベルト付きの商品ががほとんどですが、中には付いていないものもあります。赤ちゃんの安全のことを考えるなら、ベルトが付いているベビーチェアを選ぶことが大切です。

先輩ママのエピソード

私が購入したベビーチェアはベルト付きのものでしたが、気がついたら赤ちゃんが外してしまっていて「ヒヤリ!」としました。ベルト付きであることも大切ですが、しっかりと「チャイルドロック」が付いているものを選ぶとより安心ですね。

2.使いやすい物を選んで大正解!

簡単に持ち運びのできるテーブルチェアは、外食に行くときや実家に赤ちゃんを預けるときなどに便利です。

さらに、持ち運びができる専用バッグなどが付属していると便利度がアップ。コンパクトに折りたたむことができるものなど、自分の使いやすいと思うものを選びましょう。

先輩ママのエピソード

仕事をしながらの育児だったので、実家に赤ちゃんを預かってもらう機会も多くありました。そんな時に便利だったのがテーブルに付けるだけで使用できるコンパクトなテーブルチェア。

持ち運びしやすいものを選ぶことが大切だと思います。私が購入したものは専用の持ち運びバックが付属していたのでラクラク運べましたよ。

3.片付けやお手入れが簡単なものを選んでよかった!

慌ただしい育児の中、片付けが大変なものを選んでしまうと一苦労。収納するために折りたたみできるものを」と考えていても「折りたたみの手順が複雑」では片付けが大変です。

例えば、テーブル付きのベビーチェアなら取り外せるもの、折りたたみの操作が簡単なものなど、使用や片付けやがラクにできるものを選びましょう。

先輩ママのエピソード

ハイチェアやローチェアなどテーブル付きのものを購入しましたが、テーブルを外せるものを選んで正解でした!食べこぼしも簡単に水洗いすることができるからです。

ただし、椅子が布(シート)に覆われているものは、食べこぼしが繊維にこびりついてしまうこともあります。洗濯できるようにシートも取り外しができるものがおすすめです。

【ハイチェア編】おすすめベビーチェア8選

高さのある椅子に座っている子供の足

食事はダイニングテーブルでするという家庭も多いのではないでしょうか。赤ちゃんと一緒に食事をするなら、ハイチェアがおすすめです。

まずは、ハイチェアのおすすめ商品を紹介します。

1.トレイカバー付きでお手入れがラク!【ウェステックスジャパン】ビヨンドジュニア ハイチェア

離乳食が始まる頃の赤ちゃんに最適な食事用ベビーチェアです。生後6ヶ月の赤ちゃんから大人までの長い期間、高さを調節することで使用できます。

子どもの成長に合わせて簡単に座面と足置きの調節が可能。工具なしのワンタッチで20秒ほどで調節できる手軽さがポイント。

テーブルトレイカバーは、取り外しが簡単なので食べこぼしがあってもラクラク洗えます。衛生面もバッチリですね。

また、赤ちゃんが簡単に抜け出せない5点式ハーネスベルトとクロッチガードで落下の心配もなく安心して利用できますよ。

・目安使用時期 生後6ヶ月~
・サイズ 高さ89x幅50x奥行54㎝
・重さ 8.5㎏
・メーカー希望価格:26,400円(税込)

2.豊富なカラーバリエーション!【Stokke (ストッケ)】 Tripp Trapp (トリップトラップ)

子どもと一緒に成長してくれる長い期間使えるハイチェアです。別売りのアクセサリーを取り付けることで新生児から大人まで使えるのが特徴。カラーバリエーションも豊富で必ず気に入ったものが見つかりそう。

クラシックな欧風デザインでおしゃれなので、出しっぱなしにしていても違和感がありません。座板と足のせ板は高さだけでなく奥行きまで調節できるので、成長に合わせて正しい姿勢で座れるようにサポートしてくれます。

・目安使用時期:アクセサリーの使用により新生児から
・サイズ:奥行49 x 幅46 x 高さ78㎝
・重さ:6.47㎏
・メーカー希望価格:31,900円~41,250円(税込)

3.安全性はもちろんやさしいカラーが可愛い♡【大和屋】アッフルチェア

やさしい色使いが食卓を彩ってくれるハイチェア。木目を塗りつぶしたソリッドカラーの色味はマカロンのようでとてもかわいらしいです。

高さを調節することで赤ちゃんから大人になるまでの期間使用することができます。子供の成長に寄り添ってくれているようで嬉しいですね。

また、座板と足置き板をバランス良く調節すれば、いつでもしっかり足をつけた状態で食事ができます。

テーブルは、使わないときはボルトを外すことで簡単にくるっと後ろに回すことができるのでとっても便利。

取り外しもできるので、大人と一緒のテーブルで食事ができるようになっても使用できます。

・目安使用時期:6ヶ月頃~大人まで
・サイズ 約幅49.5×奥行き59.2×高さ81cm
・重さ 約9.5㎏
・メーカー希望価格:19,800円(税込)

4.組み立て不要!コスパいい【KATOJI(カトージ)】木製ハイチェアCENA

コンパクトに折りたたむことができるので、「使用しないときはたたんでおきたい」という人におすすめです。テーブルは、後ろに折りたたむことができるので用途によって使い方を変えることができますよ。

成長に合わせてステップを調節することができ、5歳頃まで使えるロングユースでコスパも抜群です。

また、しっかり足が届くように調節できるので、丹田に力が入れやすく姿勢が伸びるので集中力アップにもつながります。

さらに、赤ちゃんの立ち上がりを腰ベルトがしっかりガードしてくれるので安心安全です。

・目安使用時期 生後7ヶ月頃~60ヶ月まで
・サイズ 本体サイズ:W45×D63.5×H81cm 折りたたみサイズ:W45×D25×H93.5cm
・重さ 8.15㎏
・メーカー希望価格 9,900円(税込)

5.おしゃれなデザインと座り心地のよさ!【ハイチェア COZY(コージー)】

やわらかな曲線を描く背もたれが赤ちゃんを優しく包み込む形状が特徴的なベビーチェア。

シャープな金属のフレームとの組み合わせがとてもスタイリッシュでおしゃれです。表面加工は固くて丈夫な抗菌素材を使用しているので傷もつきにくく衛生的にも安心。

物が落ちにくく作られているテーブルは離乳食のときだけでなく座り遊びをさせるときでも活躍してくれそうです。

クッションと一体型になった股ベルトは赤ちゃんがずり落ちてくるのを防いでくれながらもソフトな素材でできています。お肌に優しいのも嬉しいですね。

・目安使用時期 生後7ヶ月~60ヶ月
・サイズ 幅47.5×奥行51×高さ75.5cm
・重さ 約6.2kg
・メーカー希望価格:33,000円(税込)

6.安全ベルトが付いているから安心!【IKEA(イケア)】ANTILOP (アンティロープ)

出典:IKEA

スウェーデン発の世界最大の家具量販店のIKEAから発売されているベビーチェアのアンティロープは北欧風のかわいさのあるデザインが人気を集めています。レストランの子供椅子としてもよく見かけるものですが、実はとってもプチプラ。

「あまりの安さにちょっと心配」というママも安心してください。しっかりと安全ベルトがついていて赤ちゃんの落下を防止してくれます。

簡単に分解して持ち運ぶこともできるので、お出かけ先でもいつもの椅子に座らせてあげることができますよ。

・目安使用時期 ひとりでお座りができるようになってから3歳(15㎏まで)
・サイズ 幅56×奥行59×高さ90㎝
・重さ 約2.87㎏
・メーカー希望価格:1,499円(税込)

7.折りたたみ可能だからとっても便利!【西松屋】SmartAngel(スマートエンジェル)ハイチェアー

赤ちゃん用品で有名な西松屋から発売されているハイタイプのベビーチェア。折りたたむことができるので収納に困らないのがありがたいポイント。

2ポジションテーブルを採用しているので、成長に合わせて調節できます。股ベルトのバックルを外すことでテーブルを後ろに回すこともできるのが便利。

テーブルポジションを変えるときはスライド式ではなく外して付け直しする必要がありますが、安全面に配慮した設計になっているためです。安心して赤ちゃんを座らせることができますね。

・目安使用時期 生後6ヶ月~60ヶ月
・サイズ 幅51×奥行60×高さ77cm
・重さ 4.1㎏
・メーカー希望価格:4,068円(税込)

8.赤ちゃんから大人まで使える!【日本育児】たためる 木製スマートハイチェア

座板と足置き板を細かく調整することができるので、生後6ヶ月から大人までの長い期間をずっときれいな姿勢のまま使用することができます。長い期間使用することを考えて上質で丈夫な素材を使用。

3ステップで折りたたむことができるので、片付けておきたいときも簡単に省スペースに収納することができます。おすわりし始めたばかりの赤ちゃんでも安心な木製のセーフティーガードとイタズラ防止のテーブルロック機能が安心です。

・目安使用時期:6ヶ月頃~大人(60㎏)まで
・サイズ:幅49.5×奥行51.5×高さ77.5cm
・重さ:約7.5kg
・メーカー希望価格:9,980円(税込)

【ローチェア編】おすすめベビーチェア7選

ベビーチェアに座ってスプーンを口にくわえる赤ちゃん

食事の時だけでなく、赤ちゃんのちょっとした待機場所としても活躍してくれるローチェア。安定感があるのでおすわりの練習にも最適です。

はじめてのベビーチェアとしてもおすすめのローチェアを紹介します。

1.初めてのおすわりにも!【Bumbo(バンボ)】ベビーソファ

バンボの代名詞でもあるベビーソファはコロンとしたフォルムがとってもかわいいだけでなく、機能面や安全面も優秀。

柔らかな感触でありながらしっかりと安定したデザインがまだ腰がすわっていない赤ちゃんの体もまっすぐの姿勢で優しく支えてくれます。

お尻をすっぽり包んでくれるので前のめりになる心配がありません。また、表面に凸凹加工がされているので、より滑りにくく安心です。

サッと拭くだけで汚れが落ちるのも、離乳食が始まるとありがたく感じるポイント。軽量なので持ち運びも簡単ですよ。

・目安使用時期 首がすわるころ~14ヶ月(10㎏まで)
・サイズ 直径37.5×高さ24㎝ 足入れの周囲 28㎝
・重さ 約1.2㎏
・メーカー希望価格:7,700円(税込)

▼バンボの詳しい情報はこちら
人気のバンボ!いつからいつまで使えるの?使い方やお手入れ方法、付属品を紹介

2.お手入れがラクちん♪【Richell(リッチェル)】2WAYごきげんチェアK

床置きとしても大人の椅子に取り付けてダイニングチェアとしても使える便利な2wayタイプ。

ハイチェアとローチェアの両方の購入を考えている人にもぜひチェックしもらいたいベビーチェアです。

成長に合わせて座面の高さを2段階調節することができるので、長い期間使用することができます。隙間のないシンプルな設計でお掃除もラクラク。

また、ダイニングテーブルとの間に隙間ができにくい設計なので、食べこぼしも防いでくれます。付属のテーブルは取り外し可能なので、色々な使い方ができるのもポイントです。

・目安使用時期 7ヶ月頃~5歳頃まで
・サイズ テーブル取り付け時:35×39×22・27H(cm) テーブル取り外し時:35×33×22・27H(cm)
・重さ 1.3㎏
・メーカー希望価格:5.500円(税込)

3.テーブル収納もコンパクトに!【Bumbo(バンボ)】マルチシート

ベビーソファで有名なバンボの3wayマルチシート。床置きのフロアーシートや椅子の上で使えるブースターシート、フーディングシートとしてマルチに使用することができるので一つあるととても便利です。

赤ちゃんの成長や椅子と机の距離などに距離に合わせて高さの4㎝の高さの調節が可能。

クッションシートやトレイなどのパーツは取り外しが可能。なくしてしまうのではと心配な人も大丈夫。全てのパーツを本体に収納することができ、スペースをとることもありません。お手入れも汚れを拭き取るだけで良いので簡単ですよ。

・目安使用時期 6ヶ月頃~3歳(15㎏)まで
・サイズ 幅34×奥行36×高さ26cm
・重さ 1.88kg
・メーカー希望価格:9,900円(税込)

4.リクライニング機能で「ねんね」にも!【people(ピープル)】テディハグ プレミアムエア

リビングベッドから授乳用ソファとしてマルチに使える5wayのベビーチェア。4段階のワンタッチリクライニングで成長に合わせて背もたれの角度を変えることが可能。首がすわるまえから大人までの長期間使用することができます。

3Dエルゴノミクス構造で抱っこされているように感じる設計なので、赤ちゃんの安心感も高くご機嫌で座ってくれますよ。

おもちゃホルダー付きのハグベルトで赤ちゃんの体を固定でき、ずり落ちなどのリスクも防いでくれます。フェイクレザーで汚れがサッと拭き取れるので離乳食のときにも大活躍。

・目安使用時期 1ヶ月~大人(70㎏まで)
・サイズ 幅48×奥行82×高さ21㎝
・重さ 5㎏
・メーカー希望価格:13,199円(税込)

5.赤ちゃんの成長に合わせて使える!【ingenuity(インジェニュイティ)】 ベビーベース3.0

床置きはもちろん、大人用の椅子に取り付けて使うこともできる便利なブースターシート。

お座りができるようになってから4歳くらいまでの比較的長期間の使用が可能です。

ポリウレタン製のクッションは座る際に適度な弾力性があるだけでなく、丸洗いできてお手入れが簡単というのも嬉しいですね。成長後は取り外すことも可能です。

食事に便利なテーブルは、使用しないときは取り外して本体の下に収納できます。軽量で持ち手もついているので、移動もラクラク♪

・目安使用時期 一人で座れるようになってから4歳くらいまで
・サイズ 幅38.5×奥行35×高さ30㎝
・重さ 2.06㎏
・参考価格(楽天市場):6,578円(税込)※メーカー価格・公式参考なし

6.成長してもいろんな使い道ができる!【HoppL(ホップル)】コロコロベビーチェア 

成長に合わせてコロコロと転がして使うことができるベビーチェア。座り方が安定しない赤ちゃん時代も前部にあるセーフティーバーでしっかり体をサポートしてくれます。

マジックテープで簡単に付けられるハーネスベルトもあるので安心です。必要がなくなれば外してしまうこともできます。

子どもが使用することを考えて、角に丸みがあり安全な設計。さらに、素材の合板から接着剤に至るまで厚生労働省が定めるホルムアルデヒドの放出量が極めて少ない最高基準と同レベルの検査結果が得られています。

そのため、喘息やアレルギーが心配な子供でも安心です。

・目安使用時期 6ヶ月頃~大人まで
・サイズ 幅28×奥行30×高さ310㎝
・重さ 2.7kg
・メーカー希望価格:9,020~10,450円(税込)

7.静かで可愛い豆いす♡【KATOJI(カトージ)】かいじゅうステップワンダバダ

豆いすといえば笛つきで座る度に音が鳴るイメージですが、この豆いすは笛なしだから立ったり座ったりを繰り返しても静か。

ウルトラ怪獣をモチーフにしたかいじゅうステップワンダバダのかわいい絵柄はなんとなく懐かしさもあるかわいらしさです。

チェアベルト付きで赤ちゃんの体をしっかりサポートしてくれるので、安全面も心配なし。

兄弟姉妹が増えてもスタッキング可能なので、スペースを取らずに収納することもできます。ラクラクお片付けができる軽さです。

・目安使用時期 7ヶ月~36ヶ月(目安16㎏)
・サイズ 幅35×奥行34×高さ35cm
・重さ 1.2㎏
・メーカー希望価格:2,178円(税込)

【テーブルチェア編】おすすめベビーチェア5選

楽しそうにナイフとフォークを使って食事をする幼い子供

コンパクトで持ち運びにも便利なテーブルチェア。自宅で使用するのはもちろん、赤ちゃんを実家に預ける時や、外食などでも使い勝手がいいでしょう。

どのような商品があるのでしょうか。さっそく、おすすめのテーブルチェアを紹介します。

1.おしゃれなデニム仕様!シートは洗えて便利【KATOJI(カトージ)】テーブルチェア デニム

デニム仕様がおしゃれでかわいいテーブルチェア。ベビーチェアは、汗や食べこぼしで汚れてしまうことが気になるというママもいるでしょう。

でも大丈夫。こちらの商品は、本体シートを外して手洗いすることができるので清潔に使うことができますよ。座面に足がないので食べこぼしのお掃除もラクラク。

また、5点式の安全ベルトや滑り止め付きの大きなアームでテーブルにしっかりと固定されるので安心です。

・目安使用時期 生後5ヶ月~36ヶ月
・サイズ 幅37×奥行き35×高さ35cm
・重さ 1.8kg
・メーカー希望価格:6,578円(税込)

2.スタイリッシュでおしゃれなデザイン♡【Inglesina(イングリッシーナ)】fast(ファスト) テーブルチェア

イタリア生まれの鮮やかな色合いと美しいフォルムがスタイリッシュでおしゃれなテーブルチェア。

股ベルトがしっかりと赤ちゃんの体を固定してくれるので落ち着いて食事をすることができます。

専用のトレイは飲み物をこぼしても広がらずお手入れ簡単なので、赤ちゃんの食べこぼしもラクラク片付けられます。

トレイの取り外しは簡単でコンパクトにまとめることができますよ。また、専用のトートバッグもついているので持ち運びもスムーズです。

・目安使用時期 5ヶ月頃~36ヶ月頃まで(腰が座ってから15kgまで)
・サイズ 約幅35×高さ27×奥行42cm
・重さ 1.9㎏
・メーカー希望価格:11,000円(税込)

3.撥水加工でお手入れがラク!【Vita(ヴィータ】テーブルチェア

赤ちゃんが立ち上がったり、抜け出したりの心配がなく食事に集中できるのがテーブルチェアのメリット。

たとえ足がつかなくてもベルトでしっかりと体を固定してくれるので安心です。

こちらの商品は、コンパクトに折りたためて持ち運びもラクラク。座面に収納袋がついているので持ち運びのための袋を用意する必要もありません。

取り付けは、テーブルに差し込んで左右のハンドルを回して取り付けるだけ。

ウェットティッシュや食器などを収納できる背面ポケットがあるので、お出かけのときも便利ですよ。

・目安使用時期 5ヶ月頃~36ヶ月まで(腰がすわってから15㎏まで)
・サイズ 幅37×高さ30×奥行D45cm 
・重さ 1.9㎏
・参考価格(楽天市場):6,600円(税込)※メーカー価格・公式参考なし

4.落ち着いて食事ができる!【Richell(リッチェル)】あんよがブラブラしないテーブルチェア

足がつかないので抜け出しの心配がないことがメリットですが、足をブラブラさせているのはお行儀が悪い、姿勢が安定しないのが心配などと感じるママもいるでしょう。

そんなママにリッチェルのテーブルチェアはおすすめです。フットレストがついているので足がぶらぶらしてしまうことを防ぎ、安定した姿勢で落ち着いて食事ができますよ。

テーブルへの取り付けも、3点固定式で安心。シートのズレを防ぐ固定ベルトがついているのでより安全に赤ちゃんを座らせることができます。

・目安使用時期 5カ月~3才頃まで
・サイズ 40×58×36cm
・重さ 1.9㎏
・メーカー希望価格:6,600円(税込)

5.洗えるシート!持ち運び簡単な軽量仕様【KATOJI(カトージ)】NewYorkBaby(ニューヨークベビー)

テーブルにしっかりと固定することができ、キャンピングホルダー5点式で食事中の立ち上がりを防ぐので安全面もバッチリ。

お家での使用はもちろん、コンパクトに折りたためば、外食や旅行にも大活躍です。

また、本体のシートは取り外して洗えるので衛生的。シートはメッシュ生地で通気性が抜群です。汗っかきの赤ちゃんでも心地よく座れますよ。

ブラックを基調にしたシンプルでおしゃれなデザインは赤ちゃんの性別に関係なく使用できるでしょう。

・目安使用時期 5ヶ月~36ヶ月
・サイズ 幅37×奥行き35×高さ35cm
・重さ 1.8kg
・メーカー希望価格:6,578円(税込)

6.装着が簡単!収納バックもついてる!【Inglesina(イングリッシーナ)】ファストテーブルチェア

5色のおしゃれなカラーバリエーションのイングリッシーナのファストテーブルチェア。

テーブルを別売りにすることでよりお求めやすい価格になりました。テーブルへの固定も天板を挟んでアームを回転させるだけなので簡単♪忙しい食事時に嬉しいポイントですよね。

リアポケットには、お口拭きなどを入れておけばとても便利。また、折りたたむととってもコンパクトになり、付属の収納バッグに入れれば持ち運びも簡単。

外食や旅行などお出かけのときにも大活躍間違いなしです。公式サイトでの販売は、トレー付きですが、楽天ではチェアのみの販売です。

・目安使用時期 5カ月頃から36カ月頃まで(腰が据わってから15kgまで)
・サイズ 幅35x奥行42x高27
・重さ 約2.4㎏
・メーカー希望価格(トレー付き):11,000円(税込)

※楽天はトレーが付いていません。

ベビーチェアはこだわってセレクト!ママの毎日をもっと楽しくもっと快適に!

赤ちゃんに離乳食を食べさせている母親

ベビーチェアを選ぶときのポイントや種類ごとのおすすめ商品を紹介してきました。

どれも気になる素敵なものばかり♡デザインも機能もメーカーごとにさまざまなので、機能性や安全面など考慮してじっくりと選びたいものですね。

ハイチェア、ローチェア、テーブルチェアとタイプが違うベビーチェアですが、マルチwayなベビーチェアもあるので、ご家庭のライフスタイルに合わせて選びましょう。

おしゃれで安心、便利な機能が充実したベビーチェアをぜひ活用してくださいね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami