【赤ちゃんの柵】ベビーゲート・ベビーサークルの特徴は?お気に入りが必ず見つかる人気商品21選!

【赤ちゃんの柵】ベビーゲート・ベビーサークルの特徴は?お気に入りが必ず見つかる人気商品21選!

最終更新日 2021-05-24 by smarby編集部

目に映るものすべてに興味を持つ赤ちゃん。ねんね時期を過ぎて段々と動けるようになってくると目が離せなくなりますね。

赤ちゃんが動き始めると同時に、赤ちゃんの安全確保とママの安心のために柵が必要になりますが、いったいどんな柵が良いのでしょうか?

ベビーゲートやベビーサークル?ってどんな柵なの?種類も豊富で選び方にも迷ってしまいますね。

この記事では、赤ちゃん用の柵の種類、選び方からおすすめの商品までご紹介します。

Contents

【赤ちゃんの柵】ベビーゲートとベビーサークルの特徴

笑顔で床に座っているアジアの赤ちゃん

赤ちゃんの柵は大きく分けてベビーゲートとベビーサークルの2種類があります。

まずはそれぞれの柵の特徴を知り、イメージしてみましょう。実際に販売されている商品も紹介しているので写真などを参考にしてみてください。

ドアのように開閉する【ベビーゲート】

ベビーゲートは開閉できるドアがついていて、赤ちゃんが簡単に開ける事ができない鍵もついています。

赤ちゃんが自分で押して開ける事ができない構造になっていますが、大人はラクにロック解除できるのでストレスなく使用できるのも嬉しいです。

おすすめの設置場所は、キッチン出入口、階段登り口、玄関など。製品によっては拡張パーツを使うことで部屋の間仕切りもできるベビーゲートや、扉を締めると鍵が自動で閉まるタイプもあります。

取り付け方としてもっとも多いのは突っ張りタイプですが、自立するタイプもありますので取り付け場所にあわせて選ぶ事が可能です。

お部屋の中に設置する【ベビーサークル】

ベビーサークルは、赤ちゃんを囲んでお部屋に設置するタイプの柵なので、広げて置けるスペースが必要です。

ベビーサークルにはおもちゃがついたものや、拡張パーツでサイズが変えられるタイプなど、さまざまな商品があります。おもちゃつきベビーサークルは中で遊ぶ赤ちゃんが飽きない工夫がされています。

購入時は、部屋のサイズに合っているかどうかの確認を十分に行いましょう。おすすめ設置場所はリビングや子ども部屋など、です。設置も収納も簡単な商品が多いので、ママが一人で準備する場合でも特に困る事は無いでしょう。

赤ちゃんの柵~商品選びのポイント

家の階段の前の柵の安全扉の後ろで遊ぶ赤ちゃん

ここからは赤ちゃんの柵を選ぶ際のポイントをご紹介します。まだ実際に設置したい種類が明確になっていない場合でも、ぜひ知っておきたい5つのポイントです。数ある商品の中から絞り込みをする際にも役に立ちますよ。

1.使用場所に適したサイズを選ぶ

まず一番気をつけたいのは使用場所に適したサイズかどうかです。

取り付ける場所に適しているサイズか否か?商品説明を細かくチェックします。

その際に、セットされている商品だけで取り付けられるのか?金具やパーツが別に必要になるのか?など付属品についても漏れなく見ておきましょう。間口が狭い場所への取り付けは特に注意してください。

高さも重要なポイントで赤ちゃんがよじ登ることが無いように最低でも60センチ程度の高さがある柵を選びましょう。

2.安心・安全に使える商品を選ぶ

赤ちゃんの柵を使う目的は安全を確保するためなので、使う柵そのものが安全であることはとても重要な事です。まず、柵を取り付けた際に柵本体の向こう側にいる赤ちゃんの姿が目視できるか?を確認しましょう。

大半のベビーゲートは視界を遮るような作りはしていませんが、柵タイプやメッシュタイプであれば視界に問題はありません。柵タイプやメッシュタイプは風通しの部分でもおすすめですよ。

3.赤ちゃんが簡単に開けられない商品を選ぶ

柵の扉についたロックを赤ちゃんが簡単に開けられないように工夫がされているか?ここはとても大事な部分です。例えば、ボタンを押しながらスライドさせてロックする方法であれば赤ちゃんがどう頑張ってもロックは解除できないでしょう。

ただし、頻繁に出入りする場所はスムーズに出入りしたいので、大人が操作する時に不便さを感じないか?という確認も大切です。たとえば、片手でロック解除できるタイプであればとても便利ですよ。

4.ゲートの材質や留め具の強度を確かめる

ズバリ、素材や金具は重要です。赤ちゃんがベビーゲートにつかまり、がたがた揺らすこともあります。その時にぐらつかないような強度のある商品を選んでください。材質としてはスチール製のフレームがおすすめですが、木製やプラスチック製でも問題はありません。できるだけ厚みのあるものを選びましょう。

赤ちゃんは思いもよらない力でベビーゲートを外してしまうかもしれませんので、設置の際に使用する金具も要チェックです。ベビーゲートを固定する際に使う金具は外れにくくないか?など商品レビューも参考にしつつ確認すると安心です。

5.お部屋の雰囲気に合うものを選ぶ

赤ちゃんの柵は、デザインやカラーも豊富です。できるだけお部屋の雰囲気に合うものを選ぶのがおすすめです。お部屋の壁やインテリアと同系色のベビーゲートを選ぶことで全体をスッキリと見せることもできますよ。

お部屋が狭くなるのでは?と気になる場合は、白系などの明るめの色を選ぶのがベストです。赤ちゃんの柵を設置する期間を快適に過ごすためにお部屋の雰囲気を壊さない事も大切ですよ。

【壁取り付けタイプ(突っ張り式)】おすすめ赤ちゃんの柵5選

階段前の安全策にもたれて下を見ている子供

まずは突っ張り棒を使って取り付けるタイプの赤ちゃんの柵をご紹介します。壁に取り付ける際に接着剤で貼り付けたり、ビスで固定する必要が無いのでので賃貸住宅でも安心ですよ。新築住宅の方も必見です。

1.階段上におすすめ【KATOJI(カトージ)】ベビーゲート

階段上で使えるベビーゲートは種類が少ないことをご存知でしょうか?階段上ともなれば「絶対に外れない」ことが重要になります。こちらのベビーゲートは階段上や段差のある降り口での使用にも安心の取り付け金具がセットされています。

・楽天参考価格:14,080円(税込)
・材質:中空材:ポリエチレン プラ材:ポリプロピレン
・サイズ:本体:幅68~77×高さ88×厚み3cm
・カラー展開:ブラウン・ホワイト
・ロック方式:自動ロック機能付き

2.取り付け簡単♪【日本育児】スマートゲイト2プラス

こちらも階段上に使える安心設計のベビーゲート。

危険な側に開かない「片開き」を採用しています。開いた後自動で閉まる(オートクローズシステム)が安心ですね。

・楽天参考価格:10,950円(税込)
・Amazon参考価格:9,073円(税込)
・材質:ゲイトパネル:ポリエチレン フレーム:スチール コーナー部分:ABS
・サイズ:本体:約W61.5×D3×H91cm
・カラー展開:ブラウン
・ロック方式:ダブルロック

3.自動で閉まる!【IRIS PLAZA(アイリスプラザ)】ベビーゲート

ドアが自動で閉まるので忙しくバタバタしてても締め忘れることはありません。ダブルロック採用なので安心ですね。見た目のシンプルさはどんなお部屋にもマッチします。、視界を遮らないのも嬉しいですね。

・楽天参考価格:3,670円(税込)
・Amazon参考価格:4,290円(税込)
・材質:スチール・ABS樹脂
・サイズ:本体:幅約69×奥行約3.3×高さ約78
・カラー展開:ホワイト・チャコールグレー・ネイビーブルー・サンドベージュ
・ロック方式:ダブルロック

4.狭い幅の取り付けに!【カトージ(KATOJI)】ベビーセーフティオートゲート スリム Sサイズ

狭い間口に付けるベビーゲートがない!と探している方も多いのでは?こちらの商品、取り付け可能幅が60~67センチでなので間口が狭い場所に取り付けたいという方は必見です。自動で扉が閉まる機能やダブルロックも採用されていているのが嬉しいですね。

・楽天参考価格:3,760円(税込)
・Amazon参考価格:3,761円(税込)
・材質:鋼鉄フレームABS樹脂塗装
・サイズ:W60-64×H79cm
・カラー展開:ホワイト
・ロック方式:ダブルロック

5.ダブルロックで安心!【日本育児】セーフティーステップゲイト

ベビーゲートでの「つまずき」を軽減するステップカバー付き。

ママが妊娠した場合や、ご高齢の家族が居る家庭は、つまづきには特に注意したいので、カバーが付いているタイプは安心ですね。ダブルロックが付いていますが、扉はボタンを押すだけで開ける事ができます。

・楽天参考価格:8,120円(税込)
・Amazon参考価格:8,127円(税込)
・材質:ポリエチレン、スチール、ABS樹脂 
・サイズ:W72.5×D3×H80cm
・カラー展開:ホワイト
・ロック方式:ダブルロック

【置くだけタイプ】おすすめ赤ちゃんの柵3選

突っ張り棒タイプではなく置くだけタイプの赤ちゃんの柵を探している方も多いのでは?

お部屋の構造上、突っ張りタイプだと設置ができなくても諦めないでください。

置くだけタイプでその悩みは解決できますよ。

1.設置も片付けもラクラク♪【日本育児】おくだけとおせんぼ おくトビラ

名前の通り置くだけで設置完了。ブックエンドの発想から生まれた商品は赤ちゃんの自重が支えになってくれます。簡単に降りりたためるので帰省時に持ち帰ったり、普段使わない場所で使いたい時なども大活躍です。

・楽天参考価格:10,980円(税込)
・Amazon参考価格:10,980円(税込)
・材質:ブラウン:スチール・ポリエステル・ポリプロピレン・ナイロン・ABS樹脂
 ホワイトスチール:スチール、ABS樹脂、ポリエステル
・サイズ:約幅82~122cm×奥行48~61cm
・カラー展開:ブラウン・きのみ・ホワイトスチール
・ロック方式: カバー型ロック

2.カラフルで使いやすい【日本育児 】ベビーゲート キッズパーテーション

本体パネルとジョイントパネルなどセットされているパネルを組み合わせて使うことができます。使う場所に合わせて長さと角度が調整出来るので使用場所を変える事も可能です。

・楽天参考価格:17,800円(税込)
・材質:ポリエチレン
・サイズ:本体パネル幅83.5×奥行3.5×高さ61cm 
     ※直線で並べると約361cm
・カラー展開:カラフル・ブラウン
・ロック方式:カバー式ロック

3.広い空間におすすめ【日本育児】木製パーテーション

ドアパネル、拡張パネル、エンドパネル全てを並べると423cmになるので、広い空間で大活躍。部屋の間仕切りにも使いやすいです。他にも、ベランダなど広い間口への設置に最適です。

・楽天参考価格:29,980円(税込)
・材質:パイン材・ポリプロピレン・スチール・ABS樹脂
・サイズ:約98cm~約423cm、高さ70cm
・カラー展開:ナチュラル・ブラウン
・ロック方式:カバー型ロック

【サークルタイプ】おすすめ赤ちゃんの柵8選

赤ちゃんが安心して遊べる場所を作りたいならサークルタイプがおすすめです。

見た目がとってもかわいい柵からパーテンションとして使えるタイプもあります。

楽しく遊べるおもちゃ付きもありますので、ぜひチェックして下さい。

1.パーテーションにもなる!【日本育児】たためるベビーサークルPAWOO

パネルにゾウがあしらわれたデザイン、落ち着いたカラーがお洒落なベビーサークルは別売りのスタンドセット取り付ければパーテーションとしても使用できる優れもの。

ベビーゲートとサークルと両方あれば良いのに、と思っているパパやママには特におすすめ。

・楽天参考価格:13,800円(税込)
・材質:PE(ポリエチレン)・PP(ポリプロピレン)・ABS樹脂・TPE(熱可塑性エラストマー)
・サイズ:パネル1枚:W70×D3.5×H60cm
・カラー展開:グレー・グレージュ

2.北欧風でおしゃれ!【iFam(アイファム)ベビーサークル】

クジラや貝殻のモチーフがとてもかわいいベビーサークル。カラー展開が豊富なのでインテリアに合うベビーサークルが見つけられそうですね。豊富なオプションにも注目です。別売りパーツでベビーゲートとしての使用もできます。

・楽天参考価格:15,840円(税込)
・材質:HDPE(高密度ポリエチレン)
・サイズ:パネル1枚:横68×縦60cm、厚さ3cm
・カラー展開:ディープブルークリーム・グレーホワイト・ピンクホワイト
       ホワイトホワイト・クリームホワイト

3.お部屋のインテリアにぴったり!【caraz (カラズ)】 ベビーサークル

別売りパーツでベビーサークルでもベビーゲートでも使えるタイプ。とにかくデザインやカラーがキュート。沢山つなげたり、自由に変形できるのも嬉しいポイント。

・楽天参考価格: 17,799円(税込)
・材質:   HDPE(高密度ポリエチレン)
・サイズ: パネル1枚:横76×縦60cm
・カラー展開: グレー&ホワイト・ミント&ホワイト・ピンク&ホワイト
       ホワイト&ホワイト・ピンク&グレー・ピンク&ミント

4.シンプルなデザイン【カトージ(KATOJI)】木製ベビーサークル

8枚のパネルと専用ジョイントを使うことで、色々な形に組み立てできます。

4枚で小正方形、6枚で長方形、8枚でL字形や大正方形が作れます。大正方形の場合は173.8cm×173.8cmの広々サイズなので大人も一緒に入れますよ。

・楽天参考価格:7,980円(税込)
・材質:パイン材
・サイズ:木製パネル1枚:W61×D84×H2cm
・カラー展開:ナチュラル・グレー・ホワイト

5.ドアの模様が可愛い♡【タンスのゲン】ベビーサークル

簡単ジョイント式でお部屋にあわせて色々な形にできるベビーサークル。見た目もかわいく、落ち着きがあるカラーがおしゃれ。パネルの柄は外側に王子様、裏側はお姫様でとってもかわいいです。

・楽天参考価格:12,800円(税込)
・材質:高密度ポリエチレン
・サイズ:パネル1枚:79cm×66cm
・カラー展開:ネイビー×ネイビー・ネイビー×ホワイト
        グレー×グレー・グレー×ホワイト

6.楽しい仕掛けがいっぱい!【日本育児】はらぺこあおむしミュージカルキッズランド

とにかくかわいい。見て楽しい、遊んで楽しい「はらぺこあおむし」がベビーサークルになりました。おもちゃパネルには6つの仕掛け、トイパネルでパズルもできるので赤ちゃんの遊びの幅も広がりますね。トイパネルは別売りで追加できますよ。

・楽天参考価格:16,500円(税込)
・材質:ポリエチレン、ポリプロピレン、ABS樹脂
・サイズ:パネル1枚:幅71×奥行き5×高さ56cm

7.使いたい大きさに変化!【シンセーインターナショナル】kiss baby ベビーサークル キャッスルランド

おもちゃパネルが付いたベビーサークルは、最大スペース約130×165cmの広さ。

約30度きざみで角度調節可能なのでお好みの形にアレンジできますよ。

パステルカラーがとてもかわいいです。おもちゃパネルには時計やつまみ歯車などついているので指先を使った遊びもできますね。

・楽天参考価格:16,958円(税込)
・材質:ポリエチレン
・サイズ:パネル1枚:幅41x奥行2.7×高さ59 cm

8.可愛くて遊びがいっぱい!【HAENIM TOY】 プチ ベビールーム

歯車・回転式ダイヤルやビーズなどおもちゃパネルのついたビックサイズパネルのベビーサークルです。パネルにはかわいい動物柄がたくさん。全てのパーツを使って組み立てると140×140サイズのスペースを作ることができます。追加オプションも豊富ですよ。

・楽天参考価格:12,980円(税込)
・材質:PE(ポリエチレン)PP(ポリプロピレン)
・サイズ:パネル一枚:75cm×60cm
・カラー展開:グレー・ピンク・ホワイト

場所や用途に合った赤ちゃんの柵を設置しよう!

ベビーサークルの中につかまって立ち上がっている可愛い女の赤ちゃん

赤ちゃん用の柵は、使う場所や目的で一番最適な物を選ぶようにしましょう。まずは安全性を重視することを前提として、その上でデザインや機能などを選んでいくのがおすすめです。

種類が豊富なので色々と調べているうちに迷ってしまうこともあるかもしれませんが、そんな時は商品選びのポイントをもう一度思い出してみてください。

赤ちゃんもママも安心して過ごせる環境づくりのために赤ちゃん用の柵を活用してくださいね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami