日記をつけよう!効果や書き方のポイントは?おすすめアプリや日記文学も

日記をつけよう!効果や書き方のポイントは?おすすめアプリや日記文学も

あの日あの時の思い出を懐かしみ、自分や家族の成長を実感することができる日記。書き続けるとメンタルが安定すると共に、コミュニケーション力も身に付くと言われています。

でも、書きたいとは思っているものの「どんなことを、どんな風に書けばいいのか分からない」という人もいるのではないでしょうか。

この記事では、日記を書くメリットや生活に活かすための書き方、おすすめのアプリ・人気の日記帳などを紹介します。これから日記を書き始めたいと思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

Contents

日記をつける効果とは?

シーツの上に置かれた日記帳とペンとコーヒー

その日の出来事や今抱いている想いを綴ることは、精神衛生上とても良い効果をもたらしてくれるんですよ。具体的な効果を以下で解説します。

物事にポジティブになれる

その日にあった良い出来事を書くことで、楽しさや嬉しさを見つける能力が鍛えられます。人間の心理には、嬉しいときは嬉しいことを、悲しいときは悲しいことを考える「一貫性の原理」があります。

日記に良い出来事を書くと喜ばしいことに気付きやすくなり、ポジティブな精神状態へとたどり着きやすくなるのです。

ストレス解消になる

文字を書く、つまり手を動かすことは脳に刺激を与えるためストレス解消につながります。

また、現実ではなかなか出すことのできない自分の感情を日記の中に発散することで気持ちが整理され、心がスッキリします。

日記なら誰にも読まれないので、人には言えない愚痴や不満なども、感情の赴くまま赤裸々に書くことができますよね。一人で悩みをため込んで辛くなる状況を避けられるので、ストレスの解消にとても効果的なんです。

自信につながる

日記を継続することで、「何かを続けてきた」という自信にもつながります。

日記は、形として残るもの。日記帳を書き終えたときは、これまでの積み重ねを実際に目でみることができるので、大きな達成感を味わうことができるでしょう。

継続してきた自信がつくことにより、その他のことにも挑戦しやすくなります。

記録や思い出を残せる

曖昧な記憶だとすぐに忘れてしまうことも、日記として記録を残しておくことで読み返すことができます。その時の記録や思い出が鮮明に思い出され、「こんなことがあったなぁ」と懐かしい気持ちになりますね。

食べたものや運動、育児なども記録しておくと、今後の生活に役立つでしょう。「外食が続いているから自炊しよう」とか「運動をしていない日が続いたからランニングをしよう」など、健康管理を心がけることにもつながります。

文章力や伝える力が向上する

日記をつけることで、分かりやすく文章をまとめる力が身に付きます。

その日の出来事や感情を文章化するには、思考を働かせ、上手に文を組み立てたり適した言葉を選んだりする必要があるからです。

文章力が向上すると、考えを素早くまとめる能力も養われるので、会話力や伝える力も向上します。

日記には何をどんな風に書くの?つけ方のポイント

机の上でノートに何かを書いている人の手元

日々の出来事を自由に書くとはいえ、ただ事実を書くだけでは日記の楽しさや面白さを感じることはできません。ここでは、日記の書き方についてポイントを解説します。

出来事と感情を合わせて書こう

日記を書くときは、ただ単にその日あった出来事だけを並べるだけではなく、感情や思考もセットで記載することが大切です。

「ママ友とカフェでランチ」というよりは「ママ友とおしゃれなカフェでランチ。とっても美味しくて、おしゃべりも楽しかった!また行きたい!」と書いたほうが、喜びや嬉しさが倍増してポジティブになれますよね。

辛いことを乗り越えたエピソードなども記しておくと、後で役立つこともあります。

「イヤイヤ期の子どもにイラっとしてつい怒ってしまったけど、自分で出来る小さなことを一つ一つ褒めてあげたら素直になった」など記しておくと、後で読み返したときに参考になります。

思いついたことをメモしておこう

ひらめきやアイデアなどは、思いついたらすぐに日記にメモしておきましょう。

日記を書くまで覚えておくのは難しく、忘れてしまうこともあります。思いついた瞬間にメモしておき、後で日記にまとめるのがおすすめです。

特にパパやママにとって、家事や育児に役立つ情報は重宝するもの。自分なりの発想を生活に活かすことは忙しさの中にも楽しさを生み、気持ちをラクにしてくれるでしょう。

いつでもすぐに書けるよう、日記帳とペンは目の届くところに置いておくことをおすすめします。

叶えたい夢や目標を書こう

資格の取得やダイエットなど、目標があればぜひ日記に書いてみてください。後で読み返すことで、効率的に夢や目標に近づけることができます。

夢や目標を書くポイントは、どんな夢や目標をどうやって実現させるか具体的に書くことです。

ダイエットの場合、「痩せて、入らなかった服を着る」というよりも「あと5㎏痩せて、スキニージーンズをカッコよく着こなしたい!そのために間食をやめて運動を頑張る!」と書いた方がより現実的になり、その目標に向かって突き進むことができます。

食べたものや体重を記せば、振り返りにも役立つでしょう。

夢が叶ったときの自分はどうなっているのか毎日想像しながら書くと、モチベーションも維持できますよ。

日記は日記帳?アプリ?どっちを選ぶ?

自宅のソファーでくつろぎながらスマホ操作している女性

日記といえば、ひと昔前までは分厚い日記帳などに手書きしていたものですが、今では便利なアプリがたくさん登場しています。ここでは、アプリと日記帳、それぞれのおすすめポイントについて紹介します。

スマホで手軽♪「日記アプリ」

スマホの「日記アプリ」は、隙間時間にさっと書くことができるので、生活が不規則な人や忙しい人でも手軽に日記が書けます。

いつでもどこにでも持ち運べてメモするのにも便利です。無料のツールを使えばお金をかけずに始められるので家計に負担もかかりません。

スマホ入力なら、何度間違っても修正することができます。検索機能なども充実しているので、読み返したいページをすぐに見つけることができます。アルバムの中から気に入った写真を選んで日記に添付するのも簡単です。

自由度が高い!「日記帳」

日記帳の場合は、文字を書くことでストレス解消になり、文字を書く練習にもつながります。一日の終わりなど日記を書くための時間がある程度あり、じっくりと自分と向き合いたい人におすすめです。

日記帳なら直接イラストを描いたり、写真や押し花など思い出の品を貼り付けたりなど、自分が好きなようにカスタマイズできます。オンリーワンな日記帳になりますね。

日記帳は、1年単位の一般的なものから、3~10年単位の日記帳、メモ代わりの日記帳など色々な種類があります。自分の好みやライフスタイルに合わせてチョイスしましょう。

日記アプリで人気なのは?

いつでもサクサクと書くことができる手軽な日記アプリ。ここでは、おすすめの日記アプリを3つ厳選して紹介します。便利な機能も満載ですよ。

1.人工知能搭載!【SELF】

出典:App Store

人工知能AIがユーザーの日々に寄り添い、毎日の健康やメンタルの分析を行うという画期的な日記アプリです。グチや悩みを聞いてくれるだけでなく、面白い話をして癒してくれるので、メンタル面でしっかりサポートして欲しいという人にピッタリです。

・無料で利用可能

App Store
Google Play

2.シンプルで使いやすい!【Day One】

出典:App Store

シンプルな構成かつ機能が充実している日記アプリです。日記や写真の挿入という基本的な機能に加え、位置情報・天気・動作アクティビティー・歩数カウントなどの機能が付いているので、その日の様子を詳しく振り返ることができます。タッチIDを使用したパスコードロックもあるので、セキュリティーもバッチリですね。

・添付画を掲載できる数:インライン写真10枚まで
・無料で利用可能

App Store
Google Play

3.無料で使うなら!【シンプル日記】

出典:App Store

シンプルイズベスト!高機能で使いやすい日記アプリです。月額継続課金やアカウント登録が不要である上にバックアップができるので、初めての人におすすめです。好きな時間にプッシュ通知を設定できるリマインダー機能も付いているので、書き忘れることもありません。

・添付画を掲載できる数:インライン写真10枚まで
・バックアップ機能:あり
・無料で利用可能

App Store
Google Play

4.写真を添付するなら!【おとなの日記帳】

出典:App Store

写真の添付にこだわりたい人におすすめの日記アプリです。写真の添付枚数は無制限! カメラで撮影して添付できるほか、アルバムから一括選択して添付することもでき、文と文の間に自由に挿入できます。

画面もスッキリした構成で見やすく、デザインもシンプル。使いやすさナンバーワンのアプリです。

・添付画を掲載できる数:無制限
・無料で利用可能

App Store
Google Play

【1年単位】日記帳おすすめ3選

ここからは、2021年おすすめの1年・3年・5年・メモタイプの日記帳についてそれぞれ紹介します。まずは、毎年新しく買い替える楽しみのある1年単位の日記帳から。

1.シンプルでおしゃれ♡【TOMMYFIELD 日記帳】

シンプルでおしゃれな日記帳。日付がないので、好きな時期から始められます。育児日記・スケジュール帳・自由帳・スケッチ・メモ帳などにも幅広く活用できるフリースタイルタイプ。

カラーはブラック・シアン・レッドがあります。ちょっとした贈り物にも最適ですね。

・日付表示なし
・期間:1年(フリー)
・サイズ:B6(130mm×180mm)
・材質:紙
・ページ数:192ページ

2.コンパクトで持ち運びやすい♪【無印良品】上質紙1日1ぺージノート

出典:無印良品

ベーシックなスタイルが定評の文庫本サイズのコンパクトな日記帳。フラット製本なので、どのページでも大きく開きます。

紙は筆記に適した上質紙なので、ボールペンやシャーペンなどどんな筆記具でもサラサラと書きやすいですよ。無印良品らしいクラフト感のある表紙が特徴です。

・日付表示なし
・期間:1年(フリー)
・サイズ:文庫本(105✕148mm)
・材質:上質紙

3.鍵付きで可愛い♡【ミドリ】鍵付天使柄

鍵付きのクラシカルな日記帳です。表紙は洋書のような雰囲気で、とってもおしゃれ♪天使のモチーフは金銀箔押しで高級感もたっぷりです。鍵が付いているので、人に見られる心配もありません。

ただし、鍵は失くさないように注意しましょう。入学祝やバースデープレゼントにもおすすめです。

・日付表示なし
・期間:1年(フリー)
・サイズ:タテ155×ヨコ122×奥行き25mm
・材質:表紙…紙製、クロス貼り加工、金銀箔押し/鍵…金属製(2本付)
・ページ数:368ページ

【3年】日記帳おすすめ3選

3年日記のおすすめポイントは、経過した年月を振り返り、自分の変化や成長に気付くことができる点です。3年というと長く感じますが、書き終えたときは大きな達成感を得られるでしょう。

1.続けやすい♪【アーティミス】3年日記帳 星座

星座柄があしらわれた大人っぽい日記帳です。書き始めてから1年後に、同じページの次の段に書き込める仕様となっているので、日記を書きながら1年前の自分、2年前の自分の成長ぶりが分かります。

カラーはアイボリー・ネイビー・ブラック・レッド。表紙はナチュラルなコットン貼りです。

・日付表示なし
・期間:3年
・サイズ:B6(130mm×180mm)
・材質:コットン貼り表紙、スピン付
・ページ数:368ページ

2.コンパクトサイズ♪【シューティング】3年日記

A5サイズのコンパクトな日記帳です。フォーマットは、1ページに3年分の日記を書ける日付け入りで、1日7行なので無理なく続けられます。

最初のページには「年の初めに思うこと」、巻末には「年の終わりに思うこと」を3年分書き込めるページがあるので、過去の思い出を一覧で振り返ることができます。

・日付表示なし
・期間:3年
・サイズ:A5(215mm×145mm)
・材質:紙
・ページ数:368ページ

3.子供や家族の記録も◎【学研ステイフル】日記帳kazoku育児ダイアリー

インスタグラマーのきなこさんプロデュースの育児ダイアリーです。8種類の可愛いデザイン♪1日分の記録は5行と少なめなので続けやすさもバツグン。

お気に入りのおもちゃや遊びなどを記す「お気に入りページ」や初めて話した言葉などを記す「ことばのきろく」もあるので、子供の成長を楽しく書き込み、振り返ることができますね!

・日付表示なし
・期間:3年
・サイズ:A5(215mm×145mm)
・材質:紙
・ページ数:384ページ

【5年】日記帳おすすめ3選

5年日記ともなると、さらなる自分の成長や変化を実感できます。文章力や語彙力も、5年前よりは格段に向上していることでしょう。書き終えた後は自分史として、エッセイのように楽しむこともできますよ。

1.名入れができる!【スキルマン】5年日記 星の王子さま

世界中で愛されている絵本『星の王子さま』の5年日記。表紙には名前を入れられるので贈り物にもピッタリですね。

物語の紹介ページでは、登場するキャラクターについての記述もあるので、物語をじっくり味わいながら日記を綴ることができます。星の王子様が好きな人にはたまらない日記帳ですね!

・日付表示あり
・期間:5年
・サイズ:タテ215mm×ヨコ155mm×厚さ22mm
・材質:紙
・ページ数:416ページ

2.日記初心者におすすめ♪【東洋図書出版】5年日記

ハードカバーの5年日記。丈夫で長持ちするので破損や劣化が起こりにくいです。表紙には、12ヵ月それぞれのモチーフが切り絵風にあしらわれており、素朴で和風感たっぷり。

サイドには月のインデックスが付いているのでとっても便利です。開きやすい仕様になっています。

・日付表示あり
・期間:5年
・サイズ:タテ267mm×ヨコ19mm×厚さ22mm
・材質:ハードカバー・表紙PP加工
・ページ数:386ページ

3.高級感でやる気UP!【デザインフィル】 5年連用日記

金箔押しで高級感のある5年日記。本体ケースも付いているので、大切に保存できます。季節に応じて毎月変わる扉とインデックスのイラストは、鉛筆デッサンのような風合いでアーティスティック♪

1日の行数は5行と少ないので、初めての人でも続けやすいでしょう。自分用としてはもちろん、贈り物にもピッタリです。

・日付表示あり
・期間:5年
・サイズ:タテ185mm×ヨコ117mm×厚さ25mm
・材質:表紙/布クロス貼り、金箔押し
・ページ数:366ページ

【フィールドノート】メモ代わりにも!日記帳おすすめ3選

メモ代わりにもなる日記帳「フィールドノート」を3つ厳選しました。自分のライフスタイルに合わせて、好きな時に好きなだけ書き込めるタイプのノートです。手帳など幅広く活用したい人におすすめです!

1.シンプルなデザイン♪【KOKUYO(コクヨ)】trystrams(トライストラムス)フィールドノート

コクヨのロングセラー、コクヨ測量野帳「SKETCH BOOK」の限定プレミアムカラーのノートです。携帯しやすいコンパクトサイズで、スーツにも収まるので男性にもおすすめ。

立ったまま筆記できるハードな表紙なので、いつでもすぐにさっとメモできます。スケッチや出張記録、読書ログなどにも活用できますね。

・日付表示なし
・期間:なし
・サイズ:160mm×91mm
・材質:表紙… 紙クロス・ボール紙/中紙… 上質紙

2.アメリカ発!おしゃれ【ワークショップコンパニオン】Field Notes(フィールドノート)

フィールドノートは2008年にアメリカのシカゴに誕生したメーカーです。昔からアメリカの農家は、小さなメモ帳を使って仕事をしていました。この伝統的な習慣をシンプルによみがえらせたのが、フィールドノート。

木工・自動車・ガーデニング・塗装・配管・電気の6種類のデザインから成るコンパクトでポップなノートセットです。

・日付表示なし
・期間:なし
・サイズ:140mm×90mm
・材質:紙
・ページ数:48ページ

3.豊富なカラーバリエーション♪【KOKUYO ME(コクヨミー)】野帳 3mm方眼

「あなたを今より、私らしく」をコンセプトにしたフィールドノートです。凹凸のある表紙には金の英語が記載されていてアクセサリー感覚で持ち運びできますよ♪

カラーはブラック・パープル・ブルー・ピンク・ホワイト・グリーンの豊富なバリエーション。用紙は3㎜の方眼罫が引かれているので、細かい文字も書きやすいでしょう。

・日付表示なし
・期間:なし
・サイズ:165mm×95mm
・材質:紙
・ページ数:40ページ

日記文学にも触れてみよう♪おすすめ5選

日記文学とは、日記形式で構成された文学のことです。日付を追って回想的に出来事や生涯を描いたものが多く、かの有名な古典文学、「更科日記」や「紫式部日記」もこれに該当します。

作者の日常生活や出来事を読みながら体感できるところが、日記文学の醍醐味。ここでは、おすすめの有名な日記文学を5つ紹介します。

1.【エレンの日記】エレン・フライス(著)

インディ・カルチャーを世に広げたフランスの雑誌「Purple」の創刊編集長であるエレン・フライスによる初の著書です。

ファッション・映画・文学への情熱、アーティストや作家たちとの交流のほか、東京やブラジルなど世界各地への旅、友人・恋人との出会いと別れ、新しい個人誌の立ち上げなど、氏の思い出と共に仕事における主義などが綴られています。

著者撮影の写真150点も収録。仕事に家事に育児に、毎日を頑張るママに勇気を与えてくれる1冊です。

2.【富士日記】武田百合子(著)

日本のエッセイスト、武田百合子の処女作です。上・中・下の全三巻から成り、小説家である夫と過ごした富士山麓での十三年間が歯切れの良い文体で丁寧に記されています。

山荘生活の滑稽な出来事や家族の温もりがひしひしと伝わる日記文学。「幸せな気持ちになった」という感想も多く、子育て中のパパやママにおすすめしたい1冊です。

武田百合子の作品数は少ないですが、高い評価を受けている作家です。富士日記は田村俊子賞を受賞しています。

3.【妊娠カレンダー】小川洋子(著)

「博士の愛した数式」でよく知られている小川洋子の芥川賞受賞作の著書です。自分の姉が妊娠したことをきっかけに、妊娠という現象に不思議な感情が芽生えた主人公の妹。

つわりで苦しむ姉を気の毒に思う一方で、悪意に満ちた行動をとるなど、祝福されるべき妊娠が妹によって黒く塗りつぶされてゆく様が描かれています。

妊娠中のママにとっては、独特な読後感を味わうことができるかもしれません。妊娠について違う視点からもっと深く考えてみたい人におすすめです。

4.【鍵】谷崎潤一郎(著)

昭和31年(1956年)に発表された谷崎潤一郎の長編小説で、代表作の一つです。世界各国で翻訳され、映像化されました。

読まれることを前提に書いた日記を盗み読みし合う夫婦の物語で、読者もまた盗み読みをするという仕掛けを持った作品です。

中年夫婦の性生活や妻の不貞が日記形式で語られており、ミステリの要素も盛り込まれています。刺激的な夫婦生活を本の中で味わってみたい人や、これまでとは変わった日記文学を読みたい人におすすめです。

5.【アルジャーノンに花束を】ダニエル・キイス(著)

アメリカの有名作家、ダニエル・キイスのSF小説です。日本でも2度ドラマ化されたので、知っている人も多いでしょう。賢くなりたいという想いから、知能発達のための臨床試験(手術)を受けた知的障害者のチャーリー。

術後は天才といわれるほど飛躍的に知能が上がりましたが、これをきっかけに周囲との関係性が思わぬ方へ変化してゆくことになります。

人生とは何か、幸福とは何かを考えさせられる本です。人間の能力や才能が人生にどう影響を及ぼすのか、興味のある人におすすめです。

日記をつけて毎日を豊かに♪

自宅でリラックスしながら日記を書いている女性

自分の気持ちが整理され、ストレスを解消できる日記。書き続けることで文章力や語彙力、会話力も身に付きます。夢や目標を叶えるため前向きに頑張る自分に出会うこともできるでしょう。

過去の出来事を振り返る日記は、明るい未来を創り出すためにあると言えます。

日記を続けて書くには、無理のない範囲で書き始めることがポイントです。張り切って最初から長く書くと、後で息切れすることも。難しいことは考えず、自分の言葉でありのままに記してみてください。

きっと毎日が楽しく、豊かになるでしょう。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami