沐浴はいつまで必要?やり方や準備するものを先輩ママがQ&Aで回答!おすすめのベビーバス16選も

沐浴はいつまで必要?やり方や準備するものを先輩ママがQ&Aで回答!おすすめのベビーバス16選も

沐浴は、赤ちゃんの健やかな体を保つための大切なケアです。

新米ママやパパは、赤ちゃんの沐浴ってどうしたらいいの?と不安になる人も多いのではないでしょうか。沐浴に必要なアイテムは?準備や手順は?など、分からないことがたくさんあるかと思います。

今回は、そんな沐浴の疑問を一挙に解決!沐浴には欠かせない便利なアイテムの一つ、ベビーバスも、先輩ママの声と共にタイプ別で紹介します。これから初めての沐浴に挑むというママやパパは、ぜひ参考にしてくださいね。

Contents

沐浴とは?いつまで必要?

気持よく沐浴をしている産まれたばかりの赤ちゃん”

赤ちゃんが生まれたその日から行う沐浴。産院で助産師さんに教えてもらいながら沐浴をしていたというママも多いことでしょう。でも、なぜ入浴ではなく沐浴というのでしょうか。必要である理由といつまで行うケアなのか、解説します。

沐浴は赤ちゃんを洗ってあげること

沐浴は、新生児をベビーバスなどを用いてお湯で洗うこといい、子どもや大人がお風呂に入る「入浴」とは区別されています。

「沐」という字には「頭から水をかぶる」とか「髪を洗う」という意味があり、沐浴はもともと「体を清める」という目的があったとも言われています。生後間もない赤ちゃんの健やかな成長を願うと共に、穢れを払うという意味合いもあったのかもしれませんね。

沐浴では、赤ちゃんにお湯を優しくかけながら洗います。赤ちゃんの肌はとってもデリケート。沐浴は、あせもや湿疹、おむつかぶれを防ぐのに欠かせない日課なのです。

沐浴は生後1ヶ月前後まで必要

沐浴は、生後1ヶ月前後まで必要です。理由は、生後間もない赤ちゃんは抵抗力が弱く、大人と一緒に入浴すると細菌に感染する可能性があるから。へその緒が取れていないうちは一層注意が必要です。

ベビーバスは、独立した赤ちゃん専用の浴槽なので、衛生面でも安心です。1ヶ月検診後に医者の許可が下りたら、入浴に切り替えて良いでしょう。ただし、1カ月を過ぎてもへその緒が取れていないうちは、沐浴が奨められます。

沐浴の時間はどれくらい?いつがおすすめ?

青いベビーバスの中で沐浴をしている赤ちゃん

沐浴は、1日1回が基本。でも、うんちやおしっこで汚れた場合や汗をたくさんかいた場合は、1日数回行っても問題ありません。

では、1回の沐浴時間はどのくらいがいいのでしょうか。また、どの時間帯に入れるのがベストなのでしょうか。

沐浴時間は長くても10分までにする

1回の沐浴時間は、5分~10分程度に抑えます。長くても10分程度にしましょう。赤ちゃんは長い時間お湯に浸かると、体力を消耗してしまいます。

また、ベビーバスはお湯の量が少ないので、温度が下がりやすくなります。赤ちゃんの身体を冷やさないよう、ガーゼやタオルで部分的に覆いながら洗います。

沐浴のおすすめ時間帯は季節で異なる

沐浴のおすすめの時間帯は季節によって異なりますが、なるべく季節ごとに毎日決まった時間に行います。

夏なら、夕方の涼しい時間帯が良いでしょう。11時頃から14時頃は一日の内で一番暑くなる時間帯なので、なるべく避けます。冬なら、日当たりのよくなる正午あたりが良いでしょう。気温が下がる夕方以降は寒くなるので、避けたいところです。

でも、ママやパパにも生活リズムがあるので、決まった時間に毎日入れるのは大変なときもありますよね。そのようなときはエアコンなどで室温を調節し、快適な空間を作ってあげることを心がけましょう。

沐浴の手順とポイント

母親の目をみつめて気持ちよさそうに沐浴をしている赤ちゃん

沐浴の必要性やベストな時間が分かりました。次はいよいよ実践編!ここでは、沐浴の手順や洗い方のポイントなどについて解説します。2人目、3人目のママやパパも、おさらいとしてぜひチェックしてみてくださいね。

1.ベビーバスにお湯を入れる

まず、ベビーバスにお湯を入れます。お湯の量は、ベビーバスの1/2から2/3程度ほど。5~7分目くらいまで張ると良いでしょう。

お湯の温度は、夏は37~39度程度、冬は39~40度程度がベスト。専用の温度計で測ります。今は100均などにも売っているので、簡単に手に入りますよ。

お湯が準備できたら、沐浴後に赤ちゃんの体を拭くバスタオルやオムツ、服などもそばに出して置いておきましょう。保湿剤などのお薬がある場合は、それも忘れずに。

2.赤ちゃんの服を脱がせて沐浴布をかける

準備が整ったら赤ちゃんを裸にして、沐浴布(ガーゼ)をかけます。

新生児はまだ首が座っておらず、全身がふにゃふにゃ。大人がしっかりと支えてあげる必要があります。まず、左手で赤ちゃんの首の後ろを支え、反対側の右手でおしりを支えます。そしてゆっくりと足からお湯に入れてあげましょう。

沐浴布(ガーゼ)の上から優しくお湯を数回かけ、赤ちゃんをお湯に慣れさせます。赤ちゃんと目を合わせて微笑みかけるように、お湯をかけてあげてみてください。赤ちゃんの緊張もほぐれるでしょう。

3.顔と頭、お腹などを洗う

次に、顔と頭を洗います。あらかじめ用意しておいた洗面器のお湯に沐浴布(ガーゼ)を浸け、軽く絞ります。

そして、右手で沐浴布(ガーゼ)を持ち、目から顔全体の順に拭いてゆきます。目頭を起点にして目尻、頬、顎の順に進めましょう。そして今度は、額から鼻のわきに3の字を描くように拭きます。

顔全体を洗ったら、次は頭を洗います。右手に石鹸を付けて泡立たせ、手のひらで円を描くように洗いましょう。頭が洗い終わったら、同様にお腹や太もも、手足を洗います。

4.背中・おしりを洗う

前面を洗ったら、今度はゆっくりと赤ちゃんをうつ伏せにします。このとき赤ちゃんの顔がお湯につかないよう注意しましょう。

そして先ほどと同様、石鹸の泡で背中、おしりを洗います。

赤ちゃんのおしり周りは、うんちやおしっこなどで汚れていることが多いので、特に丁寧に洗いましょう。

全て洗い終えたら再度ゆっくりと仰向けにし、上がり湯をして終了です。

5.やさしくバスタオルで拭く

沐浴が終わったら、赤ちゃんの身体をバスタオルで拭きます。冬場は特に寒さを感じることがあるので、バスタオルで全身を包むようにして手早く拭きましょう。

おむつを履かせ洋服を着せたら、鼻と耳を綿棒できれいにします。髪がある程度長い赤ちゃんは、くしで梳かして整えてあげると良いでしょう。綿棒もくしも、赤ちゃん専用のものが売っていますよ。

夏場は特に水分補給(母乳やミルク)をさせたいところですが、沐浴直後はなるべく避けます。理由と理想の授乳時間は、後述します。

沐浴のよくある疑問Q&Aを確認

ベビーバスの中で泡だらけになって指をくわえている赤ちゃん

ここでは、沐浴に関して寄せられる数々の疑問と回答をご紹介します。特に新米ママやパパは、分からないことがたくさんあるかと思います。そんなママやパパの不安や悩みが解消できれば幸いです。

Q1.沐浴はなぜ、授乳の直前にしてはいけないの?

沐浴は、授乳の直前や直後を避けて行うようにとよく言われています。赤ちゃんの胃は、大人と違い縦に細い形状となっているため、ミルクやおっぱいを吐き出しやすいのです。沐浴中や沐浴直後の赤ちゃんは体を動かす傾向にあるので、吐き出しやすくなります。授乳は沐浴後30分程度してからがベスト。

また、沐浴後の白湯は必要ありません。筆者の母は「昔はよく飲ませていた」と言っていましたが、小児科では「おっぱいかミルクのみ」と言われました。

Q2.沐浴は毎日しないとだめ?

基本的に沐浴は、毎日行います。

新生児期は特に新陳代謝が活発で、気温や室温がわずかに変化しただけでも全身に汗をかきます。また、おっぱいやミルクを吐くこともよくあり、頬や首元はベタベタと汚れがち。

首や太ももの付け根などお肉がムチムチしているところは垢が溜まりやすく、筆者の子どもは肌がデリケートだったので、垢を放っておくと皮膚が赤くなっていました。

でも、毎回石鹸で入念に洗う必要はありません。温水でサッと洗い流すだけでも大丈夫です。

Q3.沐浴剤と石鹸どっちを使うべき?

沐浴にも、専用の入浴剤や石鹸があります。いずれもデリケートな赤ちゃんの肌を考えられて作られています。どちらを使用してもOK。

ただし、それぞれ特徴や方法、おすすめなケースがあります。

沐浴剤…お湯に沐浴剤を溶かし、その中で赤ちゃんを洗うだけの簡単な方法です。石鹸を使わないのですべりにくく、すすぎも不要。赤ちゃんへの負担も少ないので、初めてのママやパパにもおすすめです。

石鹸…石鹸の泡で赤ちゃんを洗い、お湯で流す方法です。ベビーバスの外で洗うので、赤ちゃんがお湯に浸かっている時間も短くてすみます。石鹸の泡を使うので、気になるところを重点的に洗えます。

<おすすめの沐浴剤>

Q4.沐浴時間に赤ちゃんが寝ている時は起こすべき?

沐浴の時間に赤ちゃんが寝ているときは、無理に起こす必要はありませんが、生活リズムの状況によっては起こしても問題ありません。

赤ちゃんを起こす場合は、赤ちゃんがビックリして泣き出さないようにすることがポイント。体を優しくなでたり、くすぐったりして少しずつ刺激を与えながら起こしましょう。

沐浴の直前に寝てしまった場合は、そのまま寝かせておき様子を見ても大丈夫。泣いている赤ちゃんを沐浴しても、しっかりできません。沐浴は、赤ちゃんが機嫌のよいときにするのがベストです。

Q5.沐浴後のへその緒の消毒はいつまでするの?

個人差がありますが、へその緒がとれるまでにはだいたい生後1~2週間程度かかります。

へその緒はときに細菌に感染したり膿が出たりすることがあるので、自然とポロッととれるまでは、沐浴後にきちんと消毒をしなければなりません。出産した産院で、へその緒のケアセットや取れたへその緒を入れる小箱をもらえることがありますので、それを使いましょう。

へその緒がついているときは、へその緒を優しく持ち上げ、消毒液を含ませた綿棒で根本やおへそ周りを消毒します。取れかけのときは、根本から茶色の液や血がにじむこともありますが、同様にきちんと消毒します。取れた後も完全に乾燥するまでは、しっかりケアしましょう。

【エアータイプ】先輩ママおすすめベビーバス6選♡

ベビーバスの中でシャワーを持って遊んでいる赤ちゃん

ここからは、先輩ママが選んだおすすめのベビーバスを紹介します。まずは、持ち運びや収納に便利なエアータイプから。エアータイプは風船のように空気を入れて膨らませて使用するタイプのベビーバスです。浮き輪のようにやわらかいから、赤ちゃんの体に当たっても痛くないんですよ。

1.使いやすさと強度で安心♪【Richell(リッチェル)】 ふかふかベビーバス

赤ちゃんの体に優しいやわらかクッションのふかふかベビーバスです。バスネットを使わなくても良いので、 新米ママやパパもラクチンですね。腕をのせてもつぶれにくい安心設計なので、赤ちゃんの首を支えるパパやママの腕をやさしくサポートします。

また、赤ちゃんの背中にぴったりフィットする傾斜なので、赤ちゃんの姿勢もキープします。さらに股の間にはストッパーも付いているので、赤ちゃんをしっかりキャッチ。ずり落ちを防ぎます。

・Amazon参考価格:2,100円(税込)
・対象年齢:0ヶ月 ~3ヶ月
・サイズ:幅68×奥行き47×高さ29cm
・素材:塩化ビニル樹脂

2.コスパよくて安心設計!【西松屋】やわらかエアーベビーバス

抜群のコスパと豊富な種類でおなじみ、西松屋のふんわりベビーバスです。

柄はカワイイひよこで、乾燥のための吸盤が付いており、空気栓は全部で4か所あるので部分的に少しずつ膨らませることができます。

価格もとっても魅力的。何かと出費がかさみがちなベビー用品ですが、毎日使うものなのにこの価格は家計にも大助かりですね。出産祝いなどにもおすすめです!

・楽天参考価格:1,100円(税込)
・対象年齢:0ヶ月 ~6ヶ月
・サイズ/容量:幅62㎝×奥行き43㎝×高さ28㎝/13リットル
・素材:非フタル酸系PVC(ポリ塩化ビニル)

3.コスパ最強!程よい大きさ【永和】ふんわりベビーバス

シンプルな色と形のベビーバスです。キッチンのシンクでも使える上に、水抜き栓、引っ掛けフックが付いているのでとっても便利。片付けもラクチンです。

背もたれ下部は大きめに作られており、空気の量により傾斜を調整することができます。いっぱいまで膨らませると、傾斜が緩やかになるので、赤ちゃんをもたれさせて寝かすことができます。赤ちゃんのおしりを置きやすい座面の作りになっているので、座らせても安定します。

・楽天参考価格:880円(税込)
・Amazon参考価格:1,556円(税込)
・対象年齢: 0ヶ月~ 6ヶ月
・サイズ/容量:幅65cm×奥行き45cm×高さ27.5cm/13リットル
・素材:塩化ビニル樹脂

4.ころんとした形が可愛い♡【swimava(スイマーバ)】

マカロンのようにころんとした形の可愛らしいベビーバスです。

お尻の下までやわらかな優しい座り心地で、新生児期が過ぎても水遊びプールやおもちゃ入れとして長く使えます。一番下のチューブの線に合わせると、赤ちゃんが入ったときにちょうど良い水かさになります。節水にもなりますよ。

いつでも手軽に膨らませることができるハンドポンプと専用ポーチも付いているので、こちらもプレゼントにピッタリですね。

・楽天参考価格:4,290円(税込)
・Amazon参考価格:4,290円(税込)
・対象年齢:0歳~2歳ごろ
・サイズ/容量:外径:48cm・内径:約30cm・高さ:25cm/18リットル
・素材:PVC(ポリ塩化ビニル)、プラスチック

5.沐浴卒業後はプールにも!【MOMMY’S HELPER(マミーズヘルパー)】 フロッギーバス&プール

カエル柄のふかふかと分厚いクッションでできたベビーバスです。

丈夫でやわらかい作りなので赤ちゃんも痛くなく、大人の腕への負担も軽くなります。滑り防止の支えもあるので安心。空気穴は側面に1つ、底に2つ。排水栓は底に1つ付いています。

沐浴を卒業したら、その後プールにも使えます。レビューでは、腰が座った後や1歳の子どもでも安心して使えるし、窮屈でもないという声がありました。

・Amazon参考価格:2,380円(税込)
・対象年齢:0歳~2歳ごろ
・サイズ:幅68.6cm×奥行45.7cm×高さ16.5cm

6.可愛いラッコさんに気分アップ♡ 【 People(ピープル)】 ラッコハグ ベビーバス

赤ちゃんが泣かないと話題のTeddy Hug(テディハグ)のラッコハグベビーバス。

ラッコハグは、沐浴タイムが楽しくなるよう開発された新発想のベビーバスです。赤ちゃんがご機嫌で待っていられる「ママ待ち設計」でできている上に、「3大安心機能」が付いています。(頭を包み込み上半身にフィットするポケット、首すわり前でも負担の少ないガード、先端が水につからない高さのロングストッパー)

サポートガイドも付いているので、沐浴が初めてのママやパパでも安心して使えますよ。

・楽天参考価格:3,210円(税込)
・対象年齢: 0歳~2歳ごろ
・サイズ/容量:幅58cm×奥行42cm×高さ21~36cm/13リットル
・素材:PVC(塩化ビニル樹脂)、PP(ポリプロピレン)

【床置きタイプ】先輩ママおすすめベビーバス6選♡

続いては、安定感に優れた床置きタイプのベビーバスを紹介します。筆者や周りのママたちの経験を踏まえ、おすすめのベビーバスを選びました。機能性・デザイン共に魅力的なものばかりですよ。ぜひ参考にしてくださいね!

1.狭いお風呂やワンオペに便利!【Tummy Tubs(タミータブ】ベビーバス

ドイツの助産師さんが開発した画期的なベビーバスです。

全体的な形はバケツのようでこれまでにないシルエットですが、ママのお腹の中にいるような感覚を再現しているのだとか。新生児の50%以上が使用しているドイツではとても人気のあるベビーバスなんですよ。

立った状態で入れるスタイルですが、赤ちゃんのリラックス効果を高めるとも言われており、肩までゆっくり浸かることができます。大きさもかなりコンパクトなので、収納場所をとりません。

・楽天参考価格:2,999円(税込)
・Amazon参考価格:2,999円(税込)
・対象年齢: 0ヶ月~2.5歳
・サイズ:幅38cm×直径38cm×高さ33cm/13リットル
・素材:ポリプロピレン、合成ゴム

2.シンクで使えるおしゃれな形♡【Shnuggle(シュナグル)】

世界26ヵ国で愛されているベビー用品メーカーのShnuggle(シュナグル)のベビーバスです。洗いやすいデザインとシンプルな色でできていて、魅力は何といっても最低使用湯量が2リットルであること!かなりの節水になります。

コンパクト設計ながら構造は機能的なので、洗面所やシンクで立ったまま洗えます。大人の腰に負担がかかりませんね。背もたれパッドがついているので、もたれてもひんやりしません。赤ちゃんの余計な刺激を与えないので安心ですね。

・楽天参考価格:4,950円(税込)
・Amazon参考価格:4,950円(税込)
・対象年齢: 0ヶ月~2歳
・サイズ/容量:/幅66㎝×奥行39cm×高さ36cm/2~6リットル
・素材:ポリプロピレン(本体)、EVA(背もたれ)、TPR(底面の滑り止め)

3.クジラの形が可愛い♡【SKIP HOP(スキップホップ)】バスタブ

アメリカで大人気のベビー用品メーカー、SKIP HOP(スキップホップ)のベビーバスです。

クジラをイメージした色と形だから、子どもも喜びます。イチオシポイントは、赤ちゃんの肌をやわらかく守る取り外し可能なメッシュが付いていること。傾斜もあるので、寝かせても赤ちゃんに負担をかけません。メッシュマットの大きさは、年齢に合わせて調整できるので、ここも嬉しいポイントですね。

・楽天参考価格:4,680円(税込)
・Amazon参考価格:4,380円(税込)
・対象年齢: 0歳~6歳
・サイズ:本体/幅57cm×奥行40cm×高さ14~22cm、マット/縦47cm×横31.5cm
・素材:ポリエステルファイバー、ポリエチレン

4.コスパいい!【IKEA(イケア)】LATTSAM (レットサム)ベビーバス

シンプルイズベスト!イケアのベビーバスです。

イケアらしい白を基調とした色で、形もとってもシンプル。底と裏には、ゴム製の滑り止めがついているので、浴室の床に置いても滑らず安定感もバツグンです。

さらにコスパも言うことなく、デザインから機能性まで平均的でオーソドックスな仕様。色々あるベビーバスですが、どれが良いか迷ったらイケアのものでも十分満足できるでしょう。初めての人にもおすすめです。

・楽天参考価格:2,880円(税込)
・Amazon参考価格:2,600円(税込)
・対象年齢: 0ヶ月~
・サイズ:幅47㎝×奥行43cm×高さ20cm
・素材:ポリプロピレンプラスチック、合成ゴム

5.保温機能で赤ちゃん満足♡【iFAM Classic 】ベビーバスタブ

ママと赤ちゃんが快適で安全に沐浴できるよう人間工学に基づいて設計されたベビーバスです。バスタブの中で赤ちゃんがゆったり横になれるチェアも付いています。新生児の体型にあわせた背もたれ、赤ちゃんを支えるストッパー、シャワーが楽なアームレストも。

さらに保温機能も付いているので、冬場でも安心。最大で45リットルまでお湯を入れられるので、6歳まで使えます。

・Amazon参考価格:5,920円(税込)
・対象年齢: 0ヶ月~6歳
・サイズ/容量:本体:幅86cm×奥行52cm×高さ26cm、チェア:幅56~21cm×奥行28.5cm×高さ22cm/最大45リットル
・素材:ポリエチレン、サーモプラスチック・エラストマー

6.ゆったり大きめ♪【永和】ベビーバス(床置きタイプ)

上部が広々と開いた大きめサイズのベビーバス。縁には石鹸などの小物が置ける便利なトレーも付いています。手置き部分はひんやりしない素材でできているので、赤ちゃんがつかまっても安心。紛失しにくい固定式の止水栓は、横にスライドするだけで簡単に排水できます。

赤ちゃんの成長には個人差があるもの。ゆったりサイズだと大きめの赤ちゃんでも手足を伸ばして入れますね。腰が据わったら水遊びにも使用できます。

・楽天参考価格:2,831円(税込)
・対象年齢: 0ヶ月~3ヵ月
・サイズ/容量:幅80㎝×奥行50㎝×高さ29cm/最大39リットル
・素材:本体/ポリプロピレン、手置き/熱可塑性エラストマー、止水栓/熱可塑性エラストマー

【折りたたみタイプ】先輩ママおすすめベビーバス4選♡

最後に紹介するのは、置き場所に困らない折りたたみタイプのベビーバスです。使うときは十分な大きさになりますが、畳めば10㎝ほどにスリムになるものもあるので、隙間を有効活用して収納できますよ。ここでは、先輩ママおすすめの折りたたみ式ベビーバスを4つ紹介します。

1.隙間にスッと収納♪【Karibu Folding Bath(カリブ)】折り畳み式ベビーバス

ママやパパ、赤ちゃんが安心して使えるよう、品質と安全性に重視した製品をお届けしているKaribu(カリブ)のベビーバスです。

使うときは深さもあり、滑り防止の素材が付いた脚も4つ付いているのでしっかり床に置くことができます。折りたたんだときは、とってもスリムに!フックが付いているので、引っ掛けることもできます。

さらに嬉しいポイントは、湯の温度が37度を超えると青から白に変わるところ!さすが安全性を重視しているブランドですね。

・楽天参考価格:3,599円(税込)
・Amazon参考価格:3,599円(税込)
・対象年齢: 0ヶ月~
・サイズ:幅81㎝×奥行47cm×高さ22.5cm(折畳時の厚さは6㎝)
・素材:お風呂本体:ポリプロピレン、足部分滑り止め:熱可塑性エラストマー

2.コンパクトに畳める!【STOKKE(ストッケ)】 フレキシバス

新生児の人間工学に基づいたデザインとして賞を受賞したベビーバスです。

本体は10㎝という薄さに折りたたむことができ、隙間に収納できることはもちろん、帰省や旅行のときなどの持ち運びもラクラク。使わなくなったら、おもちゃボックスとしても活用できます。

新生児の体を優しく包み込むチェア、ニューボーンサポートも付いているので、赤ちゃんにも大人にも負担がかかりません。画期的な機能で快適な沐浴タイムが過ごせますよ。

・楽天参考価格:6,875円(税込)
・対象年齢:フレキシバス:48ヶ月頃まで/ニューボーンサポート:0~8ヶ月
・サイズ:使用時/幅66㎝×奥行き24㎝×高さ24㎝(折畳時は厚さ10㎝)、ニューボーンサポート/幅46㎝×奥行き20㎝×高さ6cm
・素材:フレキシバス/側面・底面:ポリプロピレン/可動部:水添型スチレンブタジュン共重合樹脂

3.持ち運びもラクラク♪【yuwado】折りたたみ式ベビーバス

大容量で収納もラクラク。折りたたむと7㎝という薄さになるので、持ち運びもとっても便利なベビーバスです。

安心安全の高品質素材でできた上に耐荷重は100キロもあるので、頑丈さも言うことありません。縁には物置トレイも付いています。

折りたたむ部分は高さや深さが調節できるので、赤ちゃんの成長に応じて変えることができるんです。年の近い下の子がいる場合も、これひとつで対応できて便利!

・楽天参考価格:7,300円(税込)
・対象年齢: 0ヶ月~6歳
・サイズ:使用時/幅81.5㎝×奥行き43㎝×高さ23㎝、折畳時/幅81.5㎝×奥行き43㎝×高さ7㎝
・素材:優良プラスチック

4.ネットが付いてて便利!【RAKU】ベビー用浴槽 折りたたみ

赤ちゃんを固定するバスネット付きのベビーバスです。バスネットには3つのストラップが付いているので、動きやすい赤ちゃんもしっかり固定。バスネットは柔らかい3Dメッシュ素材なので、通気性もバツグンです。

さらに循環保温機能が付いているので、夏は熱すぎず冬はポカポカ。快適な温度を保ってくれるのはかなり嬉しいポイントですね。

環境にやさしい高品質の素材を使用しているので、安全性もバッチリです。

・楽天参考価格:4,280円(税込)
・Amazon参考価格:4,098円(税込)
・対象年齢: 0ヶ月~6歳
・サイズ:使用時/幅80㎝×奥行き40㎝×高さ22.5㎝、折畳時/幅80㎝×奥行き40㎝×高さ10㎝
・素材:PP(ポリプロピレン)、TPR(熱可塑性エラストマー)

沐浴で赤ちゃんに楽しいお風呂タイムを♡

お風呂の中でご機嫌の赤ちゃん

赤ちゃんのお世話の中でも、沐浴は短い期間で終わるケアですが、新生児というとってもデリケートな時期に行うので、特に初めてのママやパパは神経を使うことでしょう。それだけに、沐浴のアイテムもこだわりたいもの。

ベビーバスは、赤ちゃんの衛生面に配慮するだけでなく、ママやパパへの負担も減らしてくれるアイテムです。

この記事では、便利な機能が付いているものからデザインに凝ったものまで、いろいろなベビーバスを紹介しました。赤ちゃんにとってもパパやママにとっても、毎日の沐浴タイムが楽しくなるようなベビーバスを、ぜひチョイスしてくださいね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami